ページの本文へ

第二十四話 「ひとり情シスの支援にも!攻めのITから守りのITまでカバーできるのはクラウドシフトソリューション」の巻|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

ITのお悩みをソリュッと解決! 特命課ソリュートくんがいく! 「ひとり情シスの支援にも!攻めのITから守りのITまでカバーできるのはクラウドシフトソリューション」の巻 「ひとり情シスの支援にも!攻めのITから守りのITまでカバーできるのはクラウドシフトソリューション」の巻

プロローグ&登場人物紹介

都内某所にある日立ソリューションズのビルの一室に古くからは存在しているが誰にも知られていない特命課が存在する。ソリュートくんのアンテナにキャッチされる様々なITのお悩みを特命課社員、甲斐結子とソリュートくんの二人で解決していく。

甲斐結子(かいゆいこ)

ソリュートくん

立戸(たてと)さんと保古(ほこ)さん

  • 1コマ
  • 2コマ
  • 3コマ
  • 4コマ

いよいよ本格化、ITシステムのクラウド化「クラウドシフト」 いよいよ本格化、ITシステムのクラウド化「クラウドシフト」

 今や、IT関連の話題ではそのキーワードを耳にしない日はないほどメジャーになった「クラウドサービス」。大企業では、これまで導入に消極的だった製造業や金融業などの企業がクラウドサービスの導入に踏み切るなど、いわゆる「クラウドシフト」が本格化しています。

 その一方で、導入推進に濃淡があるのが中堅企業です。以前のクラウドサービスは、コスト面やセキュリティ、可用性の面でオンプレミスに対するメリットが感じられなかったこともあり、導入が進んでいるとは言えませんでした。しかし、クラウドサービスベンダーがこれらの課題に対し積極的に解決に取り組みつつある今、大企業、中堅・中小企業の規模に関係なく、クラウド化のメリットは増えています。また、SaaS※1、PaaS※2、IaaS※3など、クラウド化への道のりは決して一つではなく、お客さまそれぞれに適した方法があります。

 日立ソリューションズなら、オンプレミスからの移行はもちろんのこと、システム刷新に合わせてクラウドに適した形でのシステムや、その後のお客様のビジネス変革に合わせて、クラウドの特性を活かしたソリューションを継続的に提供するなど、お客様に寄り添った、真の「クラウドシフトソリューション」を提供いたします。

※1:Software as a Serviceの略 システムの必要な機能を必要な分だけ、インターネット経由で提供するサービス

※2:Platform as a Serviceの略 ユーザのシステムを稼働させるプラットフォームそのものを、インターネット経由で提供するサービス

※3:Infrastructure as a Serviceの略 コンピュータシステムを構築し、稼動させるための基盤をインターネット経由で提供するサービス

「攻め」にも「守り」にも活かせるクラウドは、規模問わずさまざまな企業に適している 「攻め」にも「守り」にも活かせるクラウドは、規模問わずさまざまな企業に適している

攻めも守りもどんとこい!!

 導入までのスピード感が速く、柔軟性の高いクラウド。その特性は「小さく始めて、大きく広げる」という、いわゆる「攻めの経営・攻めのIT」を標ぼうするベンチャー企業的な事業に最適と考えられてきました。

 しかし、事業環境が目まぐるしく変化する今日では、どのような業種・業務においても事業に対する俊敏性や柔軟性を求められるようになっています。したがって、変化に対応できるITシステムを構築するにはクラウドが適していると言えるでしょう。

 また、クラウドは「攻め」だけでなく、「守り」のIT投資にも向いています。働き方改革、そして業務効率化・コスト削減が叫ばれる中、ITシステムの管理業務の効率化にもクラウドは適しています。サーバーやストレージなどのハードウェアの保守や、OS・システムなどの保守を社内で負担する必要がなくなる上に、ハードウェアの資産を所有する必要も無くなります。これまでのIT資産の償却期間は「5年」という概念から解放されるのです。

 このような、さまざまな点において、大企業だけでなく、中堅・中小企業においてもクラウド化の恩恵を受けられる時代になりました。

次のページ
導入担当SEが語るクラウドシフトで後悔しないために、事前に確認すべきこととは?
導入担当SEが語る クラウドシフトで後悔しないために、事前に確認すべきこととは? 導入担当SEが語るクラウドシフトで後悔しないために、事前に確認すべきこととは?
続きはこちら
クラウドシフトソリューションに関する製品詳細はこちら
  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ