ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『設備修繕計画最適化サービス』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

設備修繕計画最適化サービス

紙や表計算ソフトで管理されている設備情報を一元管理し、修繕計画を最適化します。設備管理の属人化を是正し、故障リスクの低減、不要な修繕費用の削減を支援します。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • システム化されていないため、修繕計画の見直しが行われず、非効率な計画となっている

    システム化により修繕計画の見直しが容易に行え、修繕計画の最適化を促進する

  • 設備の稼働状況を修繕計画に反映しづらいため、稼働が少ない設備の修繕コストの削減が困難

    設備の稼働実績に基づき、システムが自動的に最適な修繕周期を提案、修繕コストを削減

  • 属人的な管理のため現場任せとなり、適切な修繕管理ができているか監視が困難

    システム化による標準化で属人要素を排除して、修繕管理の見える化を実現

課題

導入効果

1. 最適な修繕時期提案により、余分な修繕費用の抑止

突発的な修理による計画変更日常点検結果から、最適な修繕計画をシステムが提案します。

最適な修繕時期提案により、余分な修繕費用の抑止

2. 修繕計画が一目瞭然で見落とし防止

修繕計画をガントチャートで見える化し、修繕期限切れの機器はマークでお知らせすることで修繕予定の見落としを防止します。

修繕計画が一目瞭然で見落とし防止

3. クラウド上で簡単に管理。いつでも最適な修繕プラン

複数のビルや施設の設備台帳・修繕計画表を電子化しクラウド上で管理することで、同じ設備台帳や修繕計画を遠隔で共有できます。

クラウド上で簡単に管理。いつでも最適な修繕プラン

特長

お客様だけでは難しい設備台帳入力も、導入支援サービスで業務プロセスの確認から設備台帳入力まで支援可能です。
クラウドサービスでの提供のため、ハードウェアの維持管理不要でシステム運用コストを大幅削減します。
登録設備数や、利用ユーザー数に依存しません。

ユースケース

設備管理を必要とするさまざまな業界で活用いただけます。

ユースケース

機能

設備台帳機能 建物に存在するあらゆる設備を台帳として登録・管理する機能です。
修繕計画管理機能 設備台帳に対する修繕計画を作成・管理する機能です。
ガントチャート形式のビジュアルな画面で計画を管理できます。
交換周期に基づく修繕予定の計算 修繕予定を自動で生成する機能です。設備台帳に入力した「交換周期」「想定稼働時間」にもとづき、修繕予定を計算します。
稼働実績に基づく修繕予定の計算 修繕予定を自動で生成する機能です。稼働実績を登録することで、次回の修繕予定を再計算して更新します。
修繕計画の予算管理 修繕計画の予算管理を行います。修理履歴を登録することで実績推定も管理できます。
日常点検結果の登録 所定のフォーマットで日常点検の結果を登録します。外部の点検管理システムと連携して本システムに入力することを想定しています。
修理履歴の登録 所定のフォーマットで修理履歴を登録します。外部の修理履歴管理システムと連携して本システムに入力することを想定しています。

サービスご利用画面

画面構成(設備台帳画面)

画面構成(設備台帳画面) 拡大する

画面構成(修繕計画管理画面)

画面構成(修繕計画管理画面) 拡大する

関連キーワード

最終更新日:2021年11月2日