ページの本文へ

CHAPTER 1 20代の情報収集に対する意識を調査|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

必要な情報を、誰より早く、確実に。できるビジネスパーソンの「情報収集術」必要な情報を、誰より早く、確実に。できるビジネスパーソンの「情報収集術」

資料集めや資料作成、はたまた営業先などで業界のニュースや話題、最新の情報を知っておかないとまずいという場面は多いものです。しかし、"情報通"の人は確実に存在するもの。そういった人は、一体どうやって、膨大な情報の中から必要な情報を見つけたり、最新の話題を入手したりしているのでしょうか。


今回の先生は、最新ITツールの使い方や仕事術を紹介するブログ「Lifehacking.jp」の管理者である堀E.正岳さん。主にインターネット上で、便利なツールや知識を使って、必要な情報をスピーディーかつ確実に集める方法を教えていただきます。

Chapter0120代の情報収集に対する意識を調査

本、新聞、雑誌、インターネット……と情報源が多様化する中、20代のビジネスパーソンたちは、主にどんな方法で情報を集めているのでしょうか。アンケート調査で探ってみました。

Q1
情報収集のために、どんな情報源を活用していますか?(複数回答)
インターネット(618人) 新聞(186人) 書籍(133人) 雑誌(206人) 人に直接聞く(185人) そのほか(20人)
Q2
ネットでの情報収集や情報管理のために、何かツールを使っていますか?(例/RSSリーダー、ソーシャルブックマークなど)
はい:9.5% いいえ:90.5%
Q3
一日にどれくらいの時間、情報収集に費やしていますか?
30分未満:32.2% 30分~1時間:38.7% 1時間~2時間:38.7% 2時間~3時間:4.9% 3時間以上:1.9%

まず、「情報収集のために、どんな情報源を活用しているか」聞いたところ、約100%に近い人が、「インターネット」を選択。新聞、書籍、雑誌、人といったネット以外の情報源を活用している人は、いずれも20〜30%前後にとどまりました。今や、若いビジネスパーソンの情報源の中心が、ネットであることは明らかです。

しかし、一方で、「ネットでの情報収集や情報管理のために何らかのツールを使っているか」聞いたところ、RSSリーダー、ソーシャルブックマークなど、ブロガーなどに人気の高い情報収集ツールを使っている人は、全体の9.5%にとどまりました。

こうした結果からは、ネットを日常的に使いながらも、ツールを使いこなして効率的に情報を収集し、管理するというレベルには達していない人が大半であることが読み取れます。

また、「一日に情報収集に費やす時間」については、「30分以上1時間未満」が4割近くを占め、「30分未満」が3割近くを占めました。ほかの業務にかける時間を考えると、多くのビジネスパーソンにとって、1日1時間前後が情報収集にかけられる限度と言えそうです。

みんなのコメント紹介

効率的な情報収集のために工夫していること

「複数の情報源を利用する」(22歳/女性)
(29歳/女/自動車関連/秘書・アシスタント職)
「ネットでの検索では、単語を多く入れる」(24歳/女性)
「パソコンで情報を検索するとダラダラしてしまいがちなので時間を決めて検索している」(27歳/女性)
「タイトルだけをみて必要な情報だけ詳しく読む」(25歳/男性)
「時間があるときにYahoo!ニュースやmixiニュースなどをこまめに見る」(27歳/女性)

情報収集に関する悩み・疑問

「情報量が多すぎで調べている間にあきらめてしまうことがある」(23歳/女性)
(29歳/女/自動車関連/秘書・アシスタント職)
「時間が限られているのでもっと自分の欲しい情報だけを自動で集めてきてくれるようなツールがほしい」(24歳/男性)
「ネットだと信憑性が不安なので、裏付けのためにほかのサイトをいくつも見ないと安心できない」(27歳/女性)
「ついつい、余計なものまで調べすぎて時間がかかる」(29歳/女性)
「自分の調べたいことがなかなか検索できない。どのように検索したらいいのか」(27歳/女性)
「マーケティングリサーチが、もっと簡単にお金をかけずにできればいいのにとよく思います」(26歳/女性)
teacher
堀E.正岳先生写真
堀E.正岳先生
Masatake Hori
プロフィール
1973年アメリカ、イリノイ州生まれ。ブログ、Lifehacking.jpにて、海外のブログ記事や、自分が実践してきた仕事術をちょっといい話として紹介する活動を続けている。「人生を変える小さな習慣作り」をブログのミッションとし、ITツールの使い方から人生哲学に至るまで、幅広い話題をカバー。著書に『情報ダイエット仕事術』、共著に『iPhone情報整理術〜あなたを情報"強者"に変える57の活用法!』などがある。
student
タカハシ写真
生徒のタカハシです。自分の業界の現状から最新トレンドまで、幅広い情報をおさえておきたい! とは思うのですが、情報源が多すぎて、全部に手が回りません。効率的な情報収集のポイントをぜひ教えていただきたいです。

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

ページの先頭へ