日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2015年8月6日
株式会社日立ソリューションズ

顧客管理・課金・請求ソリューション「BSSsymphony」により、
MVNO事業の立ち上げやIP-VODサービス導入を短期間・低コストで実現
IIJモバイルプラットフォームサービス連携とJDS認証認可システム連携を提供

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:佐久間 嘉一郎/以下、日立ソリューションズ)は、顧客管理・課金・請求ソリューション「BSSsymphony(ビーエスエスシンフォニー)」のMVNO※1事業者とCATV事業者向けの機能を追加し、8月7日から提供を開始します。
 MVNOに参入する事業者向けには、株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎/以下IIJ)の「IIJモバイルMVNOプラットフォームサービス」※2と連携する機能を追加し、事業の早期立ち上げや円滑なサービス運用を支援します。
 また、IP-VODサービス「milplus」※3を導入するCATV事業者向けに、日本デジタル配信株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:河村 浩/以下JDS)が提供するクラウド型加入者認証認可サービス「IdPクラウドサービス」※4と連携する機能を追加することで、サービス導入を短期間で実現し、課金・請求業務の効率向上を支援します。

昨今、さまざまな企業によるMVNO事業への参入が相次ぐ中、個人を対象にしたMVNOや特定業界向けのMVNOなど、事業形態が多様化し、厳しい競争からサービスや価格体系が複雑化しています。また、CATV事業者も電話、インターネットへと事業範囲が広がり、通信業者との競争が進む中、価格体系の見直しに迫られています。このような中、高度化する課金や請求業務に対応する業務システムが、事業者の競争を左右する要因のひとつとなっています。

日立ソリューションズは、複雑なサービスや課金体系を持つ通信・放送事業者のBSS※5(請求業務支援システム)を20年以上構築してきました。このノウハウを生かし、2012年4月から、CATV事業者やMVNO事業者、クラウド事業者※6を中心に、加入者のサービスの申込みや契約管理、課金計算、請求業務、決済などの顧客管理に必要な機能をパッケージにまとめ、「BSSsymphony」として提供してきました。
 特に、MVNO事業者においては、個別開発をせずに導入し、1ヶ月後にサービスを開始した事例をはじめ、多数の導入実績があります。

「BSSsymphony」の最新版では、MVNO事業向けに「IIJモバイルMVNOプラットフォームサービス」との連携機能を追加し、また、CATV事業者向けにJDSの認証認可システムとの連携機能を追加しました。業務システムと「BSSsymphony」を連携することで、事業の立ち上げやサービスの導入の早期化とともに、契約情報とサービス利用情報を連携することで、事業者の業務効率の向上を支援します。
 今回はさらに、お客様応対の品質向上を支援する機能も追加しました。

日立ソリューションズは、今後、電力小売事業者など顧客管理や課金・決済管理を行う幅広い業種の企業へ向けて、「BSSsymphony」を提供していきます。

※1 仮想移動体通信事業者。大手キャリア事業者のような通信設備を自社でも持つ事業者から通信サービスを利用する権利を借り受けて、加入者にサービスを提供する事業者。
※2 IIJが、MVNE(仮想移動体通信提供者)としてパートナー企業向けにモバイルデータ通信のサービス基盤をOEM提供するもので、MVNOの早期事業化を支援します。
※3 ジュピターテレコム(J:COM)およびジュピターエンタテインメントがCATV局向けに提供するIPベースのVOD(ビデオ・オン・デマンド)のプラットフォーム。
※4 有料放送管理業務を行うJDSが提供する「ID連携機能」サービス。ID連携機能により、さまざまな既存IDの相互認証を行い、ケーブルテレビの付加的なサービスを支援する。ケーブルテレビ事業者のIP-VODサービスにおけるID連携機能を提供するため、IP-VODサービス「milplus」における加入者の認証・認可に対応している。
※5 Billing Support Systems。顧客管理や課金・決済管理などを担う基幹システム。
※6 データセンターを運営する事業者や、データセンターを借りてクラウドサービスを提供する事業者。

■ 新機能について

1. 「IIJモバイルMVNOプラットフォームサービス」と連携し、MVNO事業の早期立ち上げを低コストで支援

 「BSSsymphony」の契約情報を「IIJモバイルMVNOプラットフォームサービス」とシームレスに連携することで、事業の早期立ち上げとともに、通信の開通や課金、利用状況のレポート作成などの業務効率の向上を支援します。

2. 「IdPクラウドサービス」と連携し、CATV事業者のIP-VODサービスの導入を短期間、低コストで実現

 「BSSsymphony」の契約情報と IP-VODサービスの利用実績情報をシームレスに連携し、サービス導入を短期間で実現するとともに、利用実績をまとめて処理するため、課金・請求業務の効率向上を支援します。

3. その他追加機能

お客様応対履歴やタブレットからの申込みなど、お客様応対を支援する機能を追加しました。

(1) コンタクトセンターの応対品質向上を支援(オペレーター対応支援機能)

コンタクトセンターの応対履歴の一覧表示や、オペレーターが応対内容を入力するためのテンプレート、営業員が未対応の場合にアラームを通知する機能を追加しました。これにより、応対漏れやタイミングを逸すなどを防ぎ、コンタクトセンターの応対業務品質が向上し、業務効率の向上を図ります。

(2) 営業員のタブレットを使ったお客様応対を支援(応対履歴検索機能、サービス申込機能)

タブレットにて、お客様履歴検索機能、サービス申込み機能を追加しました。これにより、営業員が加入者の疑問に直接答えながら、入力内容やサービスの組み合わせを登録することができるようになり、お客様への迅速な対応が可能となります。

■ 「BSSsymphony」について

「BSSsymphony」について

■ 販売開始時期

2015年8月7日

■ 製品紹介URL

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報・宣伝部
担当:安藤、竹谷
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ BSSsymphony、ハイブリッドインテグレーションは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。