ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『Splunk』のシステム、サービス概要・価格や、解決出来る課題についてご紹介します。

マシンデータ利活用基盤ソリューションSplunk (スプランク)

マシンデータを、すべての人に、アクセス可能に、便利なものに、そして価値あるものに。

Splunk最新情報のご案内

セミナーなどのイベント情報は、当HPで順次ご案内していきます。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 大量のマシンデータを検索可能な状態で保存したい。

    Splunkは1日あたり数TBのテキスト形式のマシンデータを読み込み、解析し、保存することができます。

  • リアルタイムにマシンデータを解析し確認したい。

    Splunkはマシンデータを監視し、解析した結果をリアルタイムにアラート通知することができます。

  • 利用できていないマシンデータを有効に活用したい。

    Splunkは構造化の有無に関係なく、複数の種類のマシンデータを横断的に解析でき、新しい価値創造を支援します。

Splunk の概要

テキスト形式のあらゆるマシンデータを利用可能

「マシンデータ利活用基盤ソリューション Splunk」は、サーバーやネットワーク機器、業務システム、センサーなどのマシンデータを収集、インデックス化することで、リアルタイムに検索、分析、可視化することが可能な企業向けビッグデータ分析ソフトウェアです。

運用業務の効率化と向上、セキュリティコンプライアンス対応、ビジネス分析などさまざまな分野で活用できます。

日立ソリューションズなら

活用例

SIEM(Security Information and Event Management:セキュリティ情報イベント管理)での活用例

サイバー攻撃や内部不正等の様々なシステムログを一元的に収集、分析し、セキュリティの脅威を見える化します。既知のシグネチャーベースの対策(ウイルス対策製品、IDS/IPS *1)では検知できないマルウェアや、内部犯行による個人情報漏洩の早期発見により、被害の最小化に貢献します。

標的型攻撃を受けた端末の特定 イメージ図

*1 IDS/IPS(Intrusion Detection System/Intrusion Prevention System):通信回線を監視し、ネットワークへの侵入を検知して管理者に通報(IDS)する、もしくはネットワーク遮断(IPS)するシステム

ITOA(IT Operations Analytics :IT運用アナリティクス)での活用例

サーバーやネットワーク、アプリケーションなどが出力する膨大なシステムログを一元的に収集、分析し、IT運用における問題を見える化します。局所的な問題からITシステム全体に与える影響の早期発見を支援し、被害の最小化、運用の高度化に貢献します。

関連するニュースリリース:

2015年 7月

システム要件

サポートプラットフォーム、推奨ハードウェアについては以下をご覧ください。

System requirements(Splunk社サイト)

ライセンスの考え方

ライセンスは、Splunkに取り込む1日あたりのデータ取り込み量で変わります。
1GB以上1GB単位で任意の容量を購入することができます。
詳しくは当社までお問合せください。

Splunk評価版のダウンロード

Splunk 過去の受賞履歴

最終更新日:2019年9月11日