ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『労働安全衛生 作業員活動支援サービス』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

労働安全衛生 作業員活動支援サービス

センサーを使った遠隔見守りサービスです。センサーから作業員のバイタル情報や位置情報などを取得し、一人ひとりの状態を表示します。集積したデータを利用して健康や安全に関する分析を行うことができます。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 作業員の体調不良などの傾向を予測して、事前に休息などアドバイスをしたい。

    作業員一人ひとりのバイタルデータをグラフ表示。体調の傾向を把握できるようにします。

  • 事故などが多い条件を分析し、現場改善のためのきっかけをつかみたい。

    現場別、職種別、時間帯別などいろいろな視点で分析し仮説をたてることで、事故削減の活動につなげます。

  • 遠隔地で働く作業員の状態を把握しておきたい。

    労働時間だけでは分かりづらい、遠隔地で働く作業員の状態も、バイタル値で把握することができます。

概要

「労働安全衛生 作業員活動支援サービス」は、作業員が装着するデバイスが取得する情報をクラウドサービスに集約・一元管理し、統合した分析とポート作成が行えます。
作業者一人ひとり状態を確認し、安心して働ける環境づくりを支援します。

概要 イメージ

特長

データの等統合管理と可視化

複数のセンサーから取得する生体情報や気象センサー情報、位置情報、転倒・落下のリスク情報などを本サービスで統合管理し、まとめて可視化することができます。作業員の職種、作業場所、年齢などの属性によりデータを可視化し、発生したリスクの傾向を視覚的に把握することができます。管理者は、安全対策を検討することで、労働災害の未然防止を図ることができます。

作業員の位置と移動履歴の把握

作業員の位置情報を取得することで、個人の日々の行動履歴を地図上で確認し把握することができます。安全上の警告を確認したときの現在位置の確認や、不安全行動の抑止、作業の効率化などに役立てることができます。

機能

標準ダッシュボード

標準ダッシュボード 拡大する

詳細ダッシュボード

詳細ダッシュボード 拡大する

導入までの手順

価格

個別にお見積もりいたします。

最終更新日:2021年6月9日