日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2016年5月19日
株式会社日立ソリューションズ

電子帳簿保存法への対応を支援する「活文」の最新版を販売開始
業務システムに帳簿データを保管するためのシステム改修コストを削減

  株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:柴原 節男/以下、日立ソリューションズ)は、企業の電子帳簿保存法*1への対応を支援する電子帳票システム「活文 Report Manager」の最新版を6月17日から販売開始します。
 最新版では、電子帳簿保存法に対応するために各業務システムで個々に保管が必要となる帳簿データを「活文 Report Manager」で一元管理し、長期保管できるようになります。これにより、業務システムに帳簿データを保管するための改修コストを削減でき、税務調査・会計監査対応などへの負担軽減を図ることが可能となります。
 また、「活文 Report Manager」と日本電気株式会社の統合印刷管理ソフトウェア「WebSAM PrintCenter V」との連携により、帳票の印刷と保管のシームレスな連携を実現し、印刷管理の効率向上と、業務システム内のさまざまなデータの保管が可能となります。

*1 電子帳簿保存法とは、国税関係の帳簿書類について、税務署長などから承認を受けた場合に、磁気テープや光ディスクなどへ電子データとして保存することを認めた法律の通称名。正式名称は「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律」であり、1998年7月から施行されている。

■ 背景

国税関係帳簿書類の電子化を認める電子帳簿保存法に対し、印刷・保管など運用コストの削減を目的に多くの企業が取り組む中、2015年度の税制改正による大幅な規制緩和やガイドラインの整備によって電子帳簿保存法の適用が見直され、承認申請を行う企業の増加が見込まれています。
 しかし、電子帳簿保存法に対応するためには、書類の長期保管のために業務システムの改修が必要になることが多く、改修コストが企業の負担となっているのが現状です。

■ 「活文 Report Manager」の最新版の特長

1.業務システムに帳簿データを長期保管する必要がなく、システム改修コストを削減

 電子帳簿保存法の要件を満たすうえで、長期保管が必要となる帳簿データを、「活文 Report Manager」で保管できるようになるため、電子帳簿保存法に対応する際の業務システムの改修コストや、業務システムのリプレース時のデータ移行コストを削減します。

2.帳簿データを各種帳票と紐づけて管理し、必要時に迅速に出力可能

 「活文 Report Manager」では、保管された帳簿データを各種帳票と紐づけて管理できます。これにより、監査など必要な時に帳票を指定してデータを検索し、対象となる帳票を迅速に出力することが可能です。

3.電子帳簿保存法対応について、コンサルティングからシステムの導入までをワンストップで支援

 電子帳簿保存法の適用申請に向けたコンサルティングをはじめ、業務システムからの帳簿データの収集から帳票の作成までを支援する各種ツールや、「活文 Report Manager」の導入までを支援するソリューションをワンストップで提供します。

4.統合印刷管理ソフトウェアと連携し、帳票の印刷と保管のシームレスな連携を実現

 各業務システムのデータを、「WebSAM PrintCenter V」を経由して「活文 Report Manager」に取り込むことで、帳票の印刷と保管をシームレスに連携します。これにより、業務システムごとに行っていた印刷状況や履歴などの管理を効率的に行えるとともに、業務システム内のさまざまなデータの保管が可能となります。

■ 今後について

日立ソリューションズは、今後も時代とともに変化するIT環境やお客様のビジネス形態に合わせた電子帳票基盤の提供に向けて、システムの機能拡充やパートナーとの連携を図っていきます。

■ 電子帳簿保存法対応へのシステムイメージ

■ 日本電気株式会社 クラウドプラットフォーム事業部長 岸上 信彦氏のエンドースメント

「日本電気株式会社は、日立ソリューションズの『活文 Report Manager』最新版のリリースを歓迎いたします。当社が提供する統合印刷管理ソフトウェア『WebSAM PrintCenter V』は、昨年度『活文 PDF Library』との販売連携を実現しており、今回はそれに続く第二弾ということで、両社間のより強固な連携を意味するものと認識します。この両社協業により、今後お客様の多様なニーズに対応できる帳票ソリューションを提供可能になることを期待しております。」

■ 価格

「活文 Report Manager」 :1,600,000円~ (税別)

■ 販売開始日

6月17日

■ 製品紹介URL 

1. 「活文」について : http://www.hitachi-solutions.co.jp/katsubun/sp/about/
  「活文 Report Manager」:http://www.hitachi-solutions.co.jp/katsubun/sp/rm/
2. 「WebSAM PrintCenter V」:
  http://www.hitachi-solutions.co.jp/katsubun/sp/rm/renkei/pcv.html

■ セミナー情報

セミナー名 <電子帳簿保存法セミナー動向編>
知っておきたい!最新状況から事例まで徹底解説!
主催 株式会社ビジネスブレイン太田昭和、株式会社ユニリタ
日本電気株式会社、株式会社日立ソリューションズ (順不同)
概要 日時:2016年6月23日(木) 
場所: JR品川イーストビル 日立製作所 20Fセミナールーム
詳細・申込みURL 電子帳簿保存法セミナーの第一弾、動向編として、電子帳簿保存法の解説から最新動向、また企業の申請事例やそれに基づく申請ポイントなどを紹介します。基調講演では、SKJ総合税理士事務所 所長・税理士 袖山 喜久造氏が登壇します。
<詳細・お申込み>
http://www.hitachi-solutions.co.jp/events/2016/dencyouhou0623/
セミナー名 <電子帳簿保存法セミナー実践編>
こう申請する!コストを抑え、スムーズに対応する秘訣
主催 株式会社ビジネスブレイン太田昭和、株式会社ユニリタ
日本電気株式会社、株式会社日立ソリューションズ (順不同)
概要 日時:2016年7月20日(水) 
場所:株式会社ビジネスブレイン太田昭和 21階セミナールーム
詳細・申込みURL 電子帳簿保存法セミナーの第二弾、実践編として、法対応の実現に向けて、申請への具体的な進め方から、よくある課題の対策法、さらにコストを抑え対応する方法や日々の帳票業務の効率化などについて紹介します。 <詳細・お申込み>
http://www.hitachi-solutions.co.jp/events/2016/dencyouhou0720/

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報・宣伝部
担当:竹谷、安藤
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ 活文、ハイブリッドインテグレーションは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ WebSAM、PrintCenterは、日本電気株式会社の登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

企業情報

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。