Red Hat OpenShift Container Platform

Red Hat OpenShift Container Platform概要


Red Hat OpenShift Container Platform

Red Hat OpenShift Container Platform は Docker(またはPodman) と Kubernetes のエンタープライズ利用を実現するコンテナ・アプリケーション・プラットフォームです。

Red Hat OpenShift Container Platform は『コンテナプラットフォーム導入・運用支援ソリューション for Red Hat OpenShift』にてソリューションを提供しております。

詳細はこちら(別ウインドウ)

PAGE TOP

Red Hat OpenShift Container Platformのシステム構成例

Red Hat OpenShift Container Platform を本番環境で運用する際は一般的に業務アプリケーション用のコンテナが動作するコンピュートノード(ワーカーノード)、OpenShift環境を管理するためのコントロールプレーンノード(マスターノード)の2種類のノードで構成します。 各サーバーは物理サーバーの他、仮想サーバーやクラウド上のサーバーインスタンスも利用可能です。 本番環境では各サーバーの冗長化を行いますが、開発環境などの場合、すべての環境を1台のサーバー上に構築することも可能です。
また、OpenShiftを利用する際は、ソースコードを保管するためのバージョン管理システムや、外部からコンテナへアクセスするためのワイルドカードに対応したDNSサーバー、コンテナのイメージやアプリケーションデータなどを格納するためのストレージが別途必要になります。

図 1 
図 1 Red Hat OpenShift Container Platformのシステム構成例

PAGE TOP

Red Hat OpenShift Container Platform で提供される機能

Red Hat OpenShift Container Platform はコンテナの作成からスケジューリングまで、コンテナのライフサイクル全般を管理するコンテナ管理製品です。 コンテナの起動停止や、コンテナのバージョン管理、テンプレート機能を使用したコンテナの作成、コンテナのスケールなどが可能です。これらは、すべてWebベースの 管理画面より操作することができます。

Red Hat OpenShift Container Platformで提供される機能は以下のとおりです。

表 1 Red Hat OpenShift Container Platform で提供される機能
機能 説明
ダッシュボード WEBベースの管理画面と開発者向けのセルフポータルを提供します。
コンテナのビルド機能 バージョン管理システムと連携し、コンテナイメージをビルドします。
コンテナイメージのバージョン管理 ビルドされたコンテナイメージのバージョン管理を行います。バージョン管理を利用することで、環境に応じてバージョンを変更することができます。問題発生時のロールバックも容易です。
テンプレート機能 テンプレートを利用して同様の環境を迅速にプロビジョニングできます。初期ミドルウェアテンプレートとして、PHP、Perl、Ruby、node.js、python、MySQL、Red Hat JBoss Middleware などが利用できるので、導入後すぐにコンテナを利用できます。(別途オプションが必要なものもございます)
マルチテナントとアクセス制御 プロジェクト単位でネームスペースを分割し、複数のプロジェクトで独立した環境を提供します。
コンテナのデプロイと
スケジューリング
実サーバーを意識することなく、適切なサーバーへ自動でコンテナをデプロイします。障害によるコンテナ停止時は、動作可能なサーバーで自動でコンテナを再起動します。
オートスケール システム負荷上昇時に、自動的にコンテナをスケールします。
オペレーター コンテナの稼働状況をリアルタイムにコントロールします(障害時の対応やアップグレードなど)。
ルーター 外部からコンテナへのアクセス機能を提供します。

PAGE TOP

Red Hat OpenShift Container Platformサブスクリプション

Red Hat OpenShift Container Platformは、コンピュートノード(ワーカーノード)のご利用に応じてサブスクリプションが必要となります。 コントロールプレーンノード(マスターノード)に対してのサブスクリプションは不要です。 ご利用のコンピュートノード(ワーカーノード)が使用するCPUコア数(最小単位:2コア)に応じてご契約が必要となります。

PAGE TOP