ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『プロジェクト状況可視化システム』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

プロジェクト状況可視化システム

新常態における、ソフトウェア開発プロジェクトのステークホルダ間で成果物・状況把握の共有を支援。自然言語処理に特化したAI技術「BERT」による成果物診断と既存成果物を活用可能。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 新規メンバと既存メンバ間で、成果物の品質にばらつきがあり、修正に時間がかかる。

    成果物の品質診断を実施。成果物レビュー前に、成果物の品質が均一化されることで生産性が向上します。

  • プロジェクトリーダの力量が低い場合は状況把握が漏れやすく、状況把握のために工数がかかる。

    日々自動で集計・分析しレポーティングにより、各工程間の情報をタイムリーに管理。プロジェクト全体の状況把握が容易になります。

  • 既存ツールの成果物・フォーマットを継続して活用したいが、ツール入替によりフォーマットが変更となってしまう。

    現在ご活用中のOfficeドキュメントやPDFなどをそのまま活用。ツール入替のロスコストを削減し、既存成果物を活かしたスムーズな移行が可能となります。

概要

品質不良や工期遅延リスクを早期発見し、業務効率向上を実現
「プロジェクト状況可視化システム」

自然言語処理AIによるプロジェクト計画書や仕様書、設計書の品質分析結果や、ソースコードの不具合情報などの解析結果を組み合わせ、プロジェクト全体の品質を診断し、スコアリングします。
これにより、プロジェクト管理者は、メンバーがリモートワークで分業するような状況においても、レポートから常に最新の進捗状況を把握し、問題を早期に発見できるため、手戻りを防止できます。プロジェクトメンバーは日々、報告書の作成負荷を軽減することができます。

特長

成果物の品質診断

他のツールと連携し、ドキュメントとソースコードの成果物診断を実施。

タイムリーな管理

プロジェクト状況を日々自動で集計・分析しレポーティング。

既存成果物の活用

現在利用しているドキュメントやPDF、ソース、不具合情報をそのまま活用。

成果物の品質診断

ドキュメント診断

Google社が公開している自然言語処理に特化したAI技術「BERT」*1 を活用した「活文 知的情報マイニング」を用いて、指摘内容の「確信度」で診断を実施。

*1 Bidirectional Encoder Representations from Transformers

ソースコード診断

「ソフトウェア開発支援レコメンドシステム」を用いて、実行可能パス数、循環的複雑度、コメント率などの解析結果の集約を実施。

成果物の品質診断

  • ドキュメント診断は、チェックルールをAIが学習し、文脈や言葉の意味を捉えて、高精度に判定可能
  • 成果物レビュー前に、成果物の”品質が均一化”されることで修正時間が短縮され生産性が向上

各工程の情報をタイムリーに管理

プロジェクト状況を日々自動で集計・分析し、レポーティングにより各工程の情報を俯瞰的かつタイムリーに管理できます。

各工程の情報をタイムリーに管理

  • チーム内で作業を分業化している場合でも情報共有が可能
  • プロジェクトのステークホルダである管理者・担当者ともに、プロジェクト全体の状況把握と共有が容易

既存成果物の活用

利用中のOfficeドキュメントやPDF、GitやSubversionで管理しているソース、Redmineなどで管理している不具合情報をそのまま活用できます。

各工程の情報をタイムリーに管理

  • ”ツール入替のロスコストを削減”し、既存成果物を活かしたスムーズな移行が可能

機能

価格

個別にお見積りいたします。お気軽にお問い合わせください。

最終更新日:2021年10月20日