ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『マイクロフォーカスエンタープライズ社製品 』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

マイクロフォーカスエンタープライズ社製品

モダンなDevOpsを実践する企業・組織においては、アプリケーションの品質を確保するとともに、市場への投入スピードを加速させることが必要となります。マイクロフォーカスエンタープライズ社の製品は、ソフトウェア開発ライフサイクルの全体プロセスの効率化だけでなく、その規模の拡大にも対応するシームレスなツールセットです。

概要

アプリケーションデリバリー管理(Application Delivery Management)

標準化されたDevOps環境をご採用いただくことにより、アプリケーションデリバリーのライフサイクル(要件定義~開発~テスト~リリース~運用~改善要求への対処)全般に渡って、迅速かつ安定的なフィードバックループを回すことができるようになります。このような包括的なデリバリーの支援によって、企業はビジネスにおける顧客価値やコア・コンピタンスの創出に対して、より集中できるようになります。

カバーする領域と製品

機能テスト自動実行

UFT One

UFT Oneは、さまざまなシステム(GUI/API)のテストを自動化するための、機能テスト・画面テスト自動実行ツールです。機能追加・修正時の既存機能確認テストにかかる作業を自動化することで、確認時間の削減や、品質向上を実現できます。

お勧めするポイント

機能概要

以下の4ステップで非常にシンプルにテスト自動化を実現できます。

負荷テスト自動実行

LoadRunner Professional

LoadRunner Professionalは負荷テストツールのデファクトスタンダードです。テストスクリプトの作成・編集、テスト実行から解析、スクリプト管理まで、負荷テストに関するあらゆるニーズに対応しています。

お勧めするポイント

機能概要

基本的なシステムは、「VUGen」「コントローラ」「ロードジェネレータ」「アナリシス」の4つのコンポーネントにより構成されます。
「VUGen」により負荷テスト用スクリプトを作成し、それらのスクリプトに基づいたシナリオによる負荷テストを「コントローラ」で実行・管理します。負荷の生成はオンプレミス、またはクラウド上に設置された「ロードジェネレータ」が管理します。負荷テスト実行結果は、「アナリシス」によってグラフ化やレポート出力することができます。

機能概要

アプリケーションセキュリティソリューション

Fortify

Fortifyは、アプリケーションセキュリティテストを幅広くサポートする製品・サービスであり、プロアクティブなセキュリティ対策を支援するソリューションです。ソフトウェア開発ライフサイクルにセキュリティ対策を組み込むことで、セキュリティの「Shift Left」を実現します。

ソフトウェア開発ライフサイクル全体に渡るセキュリティポリシーの改善

お勧めするポイント

Fortifyソリューションの概要

Fortify Static Code Analyzer
ソースコードから脆弱性を検出します。25種類のプログラミング言語に対応し750種類以上の脆弱性カテゴリーを検出できます。開発ツールやIDEと統合できるため、開発者が気軽に利用できます。

Fortify WebInspect
Fortify WebInspect Agent(Fortify WebInspectにライセンスは含む)

Webアプリケーション・Webサービスを実際に動作させて分析し、脆弱性を検出します。ガイド付きスキャン設定で初心者でも簡単に脆弱性スキャンができます。 モバイルアプリにも対応しています。
Fortify WebInspect Agentを利用すると、より詳細な情報をより素早く入手することができます。

Fortify Application Defender
本番環境において、アプリケーション自身が攻撃を検出し防御する、RASPテクノロジーに基づいたソリューションです。

最終更新日:2020年3月6日