イノベーションを創出するGISなら日立ソリューションズ GeoMation

GeoMation 屋内位置把握ソリューション

屋内の空間情報が活用できる。 GeoMation 屋内位置把握ソリューション

概要

GPSの利用が難しい屋内や地下で、人やモノの位置を低価格な機器&設備工事なしで把握。
屋内位置把握ソリューション概要
  1. 屋内の区域ごとにIoTルータを配置。対象者はIoTタグを携帯
  2. IoTルータ⇔IoTタグ間の電波強度を管理PCに送信
  3. 最も電波強度が強いIoTルータが配置されている区域に対象者がいると判定
トンネル建設現場での安全管理に

トンネルでの入出坑管理だけでなく、作業員の作業位置を特定し安全管理をサポート。

フォークリフトなどの運転効率向上に

製造業の工場や物流業の倉庫など建屋内で稼働するフォークリフトの動線を分析し、無駄な動きを改善して運用効率を向上。

作業員の実績管理に

作業員の移動を時系列で把握し、作業内容を自動的に管理。ムダの削減に貢献。
*作業員が一箇所で複数の工程を担当する場合、サイコロ型IoTデバイス活用工数把握ソフトウェアを利用すると、詳細に実績管理できます。

特長

低価格な方式を採用

従来方式より機器が低価格なIoT機器を利用。また、高精度な地図やGISソフトウェアも不要なのでコストを抑えた導入が可能です。

IoTルータ
IoTルータ
IoTタグ
IoTタグ

設備工事不要で簡単導入

特別な電源が不要で無線ネットワークは自動構築。専用ネットワークや設備工事が不要なので、既存の建物内や工事現場等に簡単に導入できます。

設備工事不要で簡単導入

管理画面で一括管理

IoTルータやIoTタグの登録・設定、人やモノのモニタリング、位置情報の蓄積と出力などWebブラウザ上で簡単に行うことができます。

管理画面(設定画面)
管理画面(モニタリング画面)

導入から運用までワンストップで対応

日立ソリューションズは、機器の設置からデータの収集、可視化による分析支援までワンストップで対応します。

NETIS登録済み

NETIS(※1)に登録済み(※2)です。
※1 新技術情報提供システム(New Technology Information System)の略称。国土交通省が運営。建設分野で活用できる新技術をまとめたデータベース。
※2 登録番号 KT-160040-A

機能

位置判定

受信したIoTタグの電波強度から位置を判定します。判定された位置情報は時系列にデータベースに蓄積されるので、後で分析が可能です。

位置表示

IoTタグがどの屋内区域にあるかを図面上および表形式で表示します。

通信やIoT機器の状況を確認

IoTルータやIoTタグの通信状況、電池残量を確認でき、メンテナンスを効率的に行えます。

※その他必要な機能はカスタマイズで対応します。

設置イメージ

システム構成
※1 モノワイヤレス株式会社のTWE-LITE 2525A ※2 モノワイヤレス株式会社のMoNoSTICK

オプション製品

屋内位置把握 データ分析オプション

分析用部品をオリジナルダッシュボードに定義するだけで、エリア滞在時間や作業所要時間などの比率や推移を円グラフや棒グラフで簡単に可視化できます。

1.分析用のグラフ部品を選択するだけでリアルタイムに可視化を実現
分析用のグラフ部品を選択するだけでリアルタイムに可視化を実現
2.ダッシュボードをWebで共有することで、だれでも最新情報を参照可能
ダッシュボードをWebで共有することで、だれでも最新情報を参照可能

関連ソリューション

関連情報

ニュースリリース

「GeoMation 屋内位置把握ソリューション」に分析業務をサポートする機能を追加(2019/11/13)

Column

地理情報システムに関する空間情報活用コラムを不定期に掲載しています。ビジネスで地理情報システムを活用する際に役に立つ基礎知識や、将来の展望などをやさしく紹介していますので、ぜひご覧ください。