ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『データ利活用ソリューション』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

データ利活用ソリューション

データ利活用ソリューション 「業務のためのIT基盤」から「インサイトを創出するプラットフォーム」へお客様に寄り添い、データ利活用の道を切り拓きます

データ利活用ソリューション 概要

デジタルトランスフォーメーション時代の到来により、企業のデータ利活用への関心と期待は高まる一方で、データ利活用のシーンや目的、また、企業の現状によってその課題は多岐にわたります。

日立ソリューションズではデータの収集、加工、蓄積、活用、すべてのプロセスに対応する各種データ利活用ソリューションを提供しており、企業のデータ利活用の段階に合わせた最適なプラットフォームの導入、設計・構築、運用をトータルで支援します。

データ利活用ソリューション 特長

データ利活用のすべてをカバー、強力なサポート力
  1. データ利活用のすべてをカバー

    データ利活用のプロセス(収集、加工、蓄積、活用)、ステージ(データ統合、見える化、分析、普及)、形態(オンプレ、クラウド)、それぞれにおいて幅広く対応するソリューションを取り揃えております。

  2. 強力なサポート力

    ビッグデータ基盤領域で培ってきた豊富な技術力と経験を持った日立ソリューションズ技術者によるサポートに加え、各ソリューションで取り扱う製品ベンダによる技術サポートを受けられます。

データ利活用ソリューション ラインアップ

※ソリューション名をクリックすると詳細ページへ移動します

Hadoopを中心としたビッグデータ利活用を支える、最適な「プラットフォーム」、「サポート」、そして「サービス」をトータルソリューションとしてご提供します。
従来のHadoopコア製品のみでなく、最新技術や製品を組み合わせた最適なプラットフォームをご提案します。

詳細はこちら

データ統合プラットフォームTalendの導入を支援します。
社内に散在するデータの連携・統合といった従来のETL活用、セルフサービス型データプレパレーション、データのカタログ化などさまざまなニーズに合わせた製品をご提供します。

詳細はこちら

データを投入すればスグに見える、を実現するプラットフォームをご提供します。
データの収集、加工、蓄積、可視化をオール・イン・ワンパッケージし、お客様のもとへスピーディに導入します。

詳細はこちら

パーソナルデータの適切な活用に向けた支援サービスをご提供します。
株式会社日立製作所が開発した独自技術を採用した、匿名化プラットフォームを導入することで、データの利用価値を保持したまま、より高い精度でのデータ分析を可能にします。

詳細はこちら

効率的かつ信頼性の高いデータ分析を実現するのに不可欠なデータプレパレーション基盤をご提供します。
お客様のデータ分析をよりタイムリーに、正確に、さらには、セルフサービス化の促進によりIT部門の負荷を軽減させます。要件定義から、基盤の設計・構築、運用支援までトータルで支援します。

詳細はこちら

データ分析に必要な機能(データ取込、加工、分析、可視化)を備えた統合クラウド分析環境「Databricks」の導入から活用までを支援します。
クラウド上でスピーディかつ手軽にAIを活用した分析を始めたいお客様に最適なソリューションです。

詳細はこちら

専門性がない一般の業務ユーザーでも安心・安全にデータを収集・活用できるよう、データを管理・統制するデータガバナンス基盤をご提供します。
日立ソリューションズの技術者が、コンサルティングから、データガバナンス基盤の構築、データの運用・保守までトータルに対応し、データの民主化を支援します。

詳細はこちら

課題別 おすすめソリューション

データ利活用に対する悩みは、そのステージによってもさまざまです。
お客様の課題に合わせたソリューションをご提案し、お客様のデジタルトランスフォーメーションをサポートします。

データ利活用のステージ
  • 課題
  • 解決
  • データの沼地化
    多様化するデータ、分析ニーズに応えるためのデータレイクが、ただ生データをためただけ、のデータスワンプ(沼地)に。

    データガバナンス
    データの品質とアクセシビリティを高める

  • サイロ化
    企業に散在するレガシーシステムのデータを重複や不整合を取り除きつつ統合していくのは難易度が高く高コスト。

    Talend導入、Hadoop導入
    GUIベースで効率的なETLをサポート大量データも分散環境で高速処理

  • 分析の準備コスト
    データ分析において最も時間のかかるデータの前処理、準備に手間を取られて本来の目的である分析作業を圧迫。

    データガバナンス
    玉石混交のデータから本当に使えるデータをすばやく見極める

    データプレパレーション基盤導入
    データの傾向を見ながらGUIで簡単にデータクレンジング

  • 即時性
    高頻度に発生するタイムクリティカルなデータを活用するためにはリアルタイム性がカギ。

    ニアリアルタイム見える化
    データの受信からダッシュボードでの見える化までを高速ストリーミング処理

  • 利便性
    データ利活用がビジネスユーザーまで浸透しない、アイデアがあっても試す環境がない、使えるデータを探せない。

    データ保護
    プライバシー侵害のリスクから、パーソナルデータを活用できない。

    データガバナンス
    正しいアクセスコントロールのもと、データカタログでデータを自由に探索

    データ利活用クラウド基盤導入ソリューション
    構築・運用を省力化する高性能オールインワン分析環境

    プライバシー情報匿名化ソリューション
    利用価値を保持したまま、データの匿名化を実現

最終更新日:2020年5月22日