ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

モデルベース開発ソリューション

|システム構築やトータルソリューションをお探しの方へ。日立ソリューションズはあなたの業務改善や課題解決、事例などをご紹介します。

モデルベース開発ソリューション

コンサルティングから独自のシミュレーション環境を活用したエンジニアリングまでトータルでモデルベース開発をサポートします。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • ツールは豊富だが、そもそも何から手を付ければよいか分からない。

    コンサルティングをとおして課題を明確化。必要なツールを選定し、解決策を提案します。

  • 実機環境やHILS(※)でのテストの比重が重く台数が足りないため、生産性があがらない。

    SILS(※)のシミュレーション環境を構築することで上流で評価可能。HILSの比重を下げ生産性を向上します。

  • 忙しすぎてレガシーコード開発からモデルベース開発へ品質担保しつつ移行することができない。

    当社の専任担当者が移行作業を担当します。また、当社のシミュレーション環境では段階的にモデルに移行ができ、出力結果の差分レポート機能により等価検証が容易になります。

※ HILS:Hardware-in-the-loop Simulationの略で、ECUと機械装置のモデルを結合して動作させ、ECUのハードウェア・ソフトウェアを検証する環境

※ SILS:Software-in-the-loop Simulationの略で、言語で記述したソフトウェア(ソースコード)と機械装置のモデルとを結合し、ソフトウェアの設計が正しいか検証する環境

概要

お客様のモデルベース開発(MBD)での課題をコンサルティングにて明確化し、解決策をご提案、当社独自技術を活用したSILS環境の構築、設計、開発、テストまでワンストップのソリューションをご提供します。

特長・機能

当社のSILS環境の特長

当社SILS環境は再配布可能なため、担当者それぞれに割り当て可能となります。それにより、HILSの比重を下げ生産性向上が可能となります。
また、開発対象のソフトウェアを「Visual Studio」などのデバッグツール上に実装しSILS環境と独立させたことで、デバッグツールの豊富な機能を活用できるため、テスト工程の短縮と品質向上を実現できます。

HILS/SILS環境の構築

シミュレーション環境での等価検証

SILS環境とMILS(※)環境を同期接続できるため、コンポーネント毎の段階的なモデルへの移行と等価検証が可能となります。
また、車載ネットワークログの差分結果もレポートとして出力するので、影響調査や等価検証を一目で確認でき、効率化を実現できます。

※ MILS:Model-in-the-loop Simulationの略で、モデルで記述した仕様と、機械装置のモデルを結合して動作させ、仕様が正しいか検証する環境

Simulation環境での等価検証

その他機能(車載ネットワークログ利活用)

車載ネットワーク向けログ変換ソフトウェアにより車種が違っても取得済みの車載ネットワークログの再活用が可能となります。
これにより、試作車両が完成するまでの期間でも実車テスト相当の確認が前倒しで実施でき、テスト工程の大幅な短縮が図れます。

その他機能(車載ネットワークログ利活用)

開発事例

モデル作成時にはリソースがリッチなPC環境でシミュレーションできるが、ECU実装時はPCほどのリソースがないために、後工程で処理時間やメモリー不足などの問題が発生。
当社ではモデルを事前に検証し、前工程で性能改善したモデルをご提案している実績があります。

MBDエンジニアリングサービス(事例紹介)

価格

個別にお見積りいたします。

関連キーワード

最終更新日:2020年8月19日