ページの本文へ

<前編>イメージアップの基本を学ぶ」の3ページ目|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

ビジネスシーンでの戦力アップ!『好感度スタイル』実践講座 <前編>イメージアップの基本を学ぶビジネスシーンでの戦力アップ!『好感度スタイル』実践講座 <前編>イメージアップの基本を学ぶ

Chapter03いざ実践!3人のパーソナルカラーグループを分析

タカハシ タカハシ全身横向き

タカハシ(男性)「そのピンクのネクタイはまるで似合ってない!」

それではいよいよ、体験者3人がパーソナルカラー分析を行なうことに。と、その前に、当日着ていたスーツの着こなしに市ヶ谷さんからのダメダシが!

「まず、男性のタカハシさん、その幅の細いピンクネクタイはどうかしら。思いっきり軽薄に見えますね。肩幅が広いのにスーツは細身すぎるから、ボタンの脇にX状のしわができてます。このしわは合っていないスーツの証拠。袖も裾も短くて子どもっぽい感じです」

サトウ サトウ全身横向き

サトウ「ポケットに物を入れすぎ。シャツもよれよれ!」

「サトウさんは、まず前ポケットに物を入れてはダメですよ。スーツの形が崩れるし、だらしない印象になります。ヘアスタイルも清潔感がなく頼りない感じで、せっかくの知的な雰囲気が台無しです。シャツもよれよれだし、"徹夜明け"って感じですね」

タカハシ タカハシ全身横向き

タカハシ(女性)「スーツが小さい。華奢なピアスもNG」

「女性のタカハシさんのような大柄な方には、そんな華奢なピアスは似合いません。逆にめがねの印象は強すぎます。スーツの色も濃いし、ぴったりしすぎ。かえって体が目立ってしまいますよ。もう少し明るい色で、ワンサイズ上のものを選びましょう」


先生がテストドレープをタカハシにかける

まさにバッサバッサと切るがごとく、体験者3人に容赦ない指摘が浴びせられる。しかし、苦笑いする3人は、どこか釈然としない様子。そこで、まずはパーソナルカラー分析から行なってもらった。

鏡を前に座り、ピンクや青、緑などのテストドレープ(布)を次々にかけていく。同各色ごとに4つのグループに属する色が1枚ずつ用意されており、どんどん掛けては取り、掛けて取りを繰り返すことで、ぱっと見の印象を捉えていく。さて、自己分析と実際とがどのように違っているか、予想と結果を比較してみてほしい。


タカハシGOOD タカハシBAD

自己分析は「WINTER(冬)かな?」。公私ともにモノトーンを愛用。スーツは細身タイプを選ぶことが多く、今日のネクタイはピンク。

タカハシ(男性)のイメージ分析
AUTUMN(秋)『スポーティ&ナチュラル』

エネルギッシュで精悍、体育会系の雰囲気がありますね。若いうちはチームの先鋒隊長としてアクティブに活躍し、年を重ねればリーダーとしてのオーラを十分に持ち得ると思われます。豪快な印象の反面、人懐っこく明るいキャラクターで年上年下両方に慕われる人でしょう。そんなタカハシさんにはシックなAUTUMN(秋)のグループの濃い色、深い色がお似合いです。

カラーチップ
NGカラーはこれ!

淡いパステルカラーはタカハシさんの鬼門。色によって老けて見えたり、軽薄な印象になったり、とにかくいい印象にはなりません。どうしても着たい場合は、必ずAUTUMN(秋)カラーの中の強い色で締めることを忘れずに。

カラーチップ
サトウGOOD サトウBAD

自己分析「グレーが多いからWINTER(冬)?」無難な色を選びがちで、似合う色について意識したことがないかも。今日のネクタイも無難な紺。

サトウのイメージ分析
SUMMER(夏)『ソフト&エレガント』

知的でクール、参謀役のような印象を与えますね。しかし、決して冷たいわけではなく物腰が柔らかで、争いごとにも声を荒げずに仲裁役として冷静にトラブルを処理するタイプではないでしょうか。上司や取引先からも、安心して仕事を任せられる人として一目置かれる存在でしょう。そんなサトウさんには、エレガントなSUMMER(夏)のグループの涼しげな色がおすすめです。

カラーチップ
NGカラーはこれ!

黄みがかった色はサトウさんのさわやかさを損ねます。SUMMER(夏)グループの人は、清潔感を保つのが難しいので、シャツのしわやネクタイのしみなど、ディテールにはくれぐれも気をつけて。アースカラー系のくすんだ色は最も避けたい色です。

カラーチップ
タカハシGOOD タカハシBAD

自己分析「母がAUTUMN(秋)らしいので、私も?」落ち着いた色を選ぶ傾向にある。アクセサリーは、小さめで華奢なものが多いです。

タカハシ(女性)のイメージ分析
SPRING(春)『リッチ&フレッシュネス』

知的で華やか、若くして大人の女性の存在感がありますね。そのため、話すことに説得力があり、いい意味でのプライドの高さを感じさせます。そんなタカハシさんは、SPRING(春)の色を選ぶことによって、個性が引き立ち、魅力が増します。中でも上質感や格調高さを感じさせるスッキリした服を選んでください。特にトップスには体を強調する暗い色より、明るい色を選んで。顔周りに視線を集中させることで生き生きとした印象になります。

カラーチップ
NGカラーはこれ!

SPRING(春)と同じイエローベースでもAUTUMN(秋)のカラーは、実年齢よりも老けて見え、持ち味の華やかな品格が損なわれます。また、明るい色でもブルーベースのSUMMER(夏)では、病み上がりのよう。中でも色に質感がないものや、アクセサリー等で華奢なものは、安物を身に付けているように見えます。できるだけクオリティの高い本物志向で決めてください。

カラーチップ

いかがでしたか?次回、後編ではカラー分析を受けた3人が実際にスーツを着こなしていきます。その際の注意点やアイディアなども紹介していきますので、ぜひ、お楽しみに!

次回予告
「ビジネスシーンでの戦力アップ!『好感度スタイル』実践講座」<後編>
今回は「ビジネスシーンでの戦力アップ!『好感度スタイル』実践講座」の後編を公開予定です。後編では、前編で見つけた「パーソナルカラー」を活用して、より魅力的なスーツの着こなしを紹介していきます。
(2010年1月25日公開公開しました)「ビジネスシーンでの戦力アップ!『好感度スタイル』実践講座」<後編>

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

ページの先頭へ