イノベーションを創出するGISなら日立ソリューションズ GeoMation

GeoMation 鉄筋出来形自動検測システム

三次元撮影で、鉄筋出来形検測の効率化を。 GeoMation 鉄筋出来形自動検測システム

概要

三次元撮影で鉄筋出来形検測の効率化を支援。

鉄筋を用いる工事では出来形検測が必要ですが、スケールやノギスを使用した手作業が多く、検測~帳票作成までの作業が非常に煩雑なため、現場では作業の省力化が求められていました。

「GeoMation 鉄筋出来形自動検測システム」は、デプスカメラ(※)を搭載したスマートフォン、タブレットなどで撮影するだけで、鉄筋径、配筋間隔の計測および帳票作成までを自動出力できます。
また、デプスカメラによる三次元撮影により、多段配置された鉄筋にも対応します。

スマートフォン、タブレットを用いて1人で手軽に検測できるため、検測業務の省力化を支援します。

※ デプスカメラ:2つの赤外カメラでステレオ視することにより、物体までの距離や形状を認識できるカメラ

デプスカメラで鉄筋出来形を自動検測

特長

3つのステップで鉄筋出来形検測業務の工数を削減

①距離カメラ搭載タブレットで鉄筋の距離画像およびRGB画像を撮影
②距離画像とRGB画像より鉄筋部分を抽出し、鉄筋本数・鉄筋径、鉄筋ピッチを自動計測
③結果を帳票に出力
(帳票作成機能は日本コンピュータシステム株式会社のクラウド帳票生成サービスと連携しています。)
帳票に出力

システム活用の効果例

業務の効率化

鉄筋出来形自動検測システムを用いることで、従来の計測作業、写真撮影作業、帳票作成作業を大幅に短縮することができ、検測の省力化・効率化が可能になります。

検測品質の向上

デプスカメラの三次元データ活用により、メジャーの設置やノギスによる手作業での検測のバラツキを防ぐことができ、検測品質の向上と平準化を支援します。

関連ソリューション

関連情報

ニュースリリース

日立ソリューションズ ニュースリリース「リアルタイム鉄筋出来形自動検測システムを開発」(2019/12/23) 

三井住友建設株式会社様 ニュースリリース「リアルタイム鉄筋出来形自動検測システムを実現場で導入開始」(2020/11/02)

事例紹介

三井住友建設株式会社様の建設現場で鉄筋出来形自動検測システムを試行

Column

地理情報システムに関する空間情報活用コラムを不定期に掲載しています。ビジネスで地理情報システムを活用する際に役に立つ基礎知識や、将来の展望などをやさしく紹介していますので、ぜひご覧ください。