日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2012年10月15日
株式会社日立ソリューションズ

Javaコード診断ツールにAndroidオプションを追加
非効率なコードを指摘し、アプリの品質と性能を向上

図:コーディング診断画面例

株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:林 雅博/以下、日立ソリューションズ)は、集中型Javaコード診断ツール「anyWarp CodeDirector(エニーワープ コードディレクター)」のAndroid向け機能を強化し、「anyWarp CodeDirector Android オプション」として、10月16日から販売を開始します。Androidオプションでは、Android特有のルールにより非効率なコードを指摘することで、Androidアプリケーション開発を効率化し、品質と性能を向上します。

スマートデバイス市場の急速な成長に伴いAndroidアプリケーションの開発が広く行われています。より高性能なAndroidアプリケーションを開発するためには、デバイスの処理能力やメモリーなどを考慮したコーディングが重要です。
 「anyWarp CodeDirector」は、Java開発のコーディングルール違反をプロジェクトで定めた標準化ルールに従って組織的にチェックし、ソフトウェアの品質管理を行う製品です。Androidオプションでは、Google社が公開しているAndroidアプリケーション開発用ガイドラインに則ったコーディングスタイルの診断に加え、使用すると性能が低下する浮動小数点演算を指摘するなど、性能を向上させるためのコーディングルールを追加しました。

■ 「anyWarp CodeDirector」の特長

1. 開発者向け機能 : Java統合開発環境Eclipse上で随時コード診断

Java統合開発環境Eclipse上でコード診断を実行することで、開発者自身が担当しているソースコードを随時チェックすることができます。診断するだけでなく、Androidアプリケーション開発のためのコーディングスタイルを学習することが可能です。
【Android独自の主なルール】

  • ループの条件部における非効率なメソッド呼び出しや非効率なフィールド参照を指摘するルール
  • 定数にすべきフィールドを指摘するルール
  • 非効率なアクセサ呼び出しを指摘するルール

2. プロジェクトマネージャ向け機能 : プロジェクト全体で組織的なソース管理を実現

構成管理ツール(CVS、Visual SourceSafe、Subversionなど)と連携して、自動的にシステム全体のコード診断を実行します。規約違反の状況、推移、 集中箇所などの実行結果は、開発者、リーダー、プロジェクトマネージャ、品質管理部門などと共有、比較が可能です。プロジェクトマネージャは開発者に負担をかけずに、品質改善状況と推移を日々管理することができます。また、 オフショア開発の検収作業コスト軽減にも効果的です。

■ 動作環境

OS Microsoft Windows Server 2003 Standard Edition / Enterprise Edition
Microsoft Windows XP Professional
Microsoft Windows Vista Business (SP2)
Microsoft Windows 7 Professional (SP1)
Microsoft Windows Server 2008, Standard Edition (SP2) / Enterprise Edition (SP2)
Microsoft Windows Server 2008 R2, Standard Edition (SP2) / Enterprise Edition (SP2)
CentOS 6.1
Java JDK5.0, 6.0, 7.0
Eclipse Eclipse 3.3, 3.4, 3.5, 3.6, 3.7
ブラウザ Internet Explorer 7.0, 8.0, 9.0

「anyWarp CodeDirector Android V7.0」で対応した動作環境

■ 価格

製品名 価格(税込)
anyWarp CodeDirector \1,050,000(10ユーザライセンス)  ~
anyWarp CodeDirector Android オプション \210,000

■ 販売開始時期

2012年10月16日

■ 製品紹介URL

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:CSR統括本部 ブランド・コミュニケーション本部 広報・宣伝部
担当:槇田、関口
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ Javaおよび全てのJava関連の商標およびロゴは、米国およびその他の国におけるOracleの商標または登録商標です。
※ Androidは、Google Inc.の米国及びその他の国における登録商標です。
※ anyWarp CodeDirectorは、日立ソリューションズの登録商標です。
※ 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。