HIBUN Device Control出さない 秘文 Device Control

  • USBメモリ
  • デバイス
  • 制御
  • 不正コピー
  • マルウェア
  • VPN
  • 無線LAN
  • Wi-Fi
  • MTP
  • PTP

「出さない」情報漏洩対策 秘文Device Control 漏洩してはならない情報を 社外に出さない。

秘文 Device Controlとは

秘文 Device Controlとは

企業の情報インフラは社内と社外の境界を超え拡大しています。
秘文 Device Controlなら、デバイスの利用や接続先ネットワークなどをコントロールすることで、漏洩してはならない機密情報が社外へ出ることを阻止できます。

秘文 Device Controlの特長

持ち出し先のデバイスを制限できる

スマートフォン、USBメモリなどのリムーバブルメディア、有線/無線LANなどの通信機能など、さまざまなデバイスの利用をPC毎に制限し、従業員による不正なデータコピーを防止できます。

持ち出し先のデバイスを制限できる

※1 スマートフォンは、OS、製造メーカー、接続方法などの違いによって様々なデバイスとして認識されます。秘文は、これらのすべてのデバイスを利用禁止にすることで、スマートフォンへのデータコピーを防止します。

接続先ネットワークを制御できる

個人のスマートフォンなどのテザリング機能を使って、社内ネットワークのWebフィルタリングなどの仕組みを経由せずにクラウドサービスなどに接続することを禁止できます。

接続先ネットワークを制御できる

PCを利用できる場所を限定できる

管理者が接続を許可したネットワークにつながらない場所では、PCをロックし使えないようにします。工場内など、特定の場所のみで利用させたいPCの情報漏洩対策として有効です※2。

PCを利用できる場所を限定できる

※2 秘文 Data EncryptionでPC内のデータを暗号化することで、さらに強固にPC内の重要情報を保護できます。

マルウェア検出製品と連携

標的型攻撃で使用されるマルウェアは、攻撃対象の企業にあわせて作られているため、一般的なウイルス対策ソフトなどでは、感染を防ぐことは難しいのが現状です。
標的型攻撃から企業の重要情報を守るためには、「マルウェアに感染させない対策」に加えて、「感染時に被害を最小化する対策」が必要となります。

秘文 Device Controlは、マルウェア検出製品と連携することで、マルウェアに感染したPCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止できます。

マルウェア検出製品と秘文の連携ソリューション

 

機能一覧

秘文 Serverが必須 ... 秘文 Serverが必要な機能です。
デバイス制御
  • デバイス使用可否制御
    デバイス種別ごとにPCへの接続を許可するか禁止するか設定できる機能です。
  • デバイス個体識別制御
    USBメモリの個体情報または機種情報を基に、持ち出し許可/禁止を制御する機能です。
    会社が許可したUSBメモリ以外の使用を禁止させる運用が可能です。
  • 持ち出し制御
    リムーバブルメディア、外付けHDD、CD/DVD、印刷、ネットワークフォルダへのファイルの持ち出しの許可/禁止を制御する機能です。
  • 読み込み制御
    リムーバブルメディア、外付けHDD、CD/DVDについて、ファイルの持ち出しに加えて読み込みを制御する機能です。
  • 持ち出しポリシーの切り替え 秘文 Serverが必須
    秘文持ち出しポリシーの切り替えを実施する機能です。
  • ネットワーク制御
  • アクセスポイント制御
    管理者が許可したアクセスポイントのみ利用を許可する機能です。
  • 接続ネットワーク制御
    接続先ネットワークが許可されたネットワークである場合のみ接続を許可する機能です。
  • VPN利用強制
    指定されたVPNサーバを利用したVPN経由のネットワークアクセスを強制する機能です。
  • 利用モード切り替え
    社内と社外で利用を許可するネットワークを切り替える機能です。
  • エリア探知によるスクリーンロック
    管理者が許可したネットワークに接続していない場合、スクリーンロックにより、端末操作を禁止する機能です。
  • ネットワーク制御ポリシーの更新 秘文 Serverが必須
    ネットワーク制御機能における各種ポリシーを、クライアントPCへ配信、適用する機能です。
  • ログ取得
  • ログ取得 秘文 Serverが必須
    持ち出しログ、デバイスの接続ログおよびネットワーク接続(アクセスポイント)、通信先(IPアドレス、ホスト名)などのログを取得する機能です。

各機能やシステム構成例の詳細について 資料請求のご請求はこちらから

Close‐upスマートフォンを使った情報漏洩対策

PCからスマートフォンへのコピーを禁止する

スマートフォンをPCに接続すると、製造メーカ、接続方法等の違いによって、複数の異なるデバイスとして認識されます。
このことがスマートフォンに対する情報漏洩対策の盲点になることがあります。
秘文なら、これらのデバイス全てを禁止することで、スマートフォンへのコピーを禁止できます。

PCからスマートフォンへのコピーを禁止する

スマートフォンのテザリングを使用した接続を禁止する

スマートフォンのテザリングを使用すると、社内ネットワークに導入しているファイアウォールやWebフィルタリングソフト等を経由せずに、PCやタブレット端末からSNSやクラウドストレージ等に直接接続することが可能となります。このことが利用者の不注意や故意による情報漏洩のきっかけになります。

秘文は、PCやタブレット端末を、管理者が許可した特定のWi-Fiアクセスポイントやネットワークにだけ接続できるようにします。これにより、スマートフォンのテザリングを使って、利用者が管理外のネットワークに勝手に接続するのを防止します。

Wi-Fiテザリングの場合

PCやタブレット端末には、管理者が許可してないWi-Fiアクセスポイント(SSID)は表示させません。さらに、SSIDを偽装されたとしても、管理者が許可したネットワークでなければ接続させません。

Wi-Fiテザリングの場合

USBテザリングの場合

社内ネットワーク等、管理者が許可したネットワーク以外へはPCやタブレット端末を接続させません。

USBテザリングの場合

資料請求・お問い合わせ ご購入前の商品に関する ご質問・ご相談など
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月〜金(祝祭日除く)10:00〜17:30
WEBからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ