ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『統合型フレームワーク intra-mart』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

統合型フレームワークintra-mart

intra-martは、これまでバラバラに構築されていた複数のシステムを統一し、お客様のニーズに合わせたさまざまな機能・運用形態を実現する、拡張性の高いシステム共通基盤製品です。
また、システム基盤の豊富な業務コンポーネントの活用により、安定した品質と標準化された業務システムを短期間かつ低コストで提供できます。

intra-martイメージ

主な機能

intra-mart Accel Platform

日常業務で利用できるアプリケーションの開発や、柔軟なカスタマイズが可能な基盤、そして高いコストパフォーマンスを可能とします。

intra-mart Accel Collaboration

グループウェア基本機能に加え、ソーシャル機能も備わっています。

intra-mart Accel Documents

カスタマイズに優れた、拡張性の高い文書管理システムです。

intra-mart Accel Kaiden !

シンプルな申請から、複雑な申請まで、経費精算・勤怠業務の処理をスピーディーに処理します。

IM-BPM

実際の業務を見える化し、業務改善を支援するツールです。

intra-mart DPS for Sales

最後発のSFAで、営業情報の入力と表示を強力にサポートします。(※2021年4月現在)

日立ソリューションズとintra-mart 社の協業の歴史

日立ソリューションズは、intra-mart社の創成期よりパッケージ開発に参画し、2020年には「Excellent Partner Award」を獲得致しました。長年の経験と幅広い応用技術で、お客様に合ったご提案をさせていただきます。

intra-mart社の協業の歴史図

intra-mart 社の導入実績

導入実績 7,500社を突破
ワークフロー市場分野で13年連続1位を獲得

※富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2020年版」より。<ワークフロー・パッケージ・2019年度金額ベース>

日立ソリューションズの主な取り組み

在宅勤務の実現

ハンコと紙の課題を解決

アナログな業務プロセスでは、在宅勤務(テレワーク)を阻む課題が潜んでいます。
intra-martは、アナログな業務をデジタル化することでこれらの課題を解決し、新しい時代の働き方を実現します。

ハンコと紙の課題を解決

フロー図イメージ

フロー例1)決裁金額による条件分岐イメージ

フロー例2)ノードを分類し管理しやすいよう、スイムレーン機能なども利用可能

IM-BPM

IM-BPMは、実際の業務を「タスク」単位に細分化して「業務プロセス」を作ります。
IM-BPMは、このプロセス図に従って「次に行うタスク」を画面上に表示するので、実際の業務を行うとき、漏れなく作業を実施できるようになります。
また、「タスク」という単位に細分化することで、部分変更に強い業務プロセスを作れるようになります。
グラフから効率を下げている箇所を見極めることもできます。

IM-BPM

intra-mart DPS for Sales

intra-mart DPS(Digital Process Solutions) for Salesは、"業界最後発のSFA"です。(※2021年4月現在)
最後発ならではのUI/UXで、情報の入力と表示を強力にサポートします。

intra-mart DPS for Sales

intra-martとAAの連携イメージ

名刺情報のモバイルからの取り込み

モバイルカメラ+OCRで名刺情報を自動的に取り込むことができます。

名刺情報のモバイルからの取り込み

その他当社がご提供するサービス

intra-mart for salesforce salesforceとの連携ソリューションをご提案致します。
intra-mart for SAP SAPとの連携ソリューションをご提案致します。
e文書法対応 e文書法への対応サービスをご提案致します。

価格

資料請求・お問い合わせボタンよりお問い合わせください。

※intra-mart、intra-martロゴは、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマートの登録商標です。

最終更新日:2021年4月20日