ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『データ利活用 データ仮想化ソリューション』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

データ利活用データ仮想化ソリューション

従来の物理的なデータ統合手法とは異なり、社内システムからクラウドサービスまで、企業に散在する多種多様なデータを、それぞれのデータソースに置いたまま仮想データレイヤに統合。
これにより、システム担当者は、データ提供に必要な作業を大幅に削減でき、業務ユーザーは日々変化するデータ分析ニーズにアジャイル的に取り組み、迅速に意思決定することができます。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • データの鮮度が悪く、迅速な意思決定ができない

    常に信頼性のある正確なデータを必要な時にすぐに利用可能。デジタルトランスフォーメーションを促進

  • データ提供までに時間とコストがかかる

    データ複製のためのデータウェアハウス構築や開発・運用工数を削減。すべての情報を簡単な条件指定のみですばやく提供

  • データアクセスのユーザー管理やデータガバナンス対応が大変

    単一のアクセスポイントで、データの適正利用とデータアクセスの利便性の両立。

データ仮想化ソリューションの概要

データの物理的な複製なしにエンタープライズレベルのデータガバナンスを担保しつつ迅速なデータ統合が可能なデータ仮想化製品Denodo Platformとデータ利活用における豊富なソリューションにより、企業のデータ利活用の段階に合わせた最適なプラットフォームの導入、設計・構築、運用をトータルで支援します。

特長

Data Integration データインテグレーション

さまざまなロケーション・リソースをかんたん操作で統合。データの結合・集約・提供を素早く実現できます。

Data Governance データガバナンス

すべてのデータに対するきめ細かな権限や機密レベルを一元管理できます。

Data Catalog データカタログ

データソースからデータ提供までの関連表示やデータ検索もできます。

データ仮想化の特長

従来

バッチ開発やデータコピーによるデータ統合が、迅速なデータ利活用の障壁に。

データ仮想化の特長 従来

※DWH=データウェアハウス

仮想化

分散する多種多様なデータを仮想統合。必要な時に必要なデータに素早くアクセス。

データ仮想化の特長 仮想化

Denodo Platform導入のご支援

Denodo Platformを用いたアーキテクチャデザインからPoC、環境構築など、導入に必要となる各種ご支援を行います。

solution 01

Denodo Platform向けPoC技術支援

データ利活用におけるデータ仮想化のアーキテクチャデザインから、Denodo Platformの操作方法のレクチャー、およびPoCに向けた評価項目策定、環境構築のご支援を行います

solution 02

Denodo Platform向け環境構築

お客様の要件をもとに、Denodo Platformの詳細設計および環境構築作業を当社主体で行います

solution 03

Denodo Platform導入全般の技術支援

システム連携方式や運用方針の検討からDenodo Platformのサポートまで、幅広くお客様の課題解決に向けた技術支援を行います

価格

Denodo Platformライセンスおよび導入のご支援につきましては個別にお見積りいたします。
お問い合わせボタンよりお問い合わせください。

※Denodoは、Denodo Technologies,Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。

最終更新日:2021年9月15日