ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『統合エンドポイント管理ソリューション MobileIron UEM』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

統合エンドポイント管理ソリューションMobileIron UEM

※UEM:Unified Endpoint Management

MobileIron(モバイルアイアン)はスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスだけでなくPCまで一元管理することができる進化系MDM*1です。

ワークスタイル改革により、スマートフォンやタブレットといったモバイルデバイスやPCによるテレワークへの移行が急速に進んでいます。
自由に持ち運べるこれらのデバイスは、社内のデバイスに比べ、利用者と紐づけてデバイスの状態を把握することや、デバイスの状態を最新に保つといった管理が難しくなります。
また外出先での紛失・盗難やデバイスからの悪意ある企業システムへのアクセスにより機密情報の漏洩といったリスクがあります。
BYODで利用する場合にはこれらのリスク管理はいっそう難しくなります。

MobileIronは進化したMDM機能により、一貫したセキュリティポリシーをデバイスに展開してこれらの課題を解決します。

*1:Mobile Device Management

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 会社支給デバイス・BYODを“安心・安全”に業務で利活用したい。

    企業ポリシーに応じたセキュリティ設定をデバイスに強制したり、デバイスから企業システムやクラウドサービスへのアクセス制御を行うことができます。盗難・紛失時には遠隔操作でデバイスの初期化が可能です。

  • PCやモバイルデバイスといったさまざまなOSのデバイスを統合的に管理したい。

    数十~数百といった小規模から数万~数十万といった大規模まで、主要OS(iOS/iPadOS/Android/Windows10/macOS)のデバイスを一元管理することができます。

  • ユーザービリティ(使い勝手)を重視した管理を行いたい。

    デバイス上のアプリケーション、データ、通信を業務用と個人用に分離できます。セキュアブラウザーと異なり、各OSに提供される生産性の高いアプリを活用できるため、ユーザービリティを損なうことなく管理することが可能です。

MDMとは

MDM(モバイルデバイス管理)とは一般的には、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを管理する機能です。進化したMDMではさらに、モバイルデバイスだけではなくPCを含めたさまざまなデバイスの管理およびセキュリティ対策機能を提供します。

進化したMDM機能

                                   

進化したMDMを導入することで、テレワークなどで利用するモバイルデバイスのセキュリティを強化し、管理者の運用管理負荷を軽減することが可能です。

MobileIron(モバイルアイアン) 概要

MobileIronは、モバイルアイアン社によって開発された統合エンドポイント管理製品で、モバイルデバイスからPCまで一元管理することができます。
デバイス管理やデバイス紛失時のリモートワイプといったMDMの基本機能のほか、許可されたアプリだけがVPN接続を可能とするPer-App VPN、クラウドサービスへのアクセス制御といった先進的で豊富な機能を提供します。
ユーザーエクスペリエンスと高度なセキュリティを両立するMobileIronのソリューションによって企業情報へのシームレスでセキュアなアクセスを実現可能です。

会社支給デバイスの管理のみならずBYODの管理においても高い効果を発揮します。

MobileIron(モバイルアイアン) 特徴

概要図

MobileIron(モバイルアイアン) 機能

統合エンドポイント管理

Per-App VPN / クラウドアクセス制御

モバイルデバイス脅威対策

MobileIron(モバイルアイアン) 価格

MobileIronライセンス 個別見積もりいたします。
MobileIron導入サービス 個別見積もりいたします。

最終更新日:2020年6月30日