ページの本文へ

Hitachi

建設業向けソリューション

SCROLL

建設業向け
ソリューションとは

建設業向けソリューションは、「高精度位置測位」、「画像判定」、「AI」など、弊社が長年培ってきたICT技術を活用することで、現場の安全性・生産性の向上を「プロジェクト管理」、「図面管理」、「検査・点検」、「安全衛生」の4つの面から支援します。
熟練者の高齢化や人手不足、それによる長時間労働や労働災害の発生など、現場が抱えるさまざまな課題を建設テック(Con-Tech)で解決し、建設・土木業界の「働き方改革」を実現しませんか?

プロジェクト管理

建設プロジェクト管理をクラウド上で一元化!

資材や人員の調達、原価管理、工程管理など、建設プロジェクトには多くの管理業務が発生します。
「プロジェクト管理」分野では、これらを1つのプラットフォームで管理することで、管理業務の効率化や発注者・受注者間のスムーズな情報共有を実現するソリューションをご用意しています。

図面管理

大量の図面データを有効活用!

今までに作成してきた膨大な数の図面を手作業で管理し、関係者間で共有するのはとても大変です。「図面管理」分野では、大量の図面をデータとして一元管理し、必要なときに必要なデータをAIで簡単に抽出することができるソリューションをご用意しています。

検査・点検

スマートデバイスを活用して作業時間を大幅短縮!

目視や計測など手作業での検査・点検作業には多くの時間と人手がかかります。また、熟練者からのノウハウ提供や作業支援も必要です。
「検査・点検」分野では、スマートデバイスとセンシング技術を組み合わせることで、だれでも、簡単に、短時間で作業が行えるようサポートするソリューションをご用意しています。

安全衛生

位置×画像×AIで現場の安全を見える化!

現場の労働災害を未然に防ぎ、作業者の安全を確保することはなによりも大切です。
「安全衛生」分野では、人やモノの位置、現場の画像/映像をモニタリングし、AIで異常や予兆を検知、速やかにアラート通知を行うことで、現場作業者の安全をリモートで支援するソリューションをご用意しています。

コラム

建設業界におけるICTのトレンドや建設テック、i-Construction...をキーワードに、関連する知識や将来展望など、
弊社のエンジニアがわかり易く解説・紹介して参りますので、ぜひご覧ください。

ページの上部へ