GeoMation 地理情報システム 連携アダプタ for WebPerformer

連携アダプタ for WebPerformerは、WebPerformerで開発された業務アプリにGeoMationの地図機能を組み込むことができるオプションです。

WebPerformer とは?

WebPerformerは、マルチブラウザー対応のWebアプリケーションを自動生成する超高速開発・ローコード開発ツールです。
WebPerformer は、キヤノンITソリューションズ株式会社の登録商標です。

詳細は、WebPerformerをご確認ください。

連携アダプタ for WebPerformerの利用方法

連携アダプタ for WebPerformerの『地図部品』と『図形データ参照・更新機能』は、WebPerformer開発ツール上で業務アプリに組み込んで利用します。

主な機能

設定ツールによるパラメータ指定(コーディング不要)

地図表示機能

  • 地図のスクロール・ズーム・回転
  • GeoMation、GoogleMaps、Mapbox、地理院タイルなどの地図データを表示

地図検索機能

  • 緯度経度、住所文字列、目標物名、図形属性を指定して地図を表示

図形操作機能

  • マウス・タッチ操作による図形の選択・作図・編集
  • 条件指定による図形の選択・強調表示

組み込みGUI機能

  • レイヤーリスト・属性リスト・属性ツールチップなどを地図上に表示

データ連携機能

  • テキストフィールドに図形を表示
  • ボタン押下に図形検索・住所検索・目標物検索を実行
  • 業務ロジックからサーバー上の図形データを検索・更新

コーディングによる機能拡張

カスタマイズAPI

  • JavaScriptによりMPCの各種APIを利用可能
  • Javaに地図配信サーバーのREST APIを利用可能

開発画面例

1.地図上から情報を参照する例

WebPerformerで開発した画面に地図部品を埋め込み、設備などの位置を地図上で確認することができます。
地図画面では、地図の拡大・縮小、図形の情報照会といった基本的な機能を利用可能です。
また、地図上で選択した図形の情報を呼び出し元の画面に連携するといったことも可能です。

2.地図上で図形を編集・描画する例

WebPerformerで開発した画面に地図部品を埋め込み、工事区域のようなポリゴンを表示・編集することが可能です。
編集した図形形状はGeoMationのデータベースに保存したり、呼び出し元の画面に連携するといったことも可能です。

空間情報ソリューション GeoMation コンテンツ一覧

関連商品・キーワード