ページの本文へ

CHAPTER 2 「贈答品とは何か」を学ぶ|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

皆が知らないからこそ差がつく! 大切な人との距離を縮める贈答品の贈り方皆が知らないからこそ差がつく! 大切な人との距離を縮める贈答品の贈り方

Chapter02「贈答品とは何か」を学ぶ

詳しいマナーを学ぶ前に、贈答品の種類や、歴史、体裁の意味など、基本的な知識を身に付けておきましょう。贈る意味や理由が分かれば、マナーも覚えやすくなるはずです。

贈答品と贈答体裁の歴史

日本の贈答品のルーツを探ると、冠婚葬祭に由来するものと、現代になって海外から入ってきた文化に大きく分かれます。
結婚のお祝いやお葬式の香典・供物といった贈答品は、古来、婚礼や葬儀の儀式の際に、ごちそうやお供えを持ち寄った習慣から始まり、それが時代の流れとともに形を変えていったと考えられています。
お中元・お歳暮の起源は「お供え」にあります。日本には古来より、お盆と暮れにご先祖さまをお迎えする際に、食べ物を供える習慣がありました。こうしたお供え物を親元や親戚に贈ったのが、お中元・お歳暮の始まりです。それが、商売が盛んになった江戸時代には、お客様にも贈られるようになり、やがて現在のように、「お世話になった人」にまで対象が広がったと考えられます。
一方、誕生日や父の日、母の日、クリスマス、バレンタインといった記念日・イベントにプレゼントを贈る習慣は、現代になって欧米から入ってきた文化です。クリスマスやバレンタインは海外の宗教的儀式でしたが、日本でイベント化され、今やすっかり一般的な習慣になっています。

贈答品の種類
土産
手土産、おわびの品、出張土産、旅のお土産
季節のごあいさつ
お中元、お歳暮、年始のごあいさつ
お祝い事
結婚祝い、出産祝い、結婚祝い、出産祝い、栄転(昇進)祝い、開店(開業)祝い、新築祝い、移転(引っ越し)祝い、入学・卒業祝い
イベント
誕生日プレゼント、クリスマスプレゼント、バレンタインのプレゼント、結婚記念日の贈り物、母の日・父の日の贈り物
そのほか
お見舞い、お葬式の香典・供物、法要の香典・供物
贈答体裁の意味と由来
のし 水引

贈り物に「のし」と「水引」をつけ、「表書き」を書くという習慣は、日本独特のものです。
まず「のし」には、贈答品に生ものを添えて贈った風習が、神様に供える最高のものである「のしあわび」を添えて贈るようになったという由来があります。そのため、肉や魚などの生ものを贈るときや、「なまぐさもの」を避ける習わしがある弔事には、のしは不要です。
「水引」は、贈り物の上にかける紙を留めるために使われていた紙糸のこと。基本的に、何度も繰り返してほしいお祝い事にはちょう結び、繰り返してほしくないことには結び切りに結びました。現在も御祝儀袋などには本物の水引が使われていますが、贈答品では「のし」と「水引」が紙に印刷された「のし紙」を使うことがほとんどです。
「表書き」は、贈り物に、その内容を書いた「目録」を添えていた習慣の名残。目録を省略して、包装紙に品名と数量を書いたものが「表書き」なので、本来は、「御菓子」などと贈る品物名を記すところですが、現在では「御祝」、「御挨拶」、「御中元」などと贈答の目的を書くことが一般的になってきています。

贈答品Q&A

表書きの基本の書き方を教えて!

表書きの基本の書き方 見本

水引の上のスペースに「御祝」、「御霊前」など、贈答の目的を書きます。下のスペースには「フルネーム」。お客様に贈る場合は「会社名+姓名」でもOK。
筆記具は、毛筆、または墨の筆ペンを使用。うす墨は弔事用なので、それ以外の用途では使わないように。
また、慣れないうちは、デパート等の売り場で「手土産用なのですが」などとお店の人に相談するのが安全です。

贈答品Q&A

贈答品の役割とは?

贈答品の目的は、「おめでとう。よかったね」という共感や、「いつもありがとうございます」、「これからもよろしくお願いします」という思いやりなどの"気持ち"を贈ること。その気持ちを表すのに、言葉だけでは足りないというときに、物を添えて贈るのです。
特に、お中元・お歳暮に関しては、形式ばかりが強調されがちですが、歴史を振り返ると分かるように、本来は、ご先祖様や両親への感謝の気持ちを込めた贈り物。相手への思いを伝え、相手を喜ばせ、互いの距離をより近づけることが、贈答品の役割なのです。
また、ビジネスシーンでやり取りする贈答品には、お客様をご訪問するきっかけや会話のきっかけになるなど、ビジネスを円滑にし、相手と良好な関係を築くという役割もあります。と言っても、最低限のマナーを守らないと、相手に失礼になることも。正しいマナーを身に付けた上で、積極的に贈り物をしてみましょう。

teacher
岩下宣子先生写真
岩下宣子先生
Noriko Iwashita
プロフィール
全日本作法会の内田宗輝氏、小笠原流小笠原清信氏のもとでマナーを学び、1985年、現代礼法研究所を設立。マナーデザイナーとして、企業、学校、商工会議所、公共団体などでマナーの指導、研修、講演と執筆活動を行う。著書に『贈り方のマナーとコツ 暮らしの絵本』などがある。
「現代礼法研究所HP」
student
タカハシ写真
生徒のタカハシです。ビジネスマナーの中でも、あいまいな知識しかなく、いま一つ自信がないのが贈答品マナー。この機会に日ごろの疑問を解決して、贈り上手になりたいです。

アンケート出典
COBS ONLINE会員調査(ウェブ ログイン式)
有効回答数:521名
期間:2010年11月4日~11月8日

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

ページの先頭へ