ページの本文へ

Hitachi

Microsoft ソリューション Microsoft ソリューション

サポート終了期限迫る!
サポート終了対策

※ EOS:End Of Support

サポート終了とは

2019年から2020年にかけて、企業IT担当者にとって憂鬱な問題が迫っています。
多くの企業で広範に導入され、企業ITにおいてかなりのウェイトを占めるマイクロソフト製品のEOS(サポート終了)対策です。
2019年7月の「 SQL Server 2008 / R2 」に続き、2020年1月に「 Windows Server 2008 / R2 」と「 Windows 7 」で山場を迎え、同年10月には「 Office 2010 」…と主力製品のEOS(サポート終了)が続きます。
※ EOS:End Of Support

図版:マイクロソフト主要製品のEOS予定


ほとんどのマイクロソフト製品は、市場投入後5年間のメインストリームサポートと、それに続く5年間の延長サポートの10年間を経てEOSを迎えます。 この時点でセキュリティ更新プログラムや有償サポートを含むすべてのサポートが受けられなくなります。 それ以降は新たな脅威に対し無防備な状態になり情報漏洩などのリスクが高まるため、例外なく最新バージョンへの乗り換えが必要となります。

図版:サポート終了後は脅威に対し無防備の状態に

今回のマイグレーションでは、シンプルに最新製品に乗り換えればOKだったこれまでとは少し事情が異なり、より深く複雑なアプローチが求められます。 その背景にあるのが下記2つの事情です。

クラウドノーマル時代への対応

クラウドファーストならぬクラウドノーマルの時代に突入している今日。システムのクラウド移行を前提に検討するとなると、単なるマイグレーションでは済まなくなります。
マイクロソフトのクラウドプラットフォーム Microsoft Azure なら、クラウド移行と同時のマイグレーションを最小限の工数・時間で実現できますが、導入後の運用もオンプレミスとはまったく異なることから、今から余裕をもって準備を進める必要があります。

Microsoft Azure

ソリューション選択肢の拡大

Office ソフトをクラウド型で提供する Office 365 が登場したのが2011年6月。
クライアントPCやサーバーのOS製品で“WaaS(Windows as a Service)”コンセプトを打ち出してきた延長で、Windows 10・Office 365・EMS( Enterprise Mobility + Security )をパッケージで提供する Microsoft 365 も新たに登場しています(2017年11月)。
導入済みの製品をそれぞれ最新版に移行するだけでなく、こうした最新ソリューションも踏まえ最適な選択を行う必要があります。

Microsoft 365

Inspire 2018 緊急レポート:Azure 移行でさらにサポート延長!の特典発表

7月15日から19日まで米国のネバタ州ラスベガスで開催された Microsoft Inspire 2018 では、今年もさまざまなニュースが発表されました。 このイベントは、全世界132か国から 1万7000名以上のパートナーが集まり、マイクロソフトのビジョン、戦略、製品、それらをベースとした ソリューション情報ならびに業界情報のセッションや展示会を通じて、まさにInspireされるイベントです。今回このイベントにおいて、 SQL Server 2008 / R2 および Windows Server 2008 / R2 のサポート終了に関する新たなオプションが発表されました。

Inspire 2018 緊急レポート・イメージ

このオプションは「 Microsoft Azure だけが SQL Server 2008 / R2 および Windows Server 2008 / R2 用の 延長セキュリティ更新プログラムを無償で提供する」というものです。これにより、対象製品を Microsoft Azure Virtual Machines に移行するだけでサポート終了からさらに3年間にわたって保護されることになります。 まずはクラウド化を進めることで将来に向けた計画に時間を十分にかけたうえで、SQL Server 2017 や Windows Server 2019 などの 新しいバージョンへのアップグレードや、Microsoft Azure で提供されるリッチなプラットフォームやデータ サービスの活用を実施することが できます。サポート期間が終了する前にすべての資産をアップグレードすることが難しい場合には、まずオンプレミス環境の Microsoft Azure 移行からご検討されてみてはいかがでしょうか。

EOS対策ソリューション for Windows Server 2008

※EOS:End of Support

モダナイゼーションの第1ステップとして、お客様のオンプレミスの既存システムを Microsoft Azure へクラウドシフト致します。サードパーティの移行ツールを利用することで、オンプレミス(VMware、Hyper-V)や他クラウド(Amazon Web Services)から Microsoft Azure の仮想マシンへの移行をスピーディかつ確実に実現いたします。

また移行元・移行先のシステムを並行稼働させながらシームレスにデータの同期を行えるので、移行元のシステムに影響を与えずに移行先のシステムを安心して動作確認いただけます。


クラウドシフトに関するメニューとしましては、「コンサルティング」・「マイグレーション」・「仮想ネットワークとセキュリティ」・「マネージドサービス」の4つをご提供することで、下記のようなお客様のお悩みを解決致します。

  • どうやってクラウドを使ってシステム構築したらいいか分からない
  • クラウドの新しい技術を使ってシステムをモダナイズ(最新化)したい
  • 既存システムの棚卸を行い、サーバーの統合・廃止をすることで運用コストを削減したい
  • OSのサポート終了をきっかけにクラウド環境に移行したい
  • パブリッククラウドでもオンプレミスと同様のセキュリティを確保したい
  • クラウド監視・運用だけでなく、アプリケーションの問い合わせなどを含めた幅広い対応をしてほしい
  • Microsoft Azure のライセンスを包括的に提供してほしい

詳細情報はこちら からご覧ください

■Microsoft Azure へのクラウドシフト


■ご提供メニュー

EOS対策ソリューション for SQL Server 2008

※EOS:End of Support

EOSを迎える SQL Server の移行や延命をお考えのお客様をご支援致します。

Data Migration Assistant による事前アセスメントを実施することで、異なるバージョンのSQL Serverへ移行するための診断・評価を実施することができます。診断・評価によって移行に伴う問題を把握することで、コストの最適化や移行に伴うリスク低減を考慮した移行計画につなげてまいります。


詳細情報はこちら からご覧ください


■ご提供メニュー


■SQL Server の EOS 対策:移行シナリオ

EOS対策ソリューション for Windows 7

※EOS:End of Support

コンサルティングから導入まで Windows 10 を安全、確実に導入・支援致します。

Windows 10 の仮想デスクトップをご導入いただくことで、働き方改革の一環として情報漏洩のリスクを低減しながら在宅勤務を推進することが可能になります。


Exchange Server 2010 または Share Point Server 2010 のEOS対策としまして、Office 365 の導入・Exchange Server 2016 または Share Point Server 2016 へのアップグレードをご支援させていただきます。

Office 365 をご導入いただくことで、インターネットにつながるさまざまなデバイスから最新機能の Office を利用することができます。またオンプレミスのように自前でサーバーを購入して運用する必要がなくなるため、初期費用や運用費用を削減することが可能です。


詳細情報はこちら からご覧ください


■ご提供メニュー Windows 7・Office EOS対策



■ご提供メニュー Exchange・SharePoint Server 2010 のEOS対策

『Office 365 への移行』

関連ソリューション

導入についてや、費用、事例など、お気軽にご相談ください。
資料請求・お問い合わせ
各種Microsoft ソリューション情報をダウンロードしてご覧いただけます。
カタログ・資料ダウンロード
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ