イノベーションを創出するGISなら日立ソリューションズ GeoMation

Lumada

Lumadaとは

Lumadaは、お客さまのデータから価値を創出し、デジタルイノベーションを加速するための、日立の先進的なデジタル技術を活用したソリューション/サービス/テクノロジーの総称です。
詳細については 下記のリンクからご確認ください。

『Lumada』(日立製作所)

Lumadaロゴ

ユースケース

GeoMationを活用したソリューションを日立のLumadaのユースケースに登録しています。

# ユースケース概要
1 作業員安全支援 現場作業員・重機に装備・搭載したスマートフォンを活用して、現場作業員の状況を遠隔の事務所からリアルタイムに把握可能になります。
2 地図情報を活用した営業支援 蓄積された営業データと地図情報を組み合わせて、効果的な出店や営業重点エリアの特定などマーケティング戦略の立案を支援します。
3 通信設備の接続情報・位置情報一元化による通信サービスの高品質化・効率化 通信事業者が保有する、膨大かつ複雑な光ファイバー網および局内通信設備について、設備情報を可視化・管理することで、情報通信サービスの高品質化・低価格化の実現を支援します。
4 ガス事業者向け 導管・設備管理 地図上に導管・設備情報をマッピングして、導管・設備維持管理の効率化、経年管対策のほか、スマートデバイスの利活用で現場作業や報告業務の省力化を支援します。
5 ガス事業者向け 需要家管理 地図上に顧客情報を登録して、新規顧客の開拓や機器販売などの営業活動だけでなく、問い合わせ対応の迅速化で顧客満足度の向上を支援します。
6 農作物生育分析(ドローン活用) 農業用ドローンで収集したデータを圃場図、生産履歴などのデータと組み合わせて分析することで、投資効果の高い収量・品質向上策策定を支援します。
7 営農支援(収穫作業支援) 圃場図、生産履歴、衛星画像などのデータを組み合わせて分析することで、収穫適期の予測精度向上や、輸送経路の決定の省力化など営農の効率化を全面的に支援します。
8 トンネル内位置管理 トンネル工事現場や地下などの屋内空間におけるヒト・モノの位置をリアルタイムに把握。現場作業の作業効率化や作業員の安全管理を支援します。
9 サイコロ型デバイスによる現場作業工数把握の省力化 誰でも使えるIoTタグを内蔵した電子サイコロで、現場作業の内容や時間を記録。作業実態の見える化を行うことで、生産プロセスの改善を支援します。
10 高精度車両位置管理 作業車両位置のリアルタイムデータを収集し、迅速かつ的確な対応が求められる空港などの重要施設の「保安業務」を支援します。
11 後付けセンサー機器の稼動状態・位置情報分析による設置および保守作業効率化 稼動監視用センサーを後付けする際に、センサーの稼動状態や無線通信状態をリアルタイムに把握することで、設置作業および保守作業の効率化を支援します。

Column

地理情報システムに関する空間情報活用コラムを不定期に掲載しています。ビジネスで地理情報システムを活用する際に役に立つ基礎知識や、将来の展望などをやさしく紹介していますので、ぜひご覧ください。