ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『切削加工精度向上サービス』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

切削加工精度向上サービス

3軸加工機での切削業務において、熟練者の加工ノウハウ(工具のたわみ、素材形状、切削特性、加工機個体差など)をデジタル化し、非熟練者においても高精度な切削加工と生産リードタイム短縮を実現します。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 熟練者の経験、勘(ノウハウ)は伝承が難しく、特定の方による対応のため、作業の平準化が難しい

    非熟練者でも加工設備情報とたわみ補正アルゴリズムから補正NCデータを生成できるため、作業の平準化を実現

  • 熟練者(属人的)の経験、勘頼りでの補正対応のため、加工機個体差による品質のバラツキが発生

    生成された補正NCデータを加工機に入力することで、高精度かつ安定した切削品質を実現

  • 繰り返し行う誤差補正作業を、熟練者に依存しており、生産性の向上が難しい

    生成された補正NCデータを利用することで、補正作業の繰り返し回数を低減、生産リードタイムの短縮を実現

概要

切削加工精度向上サービスは、切削加工の現場で、荒加工~中仕上げ加工~仕上げ加工のプロセスで加工精度の向上を図ります。
熟練者の経験と勘(ノウハウ)を補正NCデータとして提供し、誤差補正を施すことで切削精度の高い製品製造が行われます。

製品概要

特長

  1. 加工設備情報とたわみ補正アルゴリズムから補正データを生成

    加工機を制御するために必要なNCデータや、加工機の種別、工具、素材形状、切削特性、剛性などの加工設備情報をもとに、独自に開発したアルゴリズムによって、加工誤差を計算した補正NCデータをクラウド上で生成し、提供します。
    補正NCデータでは、これまで熟練者の勘や経験に頼っていた切削加工時の工具のたわみ、素材の形状、切削特性、機械の個体差などをアルゴリズムで導き出します。

  2. 非熟練者でも高精度かつ安定した切削品質を実現

    生成された補正NCデータを加工機に入力することで、経験の浅い作業員でも、精度の高い切削加工を行うことができるため、補正前のNCデータを入力した時と比較して加工精度が高くなり、安定した切削品質を実現します。また、熟練者によって繰り返す補正作業を削減することができるため、熟練者に依存していた作業負荷の軽減と、生産リードタイムの短縮が可能です。

  3. 導入しやすいクラウドサービスで提供

    加工機の活用状況に合わせてサービスを利用することができます。サーバーなどのITインフラを自社で用意する必要がなく、初期導入コストや運用コストを抑えられます。

機能

切削加工精度向上サービス

機能説明

価格

個別見積もり(サブスクリプション)となります。

※PoC環境の準備もございますので、お問い合わせください。

以下のオプション(個別見積もり)を用意しております。

関連キーワード

最終更新日:2020年10月22日