自動車関連規格準拠支援ソリューション とは

OEM/Tier1受注必須条件となることが多くなっているAutomotive SPICE®・機能安全・サイバーセキュリティ規格準拠に対して、組織のプロセス構築支援・改善活動・体制作りから、自己診断ツールによるAutomotive SPICE®、ISO/SAE 21434対応の”みえる化″まで、豊富な規約準拠支援サービスを提供します。

Automotive SPICE®やISO26262・ISO21434規格対応についてお悩みや課題はありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 課題

    • Automotive SPICE®レベル獲得が受注条件となっているが、必要な改善活動やプロセス構築方法が分からない
  • 解決

    Automotive SPICE®・機能安全・サイバーセキュリティ対応のノウハウ・実績を活用し、効率的な組織の体制作り、プロセス整備を支援

  • 課題

    • プロセス遵守に対して、開発現場での抵抗が大きく、なかなか改善が進まない
  • 解決

    コンサルティングによる効率的な改善活動支援、PMO・PQAによる現場密着でのプロセス定着化を推進

  • 課題

    • Automotive SPICE®・機能安全・サイバーセキュリティ対応を別々に取り組み、社内ルールがダブルスタンダードとなっている
  • 解決

    Automotive SPICE®・機能安全・サイバーセキュリティを統合したプロセスを構築し、効率的に準拠

  • 課題

    • Automotive SPICE® for CybersecurityとISO/SAE 21434の両方に対応したい
  • 解決

    自己診断ツールにより、Automotive SPICE® for CybersecurityおよびISO/SAE 21434両方の遵守状況を確認可能

Automotive SPICE® 、機能安全・サイバーセキュリティ対応など、規格準拠を支援するサービス概要

Automotive SPICE®・機能安全・サイバーセキュリティ対応がOEMやTier1からの受注条件に含まれることが多くなり、規格準拠が喫緊の課題となっています。
本ソリューションでは、組織レベルでのプロセス構築支援から開発現場での活動支援まで、実際の開発経験に基づき、顧客ニーズに応じた豊富な規約準拠支援サービスを提供します。また、自己診断ツールにより、短期間・低価格での規格準拠状況のみえる化を行い、効率的な規格準拠の実現を支援します。

概要図

Automotive SPICE® 、機能安全、サイバーセキュリティ対応を支援するサービスの特長

  • PROCESS CONSULTING

    プロセスコンサルティング

    Automotive SPICE®プリンシパルアセッサー資格など、資格保有コンサルタントが組織の改善活動・品質保証体制作り、改善活動方針・計画、プロセス構築活動などを支援。

  • OPERATION SUPPORT

    開発運用支援

    Automotive SPICE® 、機能安全、サイバーセキュリティ対応の開発経験を生かし、開発現場の現状に即した規約準拠支援として、プロセス定着支援サービス(PMO)、品質業務支援サービス(PQA)を提供。

  • ENVIRONMENT SUPPORT

    開発環境支援

    自己診断サービス for Automotive SPICE®で、Automotive SPICE®、サイバーセキュリティ対応状況をみえる化し、効率的な規約準拠の実現を支援。

プロセスコンサルティング

  • Automotive SPICE®・機能安全・サイバーセキュリティ対応に必要な組織の体制作り、改善活動、プロセス構築活動を支援します。
  • Automotive SPICE®と機能安全・サイバーセキュリティ規約を統合した組織プロセスの構築を支援します。
    • 規格ごとの要求事項を整理
    • 要求事項をもとに規格間を紐付けし、規格対応ガイドラインを整備
  • 規約の解釈から開発実践まで、実例を用いたAutomotive SPICE®・機能安全・サイバーセキュリティ規約の理解・適用のための教育を提供します。
  • Automotive SPICE®プリンシパルアセッサー2名を含む、開発経験豊富なコンサルタントにより、効率的なソリューションを提供します。

開発運用支援

Automotive SPICE® 、機能安全、サイバーセキュリティ対応の開発経験を生かし、かつ開発現場の実態・課題を把握し、それぞれの開発現場に有効かつ意義のある活動(活動の趣旨や目的含む)を提案し、その上で、Automotive SPICE® 、機能安全、サイバーセキュリティの規約準拠に必要な活動を考慮したプロセス定義・テーラリングガイド構築支援、および現場へのプロセス適用支援(プロセス定着支援サービス(PMO)、品質業務支援サービス(PQA))を提供。

開発環境支援

自己診断ツールにより、短期間・低コストでAutomotive SPICE®に対する準拠状況をみえる化し、効率的に規約準拠の実現を支援します。

  • VDAスコープのプロセス・プラクティスごとに、レベル達成に必要な活動が実施されているかどうかを、質疑応答形式で確認(ギャップ分析)
  • Automotive SPICE® for Cybersecurityのプロセスも追加し、サイバーセキュリティ対応の現状把握も可能(ISO/SAE 21434とのマッピング含む)
  • 実施中のプロジェクトに対しても、診断が実施可能で、早期に不遵守課題の抽出が可能
  • 複数回(例:リリースごと)の自己診断を実施し、改善状況のみえる化が可能(改善の傾向分析)
  • 自社内の他プロジェクトとの比較により、組織レベルでのAutomotive SPICE®適用状況の確認が可能(ベンチマーク)
    • (注)実際の表示画面とは、出力イメージが異なる場合があります。

紹介動画

質問に順次答えていくだけで、プロジェクトのAutomotive SPICE®遵守状況をプロセス単位で「みえる化」。また、複数プロジェクトの結果比較により、組織全体の遵守状況も「みえる化」。適用が容易かつ、低価格で現状把握が可能な「自己診断ツール」をご紹介します。

ソリューションメニュー

お客様のニーズに合わせた最適なソリューションをご提供します。

プロセスコンサルティング

プロセス整備支援サービス for Automotive SPICE®・機能安全・サイバーセキュリティ

  • Automotive SPICE®、機能安全、サイバーセキュリティ規格に準拠したプロセス構築の支援
  • プロセス改善、サイバーセキュリティ対応に向けた組織の体制作り、プロセス改善PDCAサイクルの構築支援

コンサルティングサービス for Automotive SPICE®・機能安全・サイバーセキュリティ

  • 顧客ニーズのヒアリング、特性に応じた適切なプロセス構築アドバイス
  • Automotive SPICE®レベル達成および機能安全、サイバーセキュリティ準拠までの効率的アプローチを提案

プロセス教育サービス

  • Automotive SPICE®、機能安全、サイバーセキュリティ規格準拠に必要な知識・ノウハウと実践的なトレーニングを提供

アセスメントサービス for Automotive SPICE®、監査支援サービス for 機能安全

  • Automotive SPICE®のアセスメントの実施、および機能安全監査対応への支援

開発運用支援

プロセス定着支援サービス for Automotive SPICE®・機能安全・サイバーセキュリティ

  • 開発現場に密着した支援およびプロジェクトを定量的に監視し、上流工程での品質確保を提供

品質保証業務支援サービス for Automotive SPICE®・機能安全・サイバーセキュリティ

  • 規格に沿って行うための支援およびギャップを監視し、より良いプロセス定義を提供

開発環境支援

自己診断ツール for Automotive SPICE®

  • Automotive SPICE®、Automotive SPICE® for Cybersecurity、ISO/SAE 21434に対する準拠状況を自己診断による確認が可能

価格

個別にお見積もりいたします。
お問い合わせボタンよりお問い合わせください。

最終更新日:2022年2月2日

関連商品・キーワード

関連リンク