ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『BIコンシェルジェサービス』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

BIコンシェルジェサービス

貴社の「経営デジタルトランスフォーメーション」推進をご支援いたします。
STEP1.情報活用システム整備に向けた、課題整理、ロードマップの策定支援
STEP2.POCによる効果検証の実施 (※必要な製品の選定支援含む)  (データレイク、DWH、DM、BIなど)

※情報活用システム整備の構築、保守のご提供も可能です。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
    • デジタルトランスフォーメーションの実現に向けて、社内の課題が整理されていない。何から始めばいいのかわからない。
    • 進め方、展開方法に悩んでいる。
    • 既存BIの利用が進んでいない。

    豊富な構築事例をもとに、課題整理、ロードマップの策定をご支援します。
    ※情報活用システム整備の構築、保守のご提供も可能です。

デジタルトランスフォーメーションの必要性

デジタル技術の進化に伴い、あらゆる業種において新しい製品やサービス、ビジネスモデルを展開する企業が増えています。
各企業は競争上の優位性を確立するために、単なるIT化にとどまることなくデジタル技術を活用し、
付加価値を高めること = デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進
が求められています。

BIコンシェルジェサービスの位置づけ

デジタルトランスフォーメーションを実現する為には、ITシステム(情報活用システム)の整備が必要です。
BIコンシェルジェサービスは、情報活用システム整備に向けて、課題整理やロードマップ策定をご支援いたします。

 課題整理、ロードマップ策定

  • 課題整理、ロードマップの策定
  • PoCによる効果検証の実施

 情報活用システムの導入・改修

  • 情報活用システムの導入・改修
  • 可視化画面、ダッシュボード
  • DWH、DM
  • オンプレ、クラウド
  • 性能対策
BIコンシェルジェサービスの位置づけ

 データ活用の支援、定着化支援

データ活用の支援、定着化支援

機能

【BIコンシェルジェサービス対象製品】2021年3月現在

BI・分析 Tableau,Microsoft Power BI, Qlik View, Qlik Sense, Amazon QuickSight, SAP BusinessObjects, SAP Predictive Analytics, SAP Analytics Cloud, Oracle Business Intelligence, MotionBoard, Dr.Sum,IBM Cognos, Sisense, SAP Lumira, DynaTrek, Webfocus, DaTaStudio@WEB, Yellowfin, 軽技Web, WebQuery, Excellent, SAS, CrystalReports など
ETL SAP Data Services, Oracle Data Integrator, DataSpider Servista, DataStage, ASTERIA WARP, Talend, Dr.Sum EA Connect, Pentaho, AWS Glue など
DB(DWH) ORACLE(Exadata含む), SQLServer, SAP IQ(SybaseIQ), SAP HANA, HiRDB, Hitachi Advanced Data Binder,Hadoop, Amazon Redshift, Dr.Sum, CLOUDERA, Snowflake など
クラウドサービスプラットフォーム Amazon Web Service, Microsoft Azure, Google Cloud Platform など
予算管理 Sactona
BI-ビジネスチャット連携 データの変化をトリガーとしたコミュニケーション・意思決定促進ツール(2021年度以降リリース予定)
テキストマイニング CoreExplorer
顧客データ統合(名寄せ) uSonar
マスタデータ管理 MasterInfinity
データベースチューニング MAJESTY-H

価格

個別見積
お問い合わせボタンからお問い合わせください。

最終更新日:2021年3月16日