HIBUN Data Protection放さない 秘文 Data Protection

  • 委託先
  • 管理
  • 二次利用
  • IRM
  • DRM
  • 流出
  • 拡散

「放さない」情報漏洩対策 秘文Data Protection 情報を共有しても、閲覧を停止できるように手を放さない

秘文 Data Protectionとは

秘文 Data Protectionとは

企業間の情報共有が進んでいます。
秘文 Data Protectionなら、 相手先に渡した機密情報の不正利用や二次流出が発生したとしても、失効(閲覧停止)することで、情報の拡散を防ぐことができます。

秘文 Data Protectionの特長

ファイルの失効(閲覧停止)で流出した情報の拡散を防止できる

ファイル保護と失効(閲覧停止)機能により、相手先に渡したファイルが不正にコピーされたり、流出した後に拡散することを防止できます。

  1. 保護
    閲覧型機密ファイルを作成し二次利用を防止
    参照以外の操作(編集、印刷、内容のコピー、プリントスクリーン)を禁止された、閲覧専用の暗号化ファイル(閲覧型機密ファイル)を作成します※。

    閲覧型機密ファイルを作成し二次利用を防止

  2. 警告
    システムが自動で報せてくれるので流出の予兆を見逃さない
    パスワード認証に一定回数失敗するなど、流出が疑われる操作が検知されると、管理者に通知メールが届きます。操作が行われた場所を地図上で確認することもできます。

    システムが自動で報せてくれるので流出の予兆を見逃さない

  3. 失効
    ファイルを渡した後も閲覧停止で拡散を防止
    閲覧型機密ファイルは、相手先に渡した後でも、作成者側が失効(閲覧停止)させることができます。

    ファイルを渡した後も閲覧停止で拡散を防止

※ 閲覧型機密ファイルの参照には機密ファイルビューアを使用します。機密ファイルビューアはこちらからダウンロードしてご利用いただけます。

クラウドで導入費用を削減できる

サーバ機能はクラウドで提供されますので、サーバ構築が不要となり、導入コストが抑えられます。

クラウドで導入費用を削減できる

ファイル持ち出し時に閲覧型機密ファイルの利用を強制

以下の製品と連携することで、ファイル持ち出し時に閲覧型機密ファイルの利用を強制することができます。

秘文 Data Encryptionと連携

閲覧型機密ファイルのみリムーバブルメディアやCD/DVDにコピーできるように強制できます。

Clearswift SECURE Email Gatewayと連携

閲覧型機密ファイルのみメールに添付し送信できるように強制できます(2016年12月サポート予定)。

ファイル持ち出し時に閲覧型機密ファイルの利用を強制


機能一覧

ファイル保護
  • 閲覧型機密ファイル作成ツール
    閲覧専用(編集・印刷・コピー・プリントスクリーン禁止)のファイル(閲覧型機密ファイル)を作成する機能です。
  • 閲覧型機密ファイルビューア
    閲覧型機密ファイルを復号して閲覧するための、ビューア機能です。
  • ファイル管理
  • 閲覧停止(失効)
    閲覧型機密ファイルを失効させ、ファイルを閲覧禁止させる機能です。
  • ログ取得
    閲覧型機密ファイルのログを取得する機能です。ログをCSV形式で出力したり、ログからファイルの参照位置を表示できます。
  • 管理者通知
    閲覧型機密ファイルのパスワード認証に失敗した回数など、あらかじめ指定した条件を満たした場合に、管理者へ通知メールを送付する機能です。


秘文 Data Protection トライアルサービスのご案内

秘文 Data Protectionの導入を検討するお客様向けに、利用期間30日間のトライアルサービスをご提供しています。

秘文 Data Protection トライアルサービスはこちら



各機能やシステム構成例の詳細について 資料請求のご請求はこちらから

資料請求・お問い合わせ ご購入前の商品に関する ご質問・ご相談など
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月〜金(祝祭日除く)10:00〜17:30
WEBからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ