日立ソリューションズ『都市・建物向け xRトータルソリューション』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

都市・建物向け xRトータルソリューション

都市・建物向け xRトータルソリューションは、デジタルツインで現実空間の建物や設備を仮想空間に再現し、xR技術により建物や設備の維持管理の作業状況を可視化します。

※xR(xReality) ・・・VR(Virtual Reality) / AR(Augmented Reality) / MR(Mixed Reality) などの総称

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 業務の高度化、効率化を図りたい

    VR/MRを活用して、お客様の施設に多様なデータを可視化することで業務の高度化や効率化を図ります

  • 安全に業務を実施したい

    MRを活用して、現場の危険なエリア・設備を可視化することで、業務の安全性を高めます

  • 熟練者の技術継承を進めたい

    MRを活用して、作業員や熟練者の行動をジオメトリに基づいて記録や管理することができます

  • お客様のシステムやサービスが持つデータをxRで可視化したい

    xRに関するノウハウやデジタルツイン空間を提供する製品(デジタルツイン活用アプリケーションサーバー)を活用し、お客様のシステムやサービスのデータをxRで可視化することができます

※デジタルツイン活用アプリケーションサーバー・・・双方向性を持つユーザーカスタマイズ可能なデジタルツイン空間を提供するソフトウェア

都市・建物向け xRトータルソリューション

「都市・建物向け xRトータルソリューション」は地図や建物・設備のBIM、点群データなどを活用し、仮想空間に、現実世界の空間情報とひもづいたデジタルツインを構築することが可能です。また、デジタルツインに架空のオブジェクトをxR技術で可視化し、複数ユーザー間の共有やユーザーごとの表示制御が可能です。オブジェクトは、ユーザーが簡単な操作で配置や移動、削除、サイズ変更を行うことができます。

Microsoft Dynamics 365 CRMシステム構築サービス 概要

特長

xRの独自技術を活用し、お客様がめざす新しい価値創出を実現

お客様のご要望に合わせて、ご利用のシステムやサービスと連携したソリューションをご提案します。独自技術により、お客様が持つマップデータや点群データを統合したデジタルツインを活用することで、新たな価値創出をご支援します。

機能

デジタルツイン空間構築

現実空間の複数の座標系を統合し、仮想空間に構築します。現実空間の状況を仮想空間にリアルタイムに再現・記録し、ジオメトリに基づいた分析・シミュレーションを可能にします。

マルチユーザーxR

現実空間と仮想空間に跨ったxR可視化をマルチユーザーで可能にします。ユーザーごとに可視化するオブジェクトを制御することができます。

マルチユーザーxR

ユーザーカスタマイズ

GUIやWeb APIで仮想空間で管理するオブジェクトは、エンドユーザーでカスタマイズ可能です。カスタマイズした内容はxRにより可視化することができます。

マルチユーザーxR

ユースケース例

本ソリューションを活用したユースケース例をご紹介します。

巡回点検

巡回点検

施設案内

ユースケ―ス_施設案内

教育・トレーニング

価格

オープン価格

最終更新日:2022年9月30日