ページの本文へ

Hitachi

セキュリティコンサルティング セキュリティコンサルティング

情報セキュリティ現状分析サービス

概要

企業にとって、サイバー攻撃が激化する中、情報セキュリティは経営課題の一つであり、情報漏洩事件・事故などはビジネスへも多大な影響を及ぼすことになります。
情報セキュリティ現状分析サービスは、情報セキュリティにおける現状のセキュリティ対策の問題点を抽出し、どこが弱く、どこが強いのか、また、優先的に必要となる対策を導き出します。システム的な視点だけではなく、人的・組織的な視点も含めて、さまざまな視点での分析を実施し、お客様にとって適切な情報セキュリティの実現をご支援します。

特長

  • 情報セキュリティにおける現状について、ISO27001(ISMS)認証やプライバシマーク認定を担当してきた経験豊富なコンサルタントが調査・分析します。
  • 分析・評価では、ISO/IEC27001(ISMS)やFISC安全対策基準などの国際/国内標準や経済産業省の情報セキュリティ管理基準、システム管理基準追補版などの要求事項を考慮して実施します。
  • 物理的なセキュリティ(入退管理、施錠管理 、耐震 など)および技術的なセキュリティ(セキュリティシステム導入、設定変更、機能追加など)と組織的・人的なセキュリティ(体制の明確化、運用ルール整備、従業員/委託業者の教育など)のさまざまなセキュリティの視点による分析により、必要となるセキュリティ要件を整理します。

サービス内容

アンケート調査および現地調査により、情報セキュリティの現状を分析・評価します。

  • 1.アンケート調査
  • 2.現地調査の実施(グローバル企業の場合、海外拠点を対象にすることができます。)
  • 3.技術的検証の実施
  • 4.セキュリティ要件整理
  • 5.情報セキュリティ対策ロードマップ作成支援
  • 6.分析結果報告会の実施

分析結果に対する具体的な対策のご提案を行うことも可能です。

スケジュール例

全体の工程はお客様の状況、ご要望に沿ってご提案します。また、スケジュールも実施工程により変化します。

ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ