ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『レプリケーション&フェイルオーバーソフトウェア Double-Take』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

レプリケーション&フェイルオーバーソフトウェアDouble-Take

レプリケーション&フェイルオーバーソフトウェアでサーバーの可用性向上、およびディザスタリカバリソリューションを実現します

【トピックス】

フェイルオーバー対応アプリケーションとして、ジョブ管理製品『JP1/Automatic Job Management System 3 (JP1/AJS3) 』 をサポートしました。
ディザスタリカバリ環境の構築は、従来は業務データのみ保護していましたが、今回のサポートにより業務データからジョブ管理まで、業務システム全体の保護が実現できます。

JP1/AJS3 Double-take rogo

※本連携は、日立ソリューションズのソリューションにてご提供いたします。詳細なご紹介については、以下をご覧ください。
JP1ジョブ管理ディザスタリカバリ構築ソリューション with Double-Take

Double-Take 概要

Double-Takeは、ByteレベルでのDisk-to-Disk高速データレプリケーション、ならびにアプリケーションのフェイルオーバーを実現しデータの保全&高可用性を向上させるソフトウェアです。データ複製転送にはIPネットワークを利用するため、ローカル環境でのサーバー可用性向上、WAN 経由で遠隔地へのディザスタリカバリや可用性向上を低コストで実現できます。本ソフトウェアをご利用いただくことにより、万一のサーバー障害、自然障害、人的ミスから重要データ資産を守ります。また業務の継続性が向上することでビジネス機会損失の回避を実現します

Double-Take 特徴

高速データレプリケーション&フェイルオーバー Double-Takeは、Windowsサーバーで運用されている各種データの継続的バックアップを高速なデータレプリケーション(複製)により実現するソフトウェアです。フェイルオーバー機能も搭載されており、サーバーの二重化(冗長化)を実現しアベイラビリティ(可用性)を向上させることが可能です。
狭帯域WAN回線でも有効 データを圧縮して複製転送することができるため、狭帯域WAN回線経由で遠隔地への災害リカバリ(ディザスタリカバリ:DR)が可能です。
既存サーバー環境に簡単導入 特許取得済みの高速レプリケーション技術は、「1対1」、「1対N」、「N対1」、「メッシュ」など、あらゆるシステム構成要件に柔軟に対応することが可能です。既存のサーバー環境に導入することができ、TCOを低く押さえることができます。
リソースプランニングツール Double-Takeは「リソースプランニングツール」と呼ばれる日次トランザクション発生量の実測・分析を導入前に実施できるツールを標準搭載しています。実測したトランザクション発生データからピーク発生量を抽出、ユーザーが考える災害発生シナリオを元に運用分析を行うことで、理想的なWAN 回線幅の決定が可能です。
フルサーバーフェイルオーバー Double-Takeフルサーバーフェイルオーバーは、1対1構成(一方向)でソースサーバーのシステム領域を含むすべてのデータをレプリケーションし、障害・災害発生時には自動再起動を行い、ソースサーバーとまったく同じサーバー環境に成り代わって業務を再開することができます。

Double-Take 機能

サーバーの二重(High Availability)化

Double-Takeなら、いまお使いのサーバーの二重化が手軽に構築できます。

遠隔地サイトへの災害リカバリ/DR(Disaster Recovery)

Double-Takeなら、災害リカバリシステムをより低コストで構築できます。

仮想サーバー上でのデータ保全

Double-Takeなら、仮想サーバー上のデータも確実に保全できます。

サーバー移行時のデータ移行

Double-Takeなら、週末や休日に行われていたサーバーの移行作業が平日でも行えます。

複数拠点へのデータ配信

Double-Takeなら、既存のサーバーを運用しながら段階的に情報の共有化が行えます。

ジョブ管理システムのデータ保全

Double-Takeなら、ジョブ管理製品JP1/AJS3のデータ保全も可能です。

※ジョブ管理システムのデータ保全は、日立ソリューションズのソリューションにてご提供いたします。
詳細なご紹介については、以下をご覧ください。
JP1ジョブ管理ディザスタリカバリ構築ソリューション with Double-Take

Double-Take 導入例

Double-Take 価格 (税抜)

ソフトウェアライセンス
※初年度保守無償
Double-Take Availability for Windows Standard Edition
※インストール先OSのエディションが Standard Editionの場合
720,000円
Double-Take Availability Advanced Edition
※インストール先OSのエディションが Enterprise Editionの場合、またはクラスタ環境で利用する場合
1,080,000円
Double-Take Availability Virtual Edition for Windows (per VM)
※インストール先が仮想サーバーの場合 (物理サーバーには利用できません)
216,000円
年間ソフトウェアサポート2年目以降 お問合わせください
Double-Take設計・構築サービス 個別見積

最終更新日:2021年3月2日