ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『マニュアル制作ツール WikiWorks』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

マニュアル制作ツールWikiWorks

ロゴ WikiWorks

WikiWorksは、今までのチームの働き方、マニュアルの作り方を変えるオンラインドキュメントシステムです。操作は直感的かつシンプルで、誰でも、いつでも、どこからでもマニュアルを制作できるプラットフォームです。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • マニュアルをもっとスピーディに制作・公開したい。

    マニュアルの制作から公開まで、ワンストップでの運用が可能です。

  • マニュアルなど外注しているドキュメントを内製化したいが、経験も知見も不足している。

    Wordライクに誰でもすぐに使えるインターフェースを提供しています。

  • リモートワークでマニュアルを制作したい。

    ブラウザ上で1つのファイルを共有しながら同時編集やレビュー、バージョン管理や差分出力などができるため、離れた場所にいるメンバーとの共同作業が可能です。

WikiWorks 概要

リモート環境でマニュアル制作の全作業を完結できるプラットフォーム

チーム編集、関係部門のレビュー、印刷用・Web用のデータへの変換、公開までをワンストップで実現。

リモート環境でマニュアル作成の全作業を完結できるプラットフォーム

システム開発と連動したマニュアル制作が可能

情報を部品化してコンテンツとして一元管理し、チームで共有しながらマニュアルの制作やレビュー、改訂を行うことができます。システム開発の進捗に連動してコンテンツを制作できるため、システムの修正に伴う手戻り作業を軽減でき、マニュアル制作にかかる時間を大幅に短縮できます。

システム開発と連動したマニュアル制作が可能

特長

部門を越えてチームでつくるマニュアル

  • 誰でもすぐに使えるインターフェースで、簡単にマニュアルを制作。Wikiベースのチームライティングを実現します。
  • マニュアルに対する指摘や改善コメントをマニュアルの該当箇所に紐づけて管理します。

さまざまなツールとの連携

翻訳ツール、チケット管理ツール、チャットツールとの連携が可能。管理工数やコストを削減できます。

主な機能

  • コンテンツパーツの一元管理による「見える化」

    コンテンツパーツの一元管理による「見える化」

  • マニュアル制作に特化した編集補助機能

    「章番号の自動ナンバリング」「コンテンツの変更履歴」「ワークフロー管理/タスク表示」「改訂履歴ページの自動生成」など、マニュアル編集効率を向上。

    マニュアル制作に特化した編集補助機能
  • マルチアウトプット

    レスポンシブHTML、ePub、Microsoft Wordの出力が可能。 インポート機能で、既存資産も再利用可能。

    マルチアウトプット
  • 多言語翻訳の効率化

    Webブラウザ上で原稿と翻訳支援ツールとのデータ連携を自動化。差分抽出と翻訳原稿の反映を自動化するため、煩雑になりがちな翻訳作業を効率化できます。

  • 柔軟な構成管理

    いくつかのコンテンツをまとめてひとつの『ブック』という単位にまとめて管理。膨大なコンテンツの管理を劇的に効率化します。

  • ユーザー属性に応じたダイナミック配信機能

    営業担当、開発担当、関係会社などログインユーザーごとに、表示されるコンテンツを設定できます。

価格

お問い合わせボタンよりお問い合わせください。

※WikiWorksは、ナレッジオンデマンド株式会社の商標です。

最終更新日:2020年8月6日