イノベーションを創出するGISなら日立ソリューションズ GeoMation

GeoMation 地理情報システム ネットワーク管理オプション

特長

設備間のネットワークデータ解析処理に。

オブジェクト同士の接続情報(トポロジー情報)を持つネットワークデータを容易に作成/編集できます。
ネットワークデータは、ノード(ポイント)とエッジ(ポイント間を結ぶ線)の連続で構成されます。例えば電柱と電線、バルブと水道管、といった設備情報の繋がりを管理することができます
ネットワークデータのトポロジー情報を利用して、接続しているデータをトレースすることができます。
ネットワークデータ(ノード、エッジ)には、任意の属性項目を設定できます。この属性項目に応じたトレース制御も可能です。例えば、管網解析、断線検知等の機能を開発することができます。

トレース機能で、設備ネットワークによる繋がりを可視化
トレース画面

本ページで利用している地図コンテンツは、OpenStreetMapです。(©OpenStreetMap Contributors)

Column

地理情報システムに関する空間情報活用コラムを不定期に掲載しています。ビジネスで地理情報システムを活用する際に役に立つ基礎知識や、将来の展望などをやさしく紹介していますので、ぜひご覧ください。