ページの本文へ

日立ソリューションズのITバーつぐみ物語のページです。|第三十二話 クラウドストレージ上のデータを安全に保護してタブレット端末の活用を進めたい!の巻

最新IT事情が5分でわかる! ITバー つぐみ物語

第三十二話 クラウドストレージ上のデータを安全に保護してタブレット端末の活用を進めたい!の巻 第三十二話 クラウドストレージ上のデータを安全に保護してタブレット端末の活用を進めたい!の巻

日立ソリューションズの「 秘文 Cloud Data Protection

クラウドストレージ上のデータを保護する日立ソリューションズの
秘文 Cloud Data Protection

日立ソリューションズの「 秘文 Cloud Data Protection」は、クラウドストレージ上のデータを自動で暗号化し、データの漏洩を防止するソリューションです。クラウドストレージの利便性を損なわず、ファイルに暗号化等のセキュリティ対策を施すことで、社外でも安全に活用できる仕組みを提供します。

【主なソリューションの特長】

(1)ファイルを暗号化
クラウドストレージ上のファイルは自動で暗号化され、専用のクライアントソフトまたはビューアがなければ復号、閲覧することができないため、パブリッククラウドを安全に利用することが可能です。
(2)すぐに利用できる
サービスに登録し、専用クライアントソフトやビューアをインストールするだけで複雑なアクセス制御設定やサーバー構築作業をすることなく、すぐに利用が可能です。
(3)利便性を損なわない
暗号化されたファイルは、ログインアカウントに紐づいた鍵で自動復号されるので、ユーザーは鍵やパスワードの使い分けを意識することなく、クラウドストレージ上のファイルを安全に利用できます。
(4)オフラインでのファイル閲覧が可能
ユーザーはネットワークに接続できない場所でも、スマートデバイス上でファイルを参照することができます。暗号化状態でスマートデバイス側に保存されたファイルは、オフラインでも一定期間復号して閲覧が可能です(閲覧期間は任意で設定可能)。
(5)情報漏洩防止に必要な様々なソリューションを組み合わせ可能
暗号化技術以外にも、日立ソリューションズが提供する認証強化など様々な情報漏洩防止のソリューションを組み合わせることが可能です。
中沢さん

なるほど。クラウドストレージ上のデータを自動で暗号化してくれるソリューションなんだね。

つぐみ

クラウドストレージの利便性はそのままに、データの漏洩対策をきちんとして安全性を高めることができるのよ。

中沢さん

データの漏洩対策のポイントはどのあたりにあるのでしょう?

つぐみ

クラウドストレージやスマートデバイス上の同期ファイルは自動的に暗号化されて、その状態が保持されるの、 暗号化されたファイルは許可されたユーザーだけしか復号できないので、たとえ第三者に渡ったとしても(それがサービス事業者であっても)、読み取ることができない技術なの。

中沢さん

それは安心だ。では、スマートデバイスの紛失や盗難などのリスクについてはどう考えたらいいでしょう?

つぐみ

クラウドストレージからスマートデバイス側には暗号化された状態でデータがダウンロードされるの。ユーザーが専用のビューアで閲覧する際に認証して、 復号するのだけど、オフラインで復号(閲覧)できる期間を一定期間に制限できるのね。これは、インターネットが利用できない時でもファイルを閲覧できるよう利便性に配慮すると同時に、万が一、スマートデバイスが第三者に渡ってしまった場合にデータが漏洩することを防止する対策にもなっているのね。

中沢さん

なるほど! 利便性と安全性を両立したソリューションなんだね。

つぐみ

秘文 Cloud Data Protection」のコンセプトは「クラウドストレージに持ち出しても漏洩させない」ところにあるの。 クラウドストレージサービスと秘文の暗号化サービスを申し込んで、クライアント(端末)側に専用ソフトをインストールすればすぐに利用可能なのもありがたいわね。

中沢さん

これなら上層部が納得できるタブレット端末の有効活用策が提案できそうだ。よし!早速明日から提案資料づくりをするぞ。ありがとうママ!

つぐみ カナ

がんばってねー。

今回ご紹介した商品

日立ソリューションズの「 秘文 Cloud Data Protection」は、クラウドストレージのデータを安全かつ安心に利用するためのソリューションです。社内で作成した資料等を、外出先でスマートデバイスを使って表示、閲覧し、プレゼン等で活用したいというお客様に安全にご利用いただくことが可能です。

【ソリューションの概要と優位性】

(1)「Dropbox」「Microsoft SkyDrive」「box」等の主要なクラウドストレージサービスに対応しています。
(2)クラウドストレージや、端末上の同期データは、ユーザーが特別な操作をしなくても、自動的に暗号化され、その状態が保持されます。
(3)暗号化されたファイルは、ログインアカウントに紐づいた鍵で復号されるので、許可されたユーザーだけがクラウドストレージ上のデータを復号可能です。
(4)暗号化状態でスマートデバイス側に保存されたファイルは、オフラインでも一定期間復号して閲覧が可能です(閲覧期間は任意で設定可能)。

このコラムに関連するジャンルからソリューション・商品を探す

商品ジャンル: 情報セキュリティ

ページの先頭へ