日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2014年10月7日
株式会社日立ソリューションズ

統合システム運用管理「JP1」の活用を支援する「JP1ソリューション」のラインアップを拡充
「JP1スマートデバイス運用管理ソリューション」により効率的な資産運用管理を実現

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:佐久間 嘉一郎/以下、日立ソリューションズ)は、株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区、執行役社長兼COO:東原 敏昭/以下、日立)の統合システム運用管理「JP1」の活用を支援する「JP1ソリューション」の新たなラインアップとして、「JP1スマートデバイス運用管理ソリューション」を追加し、12月26日から提供開始します。
 本ソリューションは、PCやサーバー、スマートデバイスに関するソフトウェアやハードウェアなどのIT資産情報やセキュリティ対策状況を把握し一元管理する「JP1/IT Desktop Management 2」の導入を支援するもので、企業の利用環境に合わせたIT資産の有効活用を支援します。

近年、企業において、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスのIT資産が多様化する中、PCやサーバーと同様に、スマートデバイスも管理したいというニーズが高まっています。一方で、スマートデバイスはOSや業務アプリケーション、ハードウェアが数多くあるため、企業ごとの利用環境に応じた管理が課題です。

「JP1」は、1994年に誕生して以来、時代が求める運用管理を常に追及し、進化し続けてきた統合システム運用管理ソフトウェアです。
 日立ソリューションズでは、これまでのべ2,121名(2014年10月1日現在)に上るJP1認定資格者が、「JP1」の導入、移行および運用支援を行ってきたほか、「JP1」と他の業務システムとの連携を実現する「JP1ソリューション」を約700社(2014年10月1日現在)へ導入してきました。

今回、「JP1ソリューション」のラインアップに加わる「JP1スマートデバイス運用管理ソリューション」は、「JP1 V10.5」の「JP1/IT Desktop Management 2」によるIT資産管理システムの導入から構築、運用までをトータルに支援します。また、企業の利用環境に応じて、スマートデバイス上でインストール済みのソフトウェアやOSなどの必要な管理情報を収集するエージェントをカスタマイズで開発することも可能です。

日立ソリューションズは今後も、日立グループ各社と連携し、「JP1」シリーズを活用したソリューションの開発および顧客企業のシステム環境に合わせた最適な運用管理システムを提供していきます。

■ 価格

個別見積もり

■ 提供開始時期

2014年12月26日

■ ソリューション紹介URL

・JP1ソリューション:http://www.hitachi-solutions.co.jp/jp1/sp/
・JP1スマートデバイス運用管理ソリューション:
 http://www.hitachi-solutions.co.jp/jp1/sp/solution/introduction/itdm2sd.html

<ご参考>
「JP1ジョブ管理オリジナル画面構築ソリューション」のメニューの一つとして、「スマートデバイス用JP1ジョブ管理web画面作成サービス」を提供しています。
http://www.hitachi-solutions.co.jp/jp1/sp/solution/introduction/job.html

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:ブランド・コミュニケーション部 広報・宣伝グループ
担当:竹谷、安藤
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ JP1は、株式会社日立製作所の日本における商品名称、商標、または登録商標です。
※ ハイブリッドインテグレーションは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

企業情報

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。