ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ JP1ソリューション

大容量データを高速転送!JP1/Data Highway

業務システムから出力されるデータや、複数の拠点・取引先とのデータ授受に利用可能。
データ転送に関するお客様の業務課題の解決にお役立ていただけます。

業務システムから出力されるデータの転送や、拠点間におけるデータ送信・受信において、「自動化したい」、
「大容量のデータを送りたい」、「転送に時間がかかる」、「セキュリティに不安がある」といった課題があります。
大容量高速転送基盤「JP1/Data Highway」は、このような課題を解決し、業務の効率化、セキュリティの確保、
コスト削減を実現する製品です。
大容量データを高速転送!「JP1/Data Highway」大容量データを高速転送

このような課題を解決します!

  • 業務システムが出力する定期更新データを複数の拠点や取引先に、手動で送信しており手間がかかる
  • 拠点間における大容量データの送信・受信作業は、一晩かかる
  • 海外への転送は、転送失敗・遅延が頻発するため、かかりっきりになる

主な特長

  • 大容量データ転送
  • CADデータや動画コンテンツ、重要書類の電子データなど、MB、GBサイズの大容量データも分割することなく
    転送できます
  • 高速・高品質なデータ転送
  • 独自の多重化通信技術の開発により、高速転送を実現。また、データ転送に失敗した場合は、
    失敗した部分だけを自動的に再送するため、高品質なデータ転送が可能です
  • 安心のセキュリティ
  • 通信経路の保護や、送信先の制御、アクセス制御、認証、履歴保存によりセキュリティを確保できます
  • 既存のインターネットを利用
  • お客様の既存のインターネット回線を利用して、外部関係者とデータ授受ができます

ユースケースのご紹介

フォルダ監視により、拠点間でのデータ共有を自動化

【ユースケース1】フォルダ監視により、拠点間でのデータ共有を自動化

業務システムが出力する大容量データを、
複数拠点・取引先に自動配信

【ユースケース2】業務システムが出力する大容量データを、複数拠点・取引先に自動配信


商品・サービスに関する質問・ご相談など 資料請求・お問い合わせ