Hitachi Solutions

MENUCLOSE

無線LANの技術無線LANの技術

ホーム > 技術解説 > 無線LAN入門 > 無線LANの技術(電波干渉とは)

無線LANの技術

電波干渉とは

無線LANアクセスポイントや、電子レンジなどをはじめとする無線電波を発生する機器同士で、電波がぶつかり、お互いに影響を与える現象のことです。
無線電波で同一のチャンネルを利用すると、電波干渉が発生します。電波干渉が発生すると、無線ネットワークの通信速度が通常落ちたり、無線ネットワークの接続ができなくなることがあります。
そのため、チャンネルはそれぞれ重ならないように設計が必要です。

前述のとおり、特に2.4Ghz帯の電波は、ISMバンドとして開放されていてさまざまな電子機器が2.4Ghz帯を利用しているために、干渉しやすく、通信速度が低下したり通信が不安定になりやすいです。
特に多いのが、電子レンジやBluetoothなどの干渉です。
思いがけず、Bluetooth搭載のワイヤレスマウスと干渉していた、といったことも可能性としてあります。

このページのトップへ

このページの先頭へ