ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『バーコード活用ソリューション powered by SCANDIT』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

現場向けDX支援ソリューションバーコード活用ソリューション powered by SCANDIT

検品・配送業務の効率化

複数のバーコードやQRコードを瞬時に高精度で読み取り、基幹システムや業務システムの情報と組み合わせることで、お客様のデジタルトランスフォーメーションを推進し、企業の業務革新を実現いたします。

概要

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 手作業による検品や出荷物の管理、返品管理のため効率が悪く、集計ミスなどによる業務遅延が発生する

    既存業務での仕分けミスによる誤出荷、点検漏れなどの見直し、改善

    検品支援モデル

  • 物流業務において荷物のバーコード読込の認識率、読込速度が低く業務効率が悪い

    高速、高精度な読込性能を持つ入荷検品業務ソリューションで物流業務の効率化を実現

    検品支援モデル

  • ピーク時の対応の人的スキル依存がある

    人員適正配置と本来業務への集中、要員の有効活用

    検品支援モデル

  • 複数人でダブルチェック、エビデンス(写真)を取得をしているため、ドライバーの荷待ちが発生している

    記録による対応人員の簡素化

    配送支援モデル

  • 紙運用のため、適正数値、使用率が把握できていない。
    伝票などの紛失リスク、保管、検索負担が大きい

    紙運用からデジタルデータへの置き換えによる効率化

    検品支援モデル 配送支援モデル

バーコード活用ソリューション for SCANDITとは

SCANDITのモバイル・コンピュータビジョン技術を、スマートデバイス上の業務アプリケーションに組み込み、クラウド側アプリケーションと連携することで、バーコード、QRコードを使用する様々な業務プロセス改善します。

バーコード活用ソリューションは、スマートフォン上のモバイルアプリケーションと、クラウド上のサーバーアプリケーションで構成されます。 当ソリューションの特長は、製品の検品や資産棚卸、物流、流通業での物品管理を提供できることです。

バーコード活用ソリューション概要

Scandit Japan Award 2020 の受賞

Best  Solution Provider Award 2020

SCANDITのパートナー企業を対象に、日本市場における企業認知度向上、及びスキャンディット製品の拡販や市場拡大への貢献を、各社の実績に基づいて表彰

検品支援モデル

入荷検品から出荷検品まで倉庫業務効率化を支援します。

検品支援モデル概要イメージ
  1. マトリックススキャンの複数バーコード一括スキャンで、荷物検索、入出荷作業の時間を短縮し、総配送業時間、出荷ピーク時の荷待ち時間を削減

  2. AR機能による、大きい文字表示、色付けされたオーバーレイで、チェック漏れや数え間違いによる誤仕分けを防止し、再出荷、入荷遅れを軽減

  3. スキャン作業と同時に静止画取得により、総検品作業の時間短縮、作業証跡の保存、検索が可能

  4. バーコードスキャンで業務のペーパレス化より、デジタル管理による統計・分析が容易に実現

  • 検品支援モデルのデモ
  • 再生時間: 2分04秒
  • スマートフォン側で、出荷チェックのカウントとそのエビデンスを取得し写真とあわせてサーバーへ証跡を保存、管理用のWEB画面側で当日の現場作業実績を簡単に見ることができる

機能

スナップショット機能

同一商品・同一バーコードに対し、複数バーコードを一括スキャンし、マスタデータとの突き合わせ結果を〇✕表示する。

スナップショット機能

スイープ機能

ユニークバーコードに対し、複数バーコードを一括スキャンし、マスタデータとの突き合わせ結果を表示する。

スイープ機能

AR(拡張現実)表示機能

同一商品・同一バーコードに対し、複数バーコード上にデータをAR(拡張現実)表示し、作業の抜け漏れ防止を実施。同時に、一括スキャンして個数カウントした結果をマスタデータとの突き合わせ、結果を〇✕表示する。

AR(拡張現実)表示機能

配送支援モデル

荷物登録から配達までの物流業務のDX化で作業効率向上を支援します。

検品支援モデル概要イメージ
  1. スマートデバイスの活用により、
    • ピーク時や故障時に備えた専用予備機の管理コストの抑制
    • 長時間の専用機使用での、従業員の健康リスク低減、労働環境向上に貢献
  2. バーコードスキャンで業務のペーパレス化より、
    • 荷主、荷受け、ドライバーのリアルタイム荷物検索・ステータス確認、荷物追跡が可能
    • ドライバーの出庫着荷時間の短縮、荷受人との接触リスク低減
    • 荷主の管理工数の削減、荷物状況のリアルタイムな把握が可能
  3. 荷物状況のリアルタイムモニタリングで、荷受人の計画的な業務推進、ドライバーとの接触リスク低減
  • 配送支援モデルのデモ
  • 再生時間: 1分37秒
  • スマートフォン側で、荷物登録、配送先確認、配送時の積荷の検索や配送内容の確認、配送時の電子サインによる証跡取得しサーバーへ保存、管理用のWEB画面側で配達状況を見ることができる

機能

配達情報アップロード

伝票番号(バーコード)、宛先住所、宛名などの配達情報をCSVファイルでアップロードする。AR表示する情報(遠距離、近距離)も本CSVファイルに登録する。

荷物登録

配達員が配達する荷物のバーコードをスキャンし、配達リストを作成する。画面下部にてスキャンした荷物情報の確認が可能。

積荷チェック

配達員が車両に荷物を積んだ際に積荷のチェックを実施する。バーコードが小さい場合は配達区を表示、大きい場合は伝票情報をAR表示する。また、固定ボタンにより画面の固定化が可能。

荷物検索

車両内の荷物を検索する。配達リストから検索対象を選択し、該当荷物はAR表示にて知らせる。また、ライトボタンにより夜でも検索が可能。

配達(電子サインなど)

配達時に配達リストからバーコードをスキャンし、スマートフォン上に電子サインをしてもらう。他の配達証跡にも対応し、「印鑑・署名」はカメラを起動し画像を保管する。

配達結果検索

配達状況の検索・参照が可能とする。配達中や完了の配達状況や、取得済の配達証跡の参照も可能。

バーコード活用ソリューションのユースケース

バーコード活用ソリューションのユースケースとして、共同配送業務での活用例です。
配送ドライバーのスキャンでの荷物登録から着荷確認、配送センター、出荷元、出荷先で荷物のリアルタイム状況確認、配送関連データの分析での業務改善といった、配送業務の支援を実現します。

バーコード活用ソリューションのユースケース

SCANDIT

SCANDIT とは

SCANDIT(スキャンディット)は、2009年にスイス・チューリッヒにおいて設立。企業および消費者に対し、コンピュータビジョンをもちいて物理、およびデジタル世界を融合させることにより、日々の生活における物体との相互通信を可能にします。
SCANDITのテクノロジーは、先進的なバーコード読み取り、文字認識(OCR)、物体認識、およびAR(拡張現実)を組み合わせた、独自の機械学習プラットフォームで、スマートフォンやドローン、ウェアラブル・デバイスやロボットなど、カメラを搭載したいかなるスマートデバイスでも活用できます。

SCANDIT

特長

  1. 比類のないスピード

    スキャン速度は1分当たり480スキャンが可能

  2. スキャン困難なバーコード読み取り

    バーコードに傷、太陽光の反射、バーコード上の汚れ、小さい湾曲・印字の印字といった条件下のスキャンが可能

  3. 幅広い角度の読み取り

    あらゆる角度から容易にバーコードをスキャンすることが可能

  4. ロングレンジの読み取り

    離れた場所(最大1.2mまで)のスキャンが可能

  5. 暗所での読み取り

    暗い条件下でもスキャン性能を発揮

  • SCANDIT特長の紹介
  • 再生時間: 1分47秒
  • バーコードの読み取りの特長を紹介します。高速読み取り、読み難いバーコードの読み取り、広角度、遠距離、暗所での読み取りを実現します。

機能

  1. マトリックススキャン

    複数のバーコードを検出、追跡、デコードし、スキャン済みのバーコードに対し視覚的なフィードバックを付加します。

  2. 拡張現実(AR)オーバーレイ表示

    バーコードの読み取り時に、ARオーバーレイを使用して製品に関する情報をデバイスの画面に表示します。

  • SCANDIT機能の紹介
  • 再生時間: 1分13秒
  • 一度に複数のバーコードの同時読み取りや、読み取ったバーコード上にARによる具体的な商品説明などのオーバーレイ表示が可能です。

価格

個別見積もり
(モバイルアプリケーションの導入台数と利用する機能とサーバーアプリケーションの組み合わせ、およびお客様の既存システム連携)

お知らせ

2020年12月1日

物流業の入出荷を効率化できるソリューションを販売開始「-AIで高速・高精度にコードを読み取り、ARで業務システムと連携可能な 「Scandit」を活用 -」のニュースリリースを行いました。

2020年2月3日

「AIとARを組み合わせた技術で複数のバーコードを瞬時に高精度で読み取る「Scandit」の国内初のライセンス契約を締結」のニュースリリースを行いました。

最終更新日:2021年4月20日