ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『次世代CASB Bitglass』のシステム、サービス概要・価格や、解決出来る課題についてご紹介します。

次世代CASBBitglass

クラウドサービスの安全な利用を実現する次世代CASB製品です。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • クラウドサービス利用に関するルールが守られているかを把握できない。
    クラウドサービス利用に関するルールを強制することで、ルールの遵守を徹底します。
  • クラウドサービスの利用を制限したいが、社内FWの設定変更やクライアントエージェントのインストールは困難。
    社内FWの設定そのままに、またデバイスに新たなエージェントを追加することなく、クラウドアプリケーション(会社管理下)を制御可能です。
  • IT部門が把握できていないクラウドサービスが社内で使用されている。
    機械学習により蓄積した豊富なクラウドサービスの情報により、シャドーITを的確に可視化します。

概要

近年、企業では働き方改革を進めていく上で、SaaSなどのクラウドサービスを活用する動きが加速しています。しかし、クラウドサービスの利用においてセキュリティを確保するには課題があり、従業員が会社の管理下にないIT機器やサービスを勝手に利用するシャドーITが、新たなセキュリティのリスクとなっています。

次世代CASB Bitglassは、クラウドサービスの安全な利用を実現するCASB製品です。
シャドーITの可視化やクラウドサービス利用状況の把握に加え、次世代の機能となるリアルタイム制御を提供します。
また、エンドポイントセキュリティの分野で実績のあるCylancePROTECT®のマルウェア検知(オプション)により、マルウェアの脅威からデータをリアルタイムに保護します。

Bitglass概要図

特長

利用状況の把握・リアルタイム制御

クラウドサービス(アプリケーション)毎に詳細な制御条件/制御方法を設定することで、各社のニーズに沿ったセキュリティポリシーを設定可能です(例:特定の地域からのみアクセス可能、機密情報を含む場合は自動暗号、等)。
また、Cylance®のマルウェア検知機能をサービスに取り込んでおり、マルウェアの脅威からデータをリアルタイムに保護します。

エージェントレスで簡単導入

デバイスに新たなエージェントやモジュールを追加する必要なく利用できるため、短期間での導入と運用負荷の低減を実現します。
また、Identity as a Service(IDaaS)「Okta」と連携することで、システム管理者はIDを一元的に管理することができ、業務の負荷を軽減できます。

利用サービスの可視化

機械学習により、約670,000ものクラウドサービスを判別可能です。(2019年10月時点)
これにより、主要なクラウドサービスから、「ロングテイル」と呼ばれるマイナーなクラウドサービスまでをカバーし、企業内で利用されるクラウドサービスを適切に把握することができます。

Bitglassクラウドサービス図

機能

アプリケーション検出・分析 非管理下クラウドサービスの検出(シャドーIT検知)、および検出したアプリケーションの分析(リスク評価)を実施。
アプリケーション利用制御 クラウドサービス毎に、制御条件/制御方法を設定し、クライアントとクラウドサービス間でやり取りするデータを保護。※
クラウド利用状況表示 会社のポリシーに違反していないかなど、クラウドサービスやファイルがどのように使用されているかを確認。
情報漏洩防止(DLP) クライアントとクラウドサービス間でやり取りするデータを保護。(例:暗号化、透かし)
モバイルセキュリティ 管理対象デバイスの遠隔制御。(例:Microsoft® Office 365™もしくはG Suite™上のメールの遠隔削除など)
不審行動検知 不審な行動の検出、通知。(例:ログイン不正検知)
マルウェア検知(CylancePROTECT連携) クライアントとクラウドサービス間でやり取りするデータにマルウェアが含まれていないかを検知。

※ シャドーITの制御には、エージェントのインストールが必要になります。

最終更新日:2019年10月31日