ページの本文へ

Hitachi
EnglishEnglish お問い合わせお問い合わせ

CHAPTER 5 贈り方マナー ~お祝い編~|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

皆が知らないからこそ差がつく! 大切な人との距離を縮める贈答品の贈り方皆が知らないからこそ差がつく! 大切な人との距離を縮める贈答品の贈り方

Chapter05贈り方マナー ~お祝い編~

ビジネスシーンで、手土産に次いで、何かと贈る機会が多いのがお祝いの品。このページでは、お客様、上司、同僚・部下など、仕事関係の人へのお祝いの贈り方を、シチュエーション別に解説します。

お客様・上司・同僚・部下に栄転・昇進祝いを贈る

値段の目安

値段の目安は特にありません。目的は、「おめでとう」という気持ちを贈ることなので、相手との関係や、自分の年齢に応じて、無理をせず身の丈に合った金額のものを贈ればOKです。「上司、同僚、部下など社内の人に贈る場合は、個人的に贈るより仲間と一緒に贈るのが一般的。一人2,000~3,000円ずつ集めて、1万~2万円くらいのものを買うことが多いようです」(岩下先生)

おすすめの品

お花や商品券のほかに、名刺入れや手帳、ネクタイなど、仕事で使うものがおすすめです。

体裁マナー

赤白のちょう結びの水引に、のしを付けて。表書きは、栄転祝いなら「祝御栄転」か「御栄転御祝」。昇進祝いなら 「祝御昇進」か「御昇進御祝」。

贈り方マナー

必ず相手の栄転・昇進が決まったのを確認します。正式決定していないときに渡すのはNG。渡す際は、お祝いの言葉とともに渡しましょう。

お客様に開店(開業)祝いを贈る

値段の目安

1万円程度。

おすすめの品

お花や観葉植物が一般的です。お花や観葉植物を贈る場合は、お客様のお店または事務所の雰囲気に合うカラーやデザインのものを選ぶようにしましょう。

体裁マナー

赤白のちょう結びの水引に、のしを付けて。表書きは、「祝御開店」

贈り方・渡し方マナー

直接、お店や事務所などに伺って、お祝いの言葉とともに渡すといいでしょう。飲食店などの場合は、そのお店を利用することも立派なお祝いになります。

お客様・上司・同僚・部下に結婚祝いを贈る

値段の目安

20代ならお祝い金の目安は2万~3万円。お札は新札を使います。品物の場合、特に値段の決まりはありませんが、上司や同僚など社内の相手には、同じ部署の仲間数人で数千円ずつ出し合って贈ることも多いようです。

おすすめの品

結婚式・披露宴に呼ばれている場合は、お祝い金を贈るのが一般的。結婚式・披露宴に招かれていない場合は、キッチン用品など、新生活で使いそうな品物を贈るといいでしょう。
「相手にほしいものを聞いてもかまいません。ただし、『何がいい?』という聞き方をすると遠慮して答えにくいので、こちらで候補を決めて『AとBとCのどれがいい?』と聞くか、『2万円くらいのものでは何がいい?』と予算を提示するといいですよ」(岩下先生)

体裁マナー

結び切りの水引に、のしを付けて。表書きは、「寿」、「祝御結婚」、「御結婚御祝」。
お祝い金を贈る場合は、市販のご祝儀袋が便利ですが、選ぶ際には、入れる金額に見合う袋を選びましょう。のしや水引が豪華な袋ほど、見合う金額は高くなります。中に入れる金額の目安は市販の袋の外装に書いてあります。

贈り方・渡し方マナー

お金を贈るときは、御祝儀袋をそのままバッグに入れるのではなく、ふくさ(ご祝儀袋を包むための小さめの風呂敷)に包んで持参し、お祝いを言ってから相手の前(披露宴に持参する場合は受付)で、ふくさから出して渡します。ふくさを使い慣れていない人には、あらかじめ二つ折りになっている「挟みふくさ」が便利です。

贈答品Q&A

結婚のお祝い金は式の当日でOK?

結婚イメージ

最近の結婚披露宴では、当日、お祝い金を持参して受付で渡す招待客が多いようです。
実際、20代のビジネスパーソンたちに「結婚式のお祝い金は当日渡していますか?」と聞いたところ、84%もの人が「はい」と回答しました。
しかし、岩下さんによると、お祝いのお金は結婚披露宴の一週間前までに渡しておくのが本来のマナーだそう。
「最近の式場は、事前に費用を精算しなければいけないことが多いので、新郎新婦側は事前にお祝い金はもらえる方が、助かります。披露宴の当日に受付でお金を渡すと、その後、管理するのも大変。披露宴への招待を受けたら、お祝い金は早めに贈っておきましょう」(岩下先生)

贈答品Q&A

刃物・割れ物を贈るのはNG?

刃物・割れ物 イメージ

結婚のお祝いには、「縁を切る」という言葉を連想される刃物や、「仲を裂く」を連想させる割れ物はあげてはいけないと言われます。アンケートでも、刃物や割れ物がNGと感じている人が全体の78%という結果に。
しかし、最近は気にしない人も増えており、絶対タブーというものでもありません。念のため本人の希望を確認して、問題なければ贈ってもOKです。「包丁は実用品ですし、良いものは高価で、自分では買わない場合が多いので、もらえばうれしいもの。あげるときは『これで未来を開いてください』と一言添えるといいですよ」(岩下先生)

teacher
岩下宣子先生写真
岩下宣子先生
Noriko Iwashita
プロフィール
全日本作法会の内田宗輝氏、小笠原流小笠原清信氏のもとでマナーを学び、1985年、現代礼法研究所を設立。マナーデザイナーとして、企業、学校、商工会議所、公共団体などでマナーの指導、研修、講演と執筆活動を行う。著書に『贈り方のマナーとコツ 暮らしの絵本』などがある。
「現代礼法研究所HP」
student
タカハシ写真
生徒のタカハシです。ビジネスマナーの中でも、あいまいな知識しかなく、いま一つ自信がないのが贈答品マナー。この機会に日ごろの疑問を解決して、贈り上手になりたいです。

アンケート出典
COBS ONLINE会員調査(ウェブ ログイン式)
有効回答数:521名
期間:2010年11月4日~11月8日

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。