ページの本文へ

CHAPTER 6 片付けタイプ別アドバイス/先生からのメッセージ|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

仕事がはかどる オフィスで役立つ整理整頓術仕事がはかどる オフィスで役立つ整理整頓術

Chapter06片付けタイプ別アドバイス/先生からのメッセージ

オフィスにある物の中でも、大部分を占める書類。このページでは、書類の保管・保存の仕方やファイリングのコツなど、書類の整理整頓について詳しく解説します。

片付けタイプ別アドバイス

整理整頓をマスターするには、自分の「クセ」に気付くことが大切。そのクセを直すよう意識することで、整理整頓能力が上がっていくからです。

無関心型

デスクが物で溢れているのに、自分では整理整頓はまったく必要ないと思っている、自覚のないタイプ。しかし、実は作業に入る前に、物をどかしてスペースを作ったり、必要な物を探したりと、かなりの時間をロスしています。まずデスクの上を片付けてみるだけで、飛躍的に仕事の効率がアップするはず。

先延ばし型

散らかっている自覚があり「整理しなきゃ」と思っているのに、ついつい後回しにしてしまい、なかなか行動に移せないタイプ。「後でやろう」という考え方をやめて、なるべく早めに手をつけるよう意識していけば、徐々に整理整頓ができるようになっていきます。

迷走型

行動には移せるのに、いざ整理整頓を始めると、途中でほかの誘惑に負けたり、別の方法に目移りしたりして、最後までやり遂げることができないタイプ。ゴールを明確にして、一度決めたことは最後までやり抜くように心がけましょう。

リバウンド型

整理整頓は苦もなくできますが、きれいな状態を維持するのが苦手で、すぐにまた散らかしてしまうタイプ。整理整頓した後は、使った物をすぐに元に戻したり、退社時に必ずデスクをきれいな状態に戻すようにしたりして、きれいな状態を維持するよう意識しましょう。

片付けマスター型

必要に応じて整理整頓を実践し、きれいな状態を維持することもできるタイプ。整理整頓能力がとても高く、片付けの習慣ができている人とも言えます。今のままでOK。

先生からのMessage
片付けができない人は、仕事ができない!?

私が20代の皆さんに片付けを習慣化してほしい理由は、もちろん「探し物を探す無駄な時間をなくして、仕事の効率を上げるため」ということもありますが、それだけではありません。ほかにも大事な理由が二つあります。

まず一つ目は、「片付けができるようにならないと、仕事ができるようにならないから」です。

片付けをすると、今まで見えていなかった自分のクセや周囲の環境のほころびが見えてきます。そんなふうに、自分の周囲の細かい部分を見て気付くことは、仕事をする上での基本です。

しかし、ビジネスパーソンが相手にしていかなければならないのは、お客様の心理状態や経済情勢など、「動いているもの」です。一方の片付けは、自分の周囲の環境という「止まっているもの」に対して行うこと。

そんな基本的なことができないのに、それよりも難易度の高い仕事ができるようになるはずがありません。整理整頓をマスターすることは、ビジネスパーソンとして力をつけ、成長していくカギと言えると思います。

整理整頓をすると、自分が見えてくる

もう一つの大きな理由は、「片付けをすると、自分が見えてくるから」です。周囲を整理整頓して取捨選択すると、余計な物が排除され、自分が本当に大事にしている物や本当にやりたかったことに気付くことができます。

たとえば、ある人が、部屋の片付けをしていたら、子どものころの友達との交換日記が出てきて、将来の夢が書かれていました。その人は、それをきっかけに改めてその夢を目指そうと決意を新たにしたそうです。

また、ある経営者は、昔の帳簿を整理しているときに、創業した年に取引した最初の商品が出てきて、それを見て今後のビジネスの方向性がハッキリしたと言います。

20代の皆さんは、まさに自分の進路を決めながら人生を進んでいる最中。ぜひ積極的に片付けをして、自分らしい生き方を見つけてください。

論理的で分かりやすい考え方に納得 クセを直して「片付けマスター」を目指します

自分自身は、整理整頓ができている方だと思っていたのですが、先生に普段のデスクや財布の使い方をチェックしていただいて、まだまだ改善できるポイントがあることを発見。

特に「書類を入れる引き出しには、予備として少し余裕を残す」、「文具は横に入れた方が、引き出しを開け閉めする範囲が少なくなる」といったアドバイスは「なるほど」と思いました。

整理整頓はできるのにリバウンドしやすいという自分のクセに気付けたのも収穫です。

たしかに、整理整頓は好きなのですが、片付いたことで満足してしまって、その後は油断していたかも。リバウンドしないように気をつけて、「片付けマスター」を目指します。

今回教えていただいた整理整頓のコツと考え方は、シンプルで論理的で、片付けがうまくいかない理由や、片付けの重要性がよく分かりました。基本をしっかり学ぶことができたので、オフィスだけでなく自分の部屋にも応用したいです。

次回予告
信頼の青色、高級感の黒色
色彩心理学をビジネスに応用しよう

「飲食店に赤色の看板が多い理由は?」、「リラックスできる色とは?」など色が持つ意味や色で気持ちが変ることも少なくありません。そこで、次回は「色をビジネスに応用する方法」について学んでいきます。
(8月29日(月)更新予定)

teacher
小松 易 先生
小松 易 先生
yasushi komatsu
プロフィール
株式会社フジタ退社後の2005年9月、片付けられない人、片付けがちょっと苦手な人、自分の部屋を片付けたら人生スッキリするって分かっているのになかなか始められない人向けに、個人カウンセリング&コーチングを提供する片付けコンサルティング「スッキリ・ラボ」として銀座で開業。現在は、個人・企業向けに「片付け 」のコンサルティング・セミナー活動を行う。著書に、『たった1分で人生が変わる 片づけの習慣』『超・オフィス整理術 仕事ができる人はなぜデスクがきれいなのか』などがある。
student

タカハシ写真

生徒のタカハシです。要らないものはどんどん捨てるタイプなので、デスク回りは比較的スッキリしていますが、より効率的で仕事がしやすい収納方法が知りたいです。

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

ページの先頭へ