ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ JP1ソリューション

JP1ソリューション ホーム > JP1ソリューション > 運用 > RPA対象業務選定支援ソリューション

RPA対象業務選定支援ソリューション

PC操作ログを収集し、「業務の実態」と「自動化候補となる作業」の分析を行い、自動化しやすい作業を見える化します。

このような課題を解決します!

  • 業務の効率化に向けて自動化できる作業の判断が難しい。
  • 自動化に向けた作業内容のヒアリングは負担が大きい。
  • テレワークの業務実態を把握し、適切な施策により効率化を図りたい。

主な特長

  • PC操作ログから作成するレポートの結果を確認することで、作業担当者と業務自動化推進者、双方の業務実態を把握するために生じる負担を軽減できます。
  • レポートの結果から、自動化施策の効果を継続的に把握し、定量的に評価できます。
  • JP1/ITDM2を活用することで、PC操作ログの収集などを一元管理できます。
特長

ソリューションメニュー

PoC向け特定業務のお試し診断 特定部署で使用する10台のPCに対して、最大60日間のPC操作ログの分析結果と、自動化候補となる作業を見える化したレポートを提供します。
特定業務の診断 特定部署で使用する10台のPCに対して、PC操作ログの分析結果と、自動化候補となる作業を見える化したレポートを提供します。
複数業務の診断 複数の部署で使用するPC操作ログを分析して、自動化候補となる作業を見える化したレポートを提供します。

レポート例

レポート例1
自動化候補となる作業の全体に占める割合をレポートします。
  • 定型・非定型作業の発生件数や件数比率などをレポートします。
  • 全体・個人別での分析が可能です。
⇒ 現在の業務全体の概況を把握することができます。
レポート例2
自動化後の作業工数を試算して、レポートします。
  • 定型・非定型作業に要している時間より、自動化後の作業時間(推定)を算出します。
⇒ 自動化により得られる効果を試算することができます。
※その他のレポート例
  • 自動化しやすい作業の自動化候補事由、操作回数、かかっている時間の詳細
  • 各従業員の曜日別残業時間の比較

ユースケース

業務を把握するためのヒアリングの負担を軽減

【ケース1】業務を把握するためのヒアリングの負担を軽減

自動化候補となる作業の選定を効率化

【ケース1】自動化候補となる作業の選定を効率化

本ソリューションの関連JP1製品

【略称一覧】
  • JP1/ITDM2:JP1/IT Desktop Management 2
  • RPA:Robotic Process Automation
このソリューションをご覧の方は、こちらのソリューションもご覧いただいています


商品・サービスに関する質問・ご相談など 資料請求・お問い合わせ