日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2012年10月25日
株式会社日立ソリューションズ

10カ国以上に導入実績のあるフィールドサポート業務を効率化する
「Field Service Automation」の日本語版を販売開始
ERPシステムと密に連携してモバイル端末を活用し、業務を迅速化

株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:林 雅博/以下、日立ソリューションズ)は、フィールドサポート業務の効率化を図るパッケージソフトウェア「Field Service Automation」の日本での販売を12月3日から開始します。サービスの受付から、サービスエンジニアの派遣、作業指示および費用の算出に至る一連のフィールドサポート業務の迅速化と効率化を促進することで、お客様の収益性の向上とエンドユーザーの満足度向上を支援します。

「Field Service Automation」は、サービスエンジニアの稼働状況を可視化し、独自アルゴリズムにより、より短時間で現地に到着できる適切なスキルを持ったサービスエンジニアの割り当てを行います。また、ERPソフトウェア「Microsoft Dynamics AX」との密な連携により、フィールドサポート業務の実施に必要となるお客様の使用する製品とその保守部品の在庫状況を提供します。
 フィールドサポート実施時に、サービスエンジニアは現地でモバイル端末を使って作業指示の詳細を確認し、必要な部品の有無をその場で確認します。不足部品はその場で発注も可能です。終了後は保守部品の消費状況がERPシステムへ反映されます。また、作業開始と終了時、タブレット端末上でお客様のサインをいただき、作業完了報告書の作成に引き継ぎます。これにより、検収作業の効率化と、作業に要した時間からコストを算出し、フィールドサポート業務が適正に行われているかどうかのチェックや、故障分析の実施が可能です。

本ソフトウェアは当社のグループ会社であるHitachi Solutions America, Ltd. (本社:米国サンフランシスコ、President:久慈 正一)とHitachi Solutions Europe Ltd.(本社:英国ロンドン、Managing Director:杉山 和生)にて販売してきました。11ヶ国語に対応し、海外では石油やガスを扱う企業、精密機器や医療機器を扱う企業を中心に10カ国以上、約50事業所で導入されています。特に、マイクロソフト社のERPソフトウェア「Microsoft Dynamics AX」、およびCRMソフトウェア「Microsoft Dynamics CRM」との連携システムとして販売実績を伸ばしてきました。
 今回販売を開始する日本語版では、主に精密機械製造、ビル・設備メンテナンス事業、医療機器製造業のお客様に向けて、お客様の海外拠点への導入にも対応するシステムとして提供していきます。

今後、日立ソリューションズのエンタープライズ型地理情報システム「GeoMation」やスマートデバイスによる動態管理サービス「スマートe-trasus」と連携し、本ソフトウェアの充実を図っていきます。
 日立ソリューションズは、米国、欧州、中国のグループ会社と一体となり、本システムの販売を推進します。

■ 価格

個別見積もり

■ システムイメージ

システムイメージ
図:システムイメージ

■ 製品紹介URL

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:CSR統括本部 ブランド・コミュニケーション本部 広報・宣伝部
担当:安藤、宮本
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ GeoMation、スマートe-trasusは、日立ソリューションズの登録商標です。
※ Microsoft Dynamics AX、Microsoft Dynamics CRMは、マイクロソフト コーポレーションの商標または登録商標です。
※ 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。