ページの本文へ

Hitachi

次世代CASB Bitglass 次世代CASB Bitglass

CASBとは?

CASBとは?

CASB(キャスビーまたはキャズビー)とは、Cloud Access Security Brokerの略称で、2012年に米国の調査会社であるガートナー社が提唱した考え方です。
ガートナー社はCASBを構成する機能として、「可視化」「コンプライアンス」「データセキュリティ」「脅威防御」の4つを定義しています。CASB製品/サービスは、従業員のクラウドサービス利用の適切な制御を実現します。

<CASBが必要とされる背景>
DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進やワークスタイルの多様化に伴い、事業の拡大や在宅勤務などのテレワークの実現にクラウドサービスを活用する流れが加速しています。ソフトウェアやサーバーを自社で所有する必要がないため、運用管理などのコスト面からもメリットを感じて導入する企業も少なくありません。

クラウドサービスは利便性が高い一方、「シャドーIT」と呼ばれる新たなセキュリティ脅威も存在します。クラウドサービスを安全に活用するため、以下で紹介するようなクラウド環境特有のリスクへの対策として、CASBの導入が広がりつつあります。
<シャドーITとは>
シャドーIT(シャドウIT、shadow IT)とは、企業などにおいて、従業員が会社の管理下にないIT機器やサービスを勝手に利用することを指します。シャドーITにより、例えば以下のようなリスクが考えられます。

・企業が許可していないクラウドサービスを部署や個人で勝手に使い始めてしまい、不正アクセスにより情報が漏洩
・設定ミスにより、クラウドサービス上の機密情報へ誰でもアクセスできる状態になっており重大な情報が漏洩
・マルウェアに感染した私物デバイスからのアクセスにより、クラウドサービス経由で社内にマルウェアが拡散

次世代CASBまでの変遷

CASBは、シャドーITの可視化を実現する第一世代から始まり、第二世代では、API連携によるクラウドサービスの利用状況の把握が可能となりました。そして「次世代CASB」では、従来のCASBが持つ機能に加え、次世代の機能となるリアルタイム制御を実現しています。Bitglassは、第一世代からの機能を幅広くカバーし、特に次世代のリアルタイム制御に強味を持った次世代CASB製品です。

次世代CASB Bitglassの詳細はこちら

ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ