サポート情報

| 活文 Contents Lifecycle Manager 11-10 出荷開始

すべてはビジネスデータを活かしきるために
日立ソリューションズ
サイトマップ

コンテンツ活用ソリューション 活文

活文 Contents Lifecycle Manager 11-10
出荷開始のお知らせ

活文 Contents Lifecycle Manager 11-10 2017年7月出荷開始

文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」の最新版の出荷を7月から開始しました。
新バージョンでは、主に対応WebブラウザとしてGoogle Chromeをサポート、HTML5版画面の機能拡充を強化しました。

今後とも、さまざまなビジネスやお客様のニーズに適合する文書管理ソリューションを提供してまいりますので、よろしくお願いいたします。

機能追加内容

活文 Contents Lifecycle Manager
機能 概要
対応Webブラウザ拡充 クライアントのWebブラウザとして、Google Chromeをサポートしました。
対応データベース拡充 データベースとして、Microsoft SQL Server 2016 をサポートしました。
HTML5版画面の機能拡充
(*1)
審査・承認機能、Webビューア機能(非ActiveX版)、添付ファイルの参照用PDF作成機能をサポートしました。
独自データベース同梱版を追加 従来は動作環境の前提製品として有償データベースが必須でしたが、独自データベースを同梱したエディションを追加しました。
※手動によるシステム構築・運用が必要となります。また、データベースの自動増分は実行されず、適宜データベース格納領域のメンテナンスが必要となります。

(*1) 新旧Web画面で稼働環境、機能における差異があります。詳細はお問合せください。

お問い合わせ・資料請求 ご購入前の商品に関する質問・ご相談などお電話でのお問い合わせ資料ダウンロードウェブサイトからのお問い合わせ
お問い合わせ ご購入前の商品に関する質問・ご相談など お電話でのお問い合わせ ウェブサイトからのお問い合わせ 資料ダウンロード