日立ソリューションズ『統合エンドポイント管理ソリューション Ivanti Neurons for MDM』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

統合エンドポイント管理ソリューションIvanti Neurons for MDM

※MDM:Mobile Device Management

Ivanti Neurons for MDM(旧名:MobileIron UEM)はスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスだけでなく、WindowsやmacOSまで一元管理することができる進化系MDMです。
ワークスタイル改革によりテレワークへの移行が急速に進んでいるだけでなく、複数デバイスを併用するスタイルも普及してきています。社内のデバイスにテレワークデバイスが加わったことで台数が多くなり、キッティングや利用者ごとのデバイス状態の把握、デバイスの状態を最新に保つといった管理が難しくなります。
また、外出先での紛失・盗難や外部からの悪意ある攻撃によって、持ち出しデバイスから企業システムへの不正アクセスや機密情報が漏洩するといったリスクがあります。

Ivanti Neurons for MDMは進化したMDM機能により、一貫したセキュリティポリシーをデバイスに展開し、会社支給デバイスのみならずBYODも含め、これらの課題を解決します。

MobileIron Japan Partner of The Year 3年連続受賞

MobileIron Japan Partner of The Year

日立ソリューションズは、2013年よりMobileIronの取り扱いを開始。
さまざまな業界の企業にご提案・導入をしてきており、MobileIronの豊富な機能すべての構築支援実績があります。また、導入・運用サポートなど迅速かつ柔軟に対応します。
2018年から2020年、国内で最もMobileIronを販売した代理店として、MobileIron Japan Partner of The Yearを3年連続で受賞しました。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 会社支給デバイス・BYODを“安心・安全”に業務で利活用したいが、設定が大変

    企業ポリシーに応じたセキュリティ設定をデバイスに強制したり、クラウドサービスへのアクセス制御を行うことができます。各種設定や証明書などを自動配信できるうえ、デバイス販売業者と事前に連携することで「ゼロタッチ・キッティング」を行うことも可能。盗難・紛失時には遠隔操作でデバイスの初期化が可能です。

  • PCやモバイルデバイスといったさまざまなOSのデバイスを統合的に管理したい。

    数十から数百といった小規模から数万から数十万といった大規模まで、主要OS(iOS/iPadOS/Android/Windows10/macOS)のデバイスを一元管理することができます。

  • ユーザービリティ(使い勝手)を重視した管理を行いたい。

    デバイス上のアプリケーション、データ、通信を業務用と個人用に分離することで、セキュリティと使いやすさの両方を維持。セキュアブラウザーと異なり、各OSに提供される使い慣れたアプリをそのまま活用できるため、ユーザービリティを損なうことなく管理可能です。

MDMとは

MDM(モバイルデバイス管理)とは一般的には、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを管理する機能です。進化したMDMではさらに、モバイルデバイスだけではなくPCを含めたさまざまなデバイスの管理およびセキュリティ対策機能を提供します。

進化したMDM機能

                                   

進化したMDMを導入することで、テレワークなどで利用するモバイルデバイスのセキュリティを強化し、管理者の運用管理負荷を軽減することが可能です。

概要

Ivanti Neurons for MDM とは

Ivanti Neurons for MDMは、モバイルデバイスからPCまで一元管理することができる統合エンドポイント管理製品です。
ユーザーエクスペリエンスと高度なセキュリティを両立するIvanti Neurons for MDMのソリューションによって企業情報へのシームレスでセキュアなアクセスを実現可能です。会社支給デバイスの管理のみならずBYODの管理においても高い効果を発揮します。

またIvanti Neurons for MDMは、社内外問わず、情報資産へのあらゆるアクセスを信頼せず、常に正当なアクセスであるかを検証したうえでアクセスを認可する「ゼロトラストセキュリティ」実現への第一歩としても効果的な製品です。ゼロトラストセキュリティは、一般的にID管理・認証とデバイス管理(MDM)から構築していくことが推奨されています。Ivanti Neurons for MDMはMDMとしてゼロトラストセキュリティのベースラインを提供するだけでなく、OktaやAzure Active DirectoryといったID管理・認証製品との連携(ユーザー認証にデバイス認証を追加するなど)を行うことができます。さらにZscalerSplunkといったゼロトラストセキュリティを構成するほかの製品との連携も可能です。

Ivanti Neurons for MDM 特長

概要図

Ivanti Neurons for MDM 機能

統合エンドポイント管理

Per-App VPN / クラウドアクセス制御

モバイルデバイス脅威対策

ライセンス・サービス体系

ライセンス

Secure UEM Secure UEM
+MTD
Secure UEM
Premium
Secure UEM
Premium
+MTD
Secure UEM
Premium
+ZSO
Secure UEM
Premium
+ZSO
+MTD
デバイス登録・構成管理
アプリ配布・構成管理
リモートサポート支援
レポート・監査ログ
管理ポータルSAML連携
ディレクトリ連携
(LDAP/AD/AzureAD)
Azure AD/M365連携
Apple Business Manager連携
Android Enterprise
Ivanti Sentry
セキュアアクセス
(ブラウジング、メール、共有フォルダ)
Ivanti Access
条件付きアクセス
パスワードレスサインイン
Ivanti Threat Defense
モバイルEDR
(対象:iOS/iPadOS、Android)

サービス

PoC支援サービス

導入支援サービス

技術支援サービス

ポリシーアセスメント/最適化支援サービス

Ivanti Neurons for MDM 価格

資料請求・お問い合わせボタンよりお問い合わせください。

最終更新日:2023年6月30日