Hitachi Solutions

MENUCLOSE

新規格「IEEE802.11ax」とは新規格「IEEE802.11ax」

ホーム > 無線LAN解説> 新規格「IEEE802.11ax」

IEEE802.11ax規格とは?

高密度ネットワークの接続性の問題に対処できるように作られた新しいIEEE802.11ax(Wi-Fi6)規格により、ネットワーク全体のパフォーマンスが改善されています。
新しい機能では、802.11acの4倍以上までネットワーク・キャパシティを高めて、 複数のクライアントが同時にデータを送信できるようになります。

混雑した環境での体感スピードの向上

混雑した環境での体感スピードの向上

IEEE802.11ax規格では周波数領域を拡張することで、高密度のネットワーク環境においては、最大4倍のトラフィックの効率化をえられます。

マルチユーザーのパフォーマンス

マルチユーザーのパフォーマンス



IEEE802.11ax規格の最も重要な新機能は、OFDMA(直交周波数分割多元接続)と呼ばれる、強化されたマルチユーザー機能です。複数デバイスがデータを送信しようと互いに競い合う既存のモデルとは異なり、帯域幅のニーズが異なる複数のデバイスに同時にサービスが提供されます。IEEE802.11ax規格では、各デバイスのデータ送信が同時に平行してスケジュールされるため、競争がありません。

OFDMA(直交周波数分割多元接続)とは

従来の方式(OFDM)

OFDMのイメージ

IEEE802.11acでは下りのマルチユーザーMIMO(MultipleInputMultiple Output)が導入されましたが、各ネットワークチャネルで1つのデバイスのみの処理を行なうため、帯域幅の利用としては効率的な伝送ではありませんでした。

IEEE802.11ax(OFDMA)

OFDMAのイメージ

IEEE802.11ax規格ではOFDMA対応により、各チャネルを小さなサブチャネルに分割し、複数のデバイスの信号をまとめて送信する上りのマルチユーザーMIMOのサポートによりスムーズで遅延のないワイヤレス通信を実現します。

IEEE802.11ax規格のユースケース

モノのインターネット(IoT)では、接続された資産、従業員、拠点からのデータを収集し、分析することでビジネスで活用できる有益な情報を取得します。従来とは異なる方法で効率化や新規ビジネスの開発を進めることが可能になることから、2020年までには稼働中のIoTデバイスの数は403億* になると予想されています。
一方で、今や私たちの生活において必需品とも言うべきやモバイルを利用したコミュニケーションツール、eラーニングのアプリケーションなどは、膨大なトラフィックを生成し、これまでにないペースでよりシームレスな接続が求められるようになります。
1人が何台ものデバイスを利用する昨今、ネットワーク・キャパシティを高める必要があります。IEEE802.11axはネットワーク上のすべてのクライアントのネットワーク・パフォーマンスを高速化し、ユーザー・エクスペリエンスの向上をサポートします。

*出典:総務省平成30年度版情報通信白書

オフィスのイメージ

オフィス環境

2.4GHz IoTデバイスが使用されており、認証のセキュリティが懸念事項となっているスマートなオフィス・スペースや製造工場

医療現場のイメージ

医療現場

予見不能な将来にわたって既存の医療機器で2.4GHzを使用し続けるヘルスケア環境

学校のイメージ

学校

モバイル、音声、ビデオのトラフィクが広範に使用されている学校やテクノロジー組織などの環境

工場のイメージ

工場

倉庫のイメージ

倉庫

Arubaで最初にIEEE802.11ax規格をサポートするユニバーサルIoT対応アクセスポイント

Aruba AP-515

Aruba AP-515
  • ・次世代Wi-Fi規格「Wi-Fi6」こと「IEEE802.11ax」に対応
  • ・ユニファイドAP(UAP)モードに対応 - コントローラー型、IAP型何れにも展開可能
    デュアルラジオ、内蔵アンテナモデル
  • ・5GHz帯で最大4.8Gbps、2.4GHz帯域で最大575Mbpsをサポート
  • ・E0ポート: HPE SmartRate(100/1G/2.5G BASE-T)対応ポート
    2.5Gbpsの速度はNBase-Tおよび802.3bzの仕様に準拠
  • ・E1ポート: 10/100/1,000BASE-Tイーサネットネットワークインターフェイス
  • ・Bluetooth 5 および Zigbee(802.15.4)無線
  • ・外形寸法(mm) W x H x D: 200 x 46 x 200
  • ・重量: 810g、動作保証温度:0℃〜 + 50℃
  • ・Deep-sleep mode support for Green AP system feature (NetInsight - not yet available)

このページのトップへ

このページの先頭へ