ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ JP1ソリューション

JP1ソリューション ホーム > 課題から探す

課題から探す

JP1ソリューションとしてご提供しているソリューションメニューを、お客様の課題からお探しいただけます。

導入に関する課題

JP1システムの導入計画段階から運用管理システムの設計、環境構築、テスト段階など、「導入」に関する課題にお応えします。
  • 課題
    JP1を活用した運用管理システムを確実に導入できるか心配だ。
  • 課題
    JP1の最新バージョンや新製品は、導入作業の経験がないから、よく分からない。
  • 課題
    JP1の複数製品を導入したいが、全製品対応できる技術者の確保が難しい。
解決ソリューション
JP1システムの導入計画段階から設計、構築、テストまで、運用管理の実現をトータルに支援します。
  • 課題
    業務システムへの影響を抑えて、既存のJP1製品をバージョンアップしたい。
  • 課題
    システム更改(ハードウェアリプレース)に伴うJP1のバージョンアップをスムーズに行いたい。
  • 課題
    運用中システムのJP1をバージョンアップしたいが誰か検討段階から支援してほしい。
  • 課題
    JP1をバージョンアップすることになったが度重なるシステム変更発生により現在の設定値がよく分からなくなってしまった。
解決ソリューション
更なるシステム運用の効率向上に向けJP1のスムーズかつ安全なバージョンアップを支援します。
  • 課題
    JP1を活用した構成管理を実現したいが、進め方が分からない。
  • 課題
    JP1構成管理製品の導入に際して、管理すべきシステムが多く、実現までに時間がかかり過ぎる。
  • 課題
    JP1構成管理製品の導入に際して、経験が少なく、スキル的に不安がある。
  • 課題
    専門的な技術力が必要な構成管理システムの導入を確実に進めたい。
解決ソリューション
部分導入による評価運用から始め、着実にステップを重ねながらスムーズな構成管理の実現を支援します。
  • 課題
    ジョブ管理の情報は遠隔拠点にて保全していないため、大規模災害時に業務再開まで時間がかかる。
  • 課題
    JP1/AJS3のリアルタイムコピーによるデータ保全を検討しているが、ストレージの導入までコストをかけられない。
解決ソリューション
JP1/AJS3のディザスタリカバリ環境をソフトウェアにて構築。 高価なストレージを導入せず災害時の業務継続の実現を支援します。
  • 課題
    システム障害が発生すると復旧までに時間がかかる。夜間・休日の対応体制が担当部門の大きな負担になっている。
  • 課題
    JP1製品をオンプレからクラウドへ移行したいが、オンプレと同等の可用性をクラウド環境でも確保したい。
解決ソリューション
システム障害時に自動で待機系へ切り替え、ダウンタイムを最小化します。
物理、仮想、クラウドのさまざまな環境での高可用性を実現します。
  • 課題
    PCとスマートデバイスを一元管理したい。
  • 課題
    スマートデバイスに対してセキュリティ対策を実施したい。
  • 課題
    スマートデバイス管理システムを業務に合わせてカスタマイズしたい。
解決ソリューション
お客様の業務に合わせてスマートデバイス管理システムの構築を支援します。
  • 課題
    承認を得てから自動化する操作を実行したい。
  • 課題

    GUI操作が含まれるため、自動化ができない。

解決ソリューション
IT運用自動化により、手作業によるミス防止と工数削減を実現。IT運用自動化を実現するため、アセスメントから運用自動化を開始するまで幅広くサポートします。
  • 課題
    運用監視システムの二重化特有の観点を考慮して、確実に設計できるか心配だ。
  • 課題
    二重化された運用管理サーバ間で定義や状態を同期したいが、よい方法がみつからない。
  • 課題
    障害や災害時に主系から従系に切り替えを素早くできるよう手順化しておきたい。
解決ソリューション
災害時の事業継続性の確保や、早期復旧を実現する運用監視システムの二重化環境の構築を支援します。
  • 課題
    既存の手順書が多く、運用ナビゲーション製品の導入に時間がかかり過ぎる。
  • 課題
    運用ナビゲーション製品の導入経験がなく、スキル的に不安がある。
  • 課題
    オペレーターの作業効率を向上し、関連システムの操作もスムーズにしたい。
解決ソリューション
JP1/NPの専門技術者がお客様の業務に合ったコンテンツやユーザプラグインの作成を支援します。
  • 課題
    監視要件にJP1/PFMでは標準でサポートされていない項目が含まれており、要件を満たすことができない。
  • 課題
    ハードウェアやソフトウェアごとにそれぞれ監視ツールがある。JP1/PFMで一元管理したい。
  • 課題
    JP1/PFMへ移行したいが、移行前に監視していた性能項目がJP1/PFMではサポートされておらず今までと同じ監視ができない。
解決ソリューション
JP1/PFMが標準でサポートしていない性能項目も「見える化」。
システム監視の信頼性を向上し、お客様システムの継続的な監視運用を支援します。

運用に関する課題

JP1システムの導入後、運用管理システムを継続して快適にお使いいただけるように、運用面での課題を解決します。
  • 課題
    ジョブ運用の問題・課題を解決したい。
  • 課題
    ジョブの稼働・操作状況のレポートを、ほしいときに入手したい。
  • 課題
    なぜジョブがスケジュール通りに実行されないのか、その原因を知りたい。
  • 課題
    時折ジョブの遅延が発生するので、精密検査を実施し、対策を講じたい。
  • 課題
    ジョブの追加・変更を効率よく行いたい。
  • 課題
    ジョブ運用を続けていくとジョブ数が膨大に。視認性の改善や構造上の問題点を把握したい。
  • 課題
    手動で回避しているジョブ運用の人為的ミスを軽減したい。
解決ソリューション
業務システムの稼働状況把握から診断、改善までをサポート。より快適で安定した業務運用を実現します。
  • 課題
    JP1統合管理製品を活用したシステム監視運用について問題・課題を解決したい。
  • 課題
    JP1の統合管理ビューアに、日々メッセージが大量に表示され、困っている。
  • 課題
    JP1の統合管理ビューアに表示されるメッセージをもっと分かりやすくしたい。
  • 課題
    システム拡張にて監視対象を追加したいが、進める上で何か問題がないか知りたい。
解決ソリューション
システムの監視状態を「見える化」し、その見直しを支援することで、JP1統合管理機能の最適化を実現します。
  • 課題

    JP1ネットワーク管理製品を活用したシステム監視運用について問題・課題を解決したい。

  • 課題

    システム設計時の想定より監視項目が増加。問題が発生していないか、心配だ。

  • 課題

    JP1ネットワーク管理製品に対して新たに監視対象機器を追加したい。何か、問題がないか知りたい。

  • 課題

    時折障害検知の遅延が発生するので、精密検査を実施し、対策を講じたい。

解決ソリューション

監視システムの稼働状況を「見える化」および問題点などの診断を実施。

お客様システムの更なる安定稼働とスムーズな運用を支援します。
  • 課題

    JP1/PFMを活用したシステム監視の運用について問題・課題を解決したい。

  • 課題

    JP1/PFMの共通ログにエラーメッセージが出力されており、正常に監視できているのか確認したい。

  • 課題

    システム拡張にともないJP1/PFMの監視対象を追加したい。進める上で何か問題がないか事前に確認したい。

解決ソリューション

監視システムの稼働状況を「見える化」および問題点などの診断を実施。

お客様システムの更なる安定稼働とスムーズな運用を支援します。
  • 課題

    効果的にテレワークで利用しているPCのセキュリティ点検を実施したい。

  • 課題

    オフィス内のPCと同等のセキュリティを確保したい。

  • 課題

    テレワークで利用しているPCのセキュリティに何から着手すべきか分からない。

解決ソリューション

テレワークで利用しているPCに対するセキュリティ点検により、テレワーク中PCのセキュリティを確保します。

  • 課題

    従業員の労働時間を正確に把握できない。

  • 課題

    労働時間増加の要因となる作業を把握できない。

  • 課題

    無意識に増加している作業の把握が難しい。

解決ソリューション

PC操作ログを用いて、社外のテレワークも含めた個人や組織の労働状況を見える化します。

  • 課題

    業務の効率化に向けて自動化できる作業の判断が難しい。

  • 課題

    自動化に向けた作業内容のヒアリングは負担が大きい。

  • 課題

    テレワークの業務実態を把握し、適切な施策により効率化を図りたい。

解決ソリューション

PC操作ログを収集し、「業務の実態」と「自動化候補となる作業」の分析を行い、自動化しやすい作業を見える化します。

移行に関する課題

ご使用中のJP1以外の運用管理製品からJP1への移行実現に向け、検討段階から移行後の運用までお客様の課題を解決します。
  • 課題
    現在使用しているJP1以外のジョブ管理製品をJP1に移行したい。
  • 課題
    移行するジョブ数が多くて大変だ。現在利用しているジョブ管理製品のジョブ定義をJP1の定義に変換したい。
  • 課題
    移行作業について、誰か検討段階から支援してほしい。
  • 課題
    移行のタイミングで、クラウド環境でジョブ運用を実施したい。
解決ソリューション
JP1以外のジョブ管理製品からJP1への移行を、安全・確実に、しかも短期間・低コストで実現します。
  • 課題
    現在使用しているJP1以外のシステム監視製品をJP1に移行したい。
  • 課題
    現在使用しているJP1以外のシステム監視製品とJP1との監視可能な項目の違いを知りたい。
  • 課題
    JP1のシステム監視製品に移行したいが、JP1製品について知識・ノウハウがない。
解決ソリューション
JP1を熟知した専門技術者が、JP1システム監視製品へのスムーズかつ安全な移行をサポートします。
  • 課題
    現在使用しているJP1以外の資産管理製品をJP1に移行したい。
  • 課題
    資産管理製品の移行に関して、必要となる作業や、事前に検討すべき事項が分からない。
解決ソリューション
JP1資産管理製品への移行検討から初期運用まで、JP1の専門技術者がきめ細やかな対応で移行をサポートします。

連携に関する課題

お客様のニーズに適した運用管理を実現するため、JP1だけでなく関連する他製品の導入も含め、コンサルティングを通じてトータルに支援し、課題を解決します。
  • 課題
    HULFTのジョブをJP1にて効果的にジョブ管理ができたらいいのに。
  • 課題
    ファイル転送管理にHULFTを使ってみたいが、よく分からない。
  • 課題
    JP1でHULFTを統合管理したいが、環境構築や利用者の教育が大変。
  • 課題
    JP1とHULFT、安全かつ効率的なシステムを構築したいが、誰に相談すればよいのだろう?
解決ソリューション
JP1とHULFTの連携による効率向上のための支援を行うことで、お客様の抱えるさまざまな課題を解決します。
  • 課題
    Hadoopの稼働状況をJP1で確実に収集しておきたい。
  • 課題
    Hadoopの障害監視を、JP1を活用して統合的に実施したい。
  • 課題
    データの収集から分析まで一連の業務をJP1を活用して自動化したい。
解決ソリューション
JP1とHadoopのどちらも精通した専門技術者が高度な知識や豊富な実績とノウハウをベースにお客様の課題解決を支援します。
  • 課題
    ハードウェアおよびソフトウェアの管理やセキュリティ対策など、社内で持つIT資産の運用に、多くの手間とコストがかかっている。
  • 課題
    情報漏洩やウィルス感染などのトラブルが発生した際に、過去の操作ログが無いため、根本原因の究明ができない。
  • 課題
    IT資産への操作内容について分析・レポーティングを行いたいが、何から検討すれば良いか分からず、運用開始までに長期間を要してしまう。
解決ソリューション
ソフトウェアやハードウェアのIT資産情報やセキュリティ対策状況を一元管理。さらに操作ログを蓄積し分析・レポーティングすることで、トラブルの原因調査や予兆検知を支援します。
  • 課題
    ユーザーからの問合せや、企業情報システムで発生した事象を一元管理し、新たな問合せや障害が発生したとき迅速に対応したい。
  • 課題
    拠点ごとやシステムごとに運用プロセスが異なってしまう。運用プロセスを統制し、サービスレベルを維持したい。
  • 課題
    審査・承認などの運用プロセスを踏んでから、ジョブオペレーションを実施したい。
  • 課題
    緊急時には、モバイル端末から障害の対応をしたい。
  • 課題
    IT資産を把握し、ライセンスなどの管理を適切に行いたい。
  • 課題
    サーバーの脆弱性対策を短期間で徹底したい。
解決ソリューション
JP1とServiceNowの連携により、ITサービスマネジメントを強化し、お客様の顧客満足度の向上を支援します。
  • 課題
    今使用しているJP1/AJS3が導入されたシステムのジョブ実行状況を把握できてなく、どの時間帯にジョブを追加すればよいか分からない。
  • 課題
    Microsoft Operations Management SuiteでJP1/AJS3のジョブの実行情報やハードウェアリソースの情報を手軽にモニタリングし、JP1が導入されたシステムの状況を統合的に監視したい。
解決ソリューション
JP1/AJS3のスケジューラーログに出力されているジョブの稼働状況をMicrosoft Operations Management Suiteで一元管理。ジョブの実行数や遅延状況を可視化することで、効率的なシステム運用管理を支援します。
  • 課題
    会社の業務カレンダに合わせてソフトウェアロボットを実行したい。
  • 課題
    ソフトウェアロボットの実行予実績を一元的に確認したい。
  • 課題
    ソフトウェアロボットの遅延を速やかに検知したい。
  • 課題
    空いてるソフトウェアロボット実行環境を有効活用したい。
  • 課題
    ソフトウェアロボットの管理サーバと実行環境の接続を監視し、接続が切れたことをすばやく検知したい。
  • 課題
    Robotic Process Automationで自動化した業務で問題発生時に、原因究明と復旧を素早く行い、信頼性の維持・向上を図りたい。
解決ソリューション
JP1とRobotic Process Automation(RPA)の連携により、バックオフィス業務の更なる運用効率化および、信頼性の維持・向上を実現します。
【略称一覧】
  • JP1/AJS3:JP1/Automatic Job Management System 3
  • JP1/PFM:JP1/Performance Management
  • JP1/NP:JP1/Navigation Platform


商品・サービスに関する質問・ご相談など 資料請求・お問い合わせ