ページの本文へ

Hitachi

Okta - Identity as a Service : IDaaS-クラウド型ID管理・統合認証サービス

「いつでも」「誰でも」「何とでも」接続できる!
Oktaが持つ5つの魅力・特徴

クラウド型ID管理・統合認証サービス(Identity as a Service :IDaaS)の導入支援からサポートまで、ディレクトリサービスのリプレースだけではなく、クラウド活用の高い効果を発揮するためのソリューションメニューを提供します。 「効率的なクラウド利用・ユーザー管理が必要だ」とお考えのお客様のご要望に合わせて提案が可能です。

Oktaが持つ5つの魅力

  • 優れた連携力
    シングルサインオンを実現する7,000以上(2021年4月現在)のコネクタや、IDを一元管理できるクラウドサービスが250以上。
  • セキュリティが強い
    スマートフォンのプッシュ認証やワンタイムパスワード認証なども連携することで、セキュリティを強化。
  • 管理者が使いやすい
    直感的に操作可能な管理者画面で、ユーザー・連携アプリ・認証ポリシーを一元管理できます。
  • 信頼性の高いサービス
    短期間のアップデートでユーザーの利便性を追求しています。またメンテナンスによるサービス停止はほとんどありません。
  • ポリシー統一に有効
    Oktaは、オンプレミスのAD統合やネットワークの見直しを必要とせずにユーザー登録のみで利用可能です。M&Aやグループ企業のITインフラ統合にも対応可能。

Oktaは、あらゆるデバイス上における
ユーザーとテクノロジーの「統合」をめざしています

ユーザーとテクノロジーの「統合」の図

クラウド環境の進化によって、企業は絶え間ないイノベーションとともに、これまでの範囲を超えるユーザー統合への対応が必要になってきます。 Oktaはクラウドサービスへのシングルサインオンだけにとどまらず、アプリケーションやITインフラ、APIの統合も容易にし、よりよいユーザーエクスペリエンスを実現していきます。

Oktaはゼロトラスト セキュリティを提案しています

クラウドやモバイルの進展に伴い、さまざまな役割・職制・権限を持つ人々が企業のサーバーにアクセスします。Oktaは決して信頼せず、常に確認するという「ゼロトラスト」を前提に、アプリ、ネットワーク、デバイス、位置情報などを活用し、「誰が」「どこから」「どのデバイスで」「どのアプリに」アクセスしようとしているかを判定しています。

ゼロトラスト セキュリティの図

Oktaとゼロトラストの将来

ゼロトラストの実現に向けた出発点として、アイデンティティとOktaを頼みに、次世代のアクセス戦略の中核にOkta Identity Cloudを使用して、適切なユーザーのみが適切な情報に適切なタイミングでアクセスできる仕組みをめざしています。

適切なユーザーのアイコン
適切な
ユーザーが
適切なアクセスレベルのアイコン
適切な
アクセスレベルで
適切なリソースのアイコン
適切な
リソースに
適切なコンテキストのアイコン
適切な
コンテキストで
適切な評価を受けるのアイコン
適切な
評価を受けながら
わずらわしさを最小限に抑える

さらに詳しく知りたい方へ

Okta - IDaaS - クラウド型ID管理・統合認証サービス

お役立ち資料

Oktaでゼロトラストを始めよう!
導入ステップ例とログイン登録手順を解説
Oktaでゼロトラストを始めよう!導入ステップ例とログイン登録手順を解説

IDaaSの導入を検討されている方のために、導入ステップ例とログイン登録手順ついて解説します!

利用者 VS 管理者
クラウド時代に勃発した対立に終止符を!
利用者 VS 管理者 クラウド時代に勃発した対立に終止符を!

使い勝手の向上と安全性の両立...クラウド活用最大の課題を解決するヒントを紹介します!

Q&Aで学ぶ 「ゼロトラスト」 時代のセキュリティ
ポイントは ID / 認証管理
Q&Aで学ぶ 「ゼロトラスト」 時代のセキュリティ ポイントは ID / 認証管理

「IDaaSはなぜクラウドに有効なのか?」という疑問に、Q&A形式でお答えします!