ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ JP1ソリューション

システムの安定稼働を支えます!JP1/Network Node Manager i
JP1/SNMP System Observer

SNMPをサポートするネットワーク機器およびサーバーの状態をビジュアルに集中管理、
システム障害が発生した際の迅速な解決を支援します。

このような課題を解決します!

  • 複雑なネットワークの構成を効率よく管理したい。
  • ネットワークの障害検知、障害対応を迅速に行いたい。
  • ネットワーク上のシステムリソース、プロセスの稼働状況を監視したい。
  • ネットワークノードマネージャ
    「JP1/Network Node Manager i」

主な特長

  • ネットワーク構成をビジュアルに管理
  • ネットワーク上のノードを検出し、自動的にトポロジマップを作成します。仮想ネットワークも含め、構成に変化があった場合は自動的にトポロジマップが更新されるため、メンテナンスする手間をかけずに最新のネットワーク構成を把握可能。また、管理対象の状態によってシンボルの色が変わるので、障害発生などの状況変化を視覚的に捉えることができます。内部IPアドレスとNAT変換後の外部IPアドレスの対応も容易に確認できます。

トポロジマップ画面

  • 障害の原因となるイベントだけを通知
  • ネットワーク障害で大量のイベントが発生しても、イベントの相関関係を認識してフィルタリングし、障害の根本原因だけをインシデントとして通知します。管理者が大量のイベントを解析する手間が省け、障害対策を迅速化できるため、ネットワークのダウンタイムを短縮できます。また、ノードやノードグループごとに監視対象外にする期間を設定することにより、サーバーやネットワーク機器のメンテナンス時に不要なインシデントが発生することを抑止できます。

  • 障害発生箇所を迅速に特定
  • インシデントの参照画面からノードグループマップ画面を表示して、障害が発生しているサーバーやネットワーク機器がどこに設置されているかを迅速に特定できます。また、トポロジマップ画面では障害発生ノードのトポロジ構成、デバイス情報、MIB情報などがまとめて表示されるため(アナリシスペイン)、トラブルシュートの迅速化が図れます。

    MIB : Management Information Base

  • 障害対応状況の管理
  • インシデントの状態(登録済み・進行中・完了・解決済み)を管理することにより、障害対応状況を把握でき、対処漏れを防止できます。インシデントには緊急性を示す優先度を5段階で設定できるため、優先度の高い障害から重点的に対応するといった運用が可能です。

  • 障害発生時の自動アクション
  • 障害が発生してインシデントが登録された場合などにはコマンドによる自動アクションを実行できるため、管理者への自動通知やログの採取などが可能です。

  • インシデントを見やすく表示
  • インシデントの参照画面では、優先度別や解決済み・未解決などのカテゴリー別にインシデントを表示したり、重大度に合わせてインシデントの色を変更したりできます。また、ノードグループごと、過去1時間・1日・1週間・1か月などのフィルターを使用した絞り込み表示により、効率よく管理することが可能です。

  • グループ化・階層化で、分かりやすく管理
  • IPアドレスやデバイス種別など、さまざまな条件でノードをグループ化・階層化したり(ノードグループの作成)、マップの背景に写真や地図などを貼り付けて、物理的な配置や構成をイメージしやすい管理画面を作ることができます。たとえば、サーバーの種類や役割ごとにノードをグループ化して表示したり、全社・支社といった会社組織や地域・拠点といったロケーションを意識してグループを階層化したりできます。

ノードグループマップ画面

  • システムリソース・
    プロセスリソース管理オプション
    「JP1/SNMP System Observer」

主な特長

  • 障害発生ノードのリソース情報を表示
  • Windows、UNIX、Linuxや、SNMPをサポートする各種サーバー・ネットワーク機器の性能情報、統計情報、稼働情報をリアルタイムに監視できます。トポロジマップから障害が発生しているノードのリソース情報を迅速に確認できるため、障害の原因究明と対策に役立ちます。また、しきい値超過などのインシデントが発生した場合は、インシデントの参照画面から収集した情報をグラフ表示して、データの推移を確認することも可能です。

収集できる情報
  • 性能情報
    CPU利用率、メモリー使用率、ディスク使用率
    など
  • 統計情報
    回線利用率、インタフェーストラフィック など
  • 稼働情報
    稼働プロセス数や各種サマリ情報 など
  • リソース情報のレポート出力
  • 収集したリソース情報はデータベースに蓄積し、日単位、月単位など任意の期間でレポートを作成できます(グラフ形式とCSV形式)。レポートによってシステムリソースの傾向をつかむことができるため、計画的な運用を支援します。

  • ネットワークとリソース情報の一元管理
  • システムリソースやプロセスの異常は、トポロジマップやインシデントの参照画面で把握できます。ネットワークの構成と障害、システムリソース、プロセスやサービスの状態をシームレスに管理できるため、管理者の負担を軽減できます。

障害ノードのリソース状態・プロセス状態の確認

  • プロセスやサービスの状態を監視
  • JP1/SSOは、サーバー上で動作する重要なプロセスやWindowsサービスの稼働状況を監視できます。プロセスの稼働状況により、JP1/NNMiへインシデントを登録したり、トポロジマップ上の該当機器シンボルの色を変化させたりすることもできます。JP1/SSOの画面では稼働状況を確認できます。

サーバー上の重要なプロセス、Windowsサービスの稼働監視

JP1ネットワーク管理製品関連ソリューション

当社では、これからJP1ネットワーク管理製品を導入予定のお客様および既にご活用中のお客様向けに次のようなサービスも提供致します。

  • これからJP1ネットワーク管理製品を導入予定のお客様へ
  • ご使用中のJP1ネットワーク管理製品をバージョンアップ予定のお客様へ
  • ご使用中のJP1ネットワーク管理製品に関する稼働状況の診断をご要望のお客様へ
【略称一覧】
  • JP1/NNMi:JP1/Network Node Manager i
  • JP1/SSO:JP1/SNMP System Observer


商品・サービスに関する質問・ご相談など 資料請求・お問い合わせ